二重太鼓(袋帯)の結び方を詳しく解説しました

二重太鼓(袋帯)の結び方を詳しく解説しました

スポンサーリンク

二重太鼓(袋帯)の結び方を詳しく解説しました

二重太鼓を詳しく解説しました

袋帯で結ぶ帯結びの代表格の、二重太鼓の結び方です。

 

礼装の場での品格のある帯結びすので、既婚女性が式典などに参加するときはこの結びを用いることがほとんどです。

 

お茶会や社交の場でも、よく用いられます。

 

すっきりと格調のある雰囲気に結んだ後ろ姿を目指して結んでみましょう。

 

では手順を詳しく説明していきます。

スポンサーリンク


 

 

二重太鼓(袋帯)の結び方

 

胴に二巻きし手を下に結ぶ

 

手先を65センチほどとって、胴に二巻きして、しっかりと結びます。

 

そのとき手先は下にして結びます。

 

手先はわになっている方を下にして、胴の前に回して留めておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

たれ先から30センチほどのところに枕を置く

 

たれの先から30センチほどのところに、帯揚げをかけておいたお太鼓枕をあてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結び目の上に枕を置く

 

帯揚げをかけた帯枕を、結び目の上にのせます。

 

そのとき、たれを二重にしておき結び目の10〜20センチほど下がったたれ元に枕を置きます。

 

帯枕の紐を前に回してしっかり結び、帯揚げは後で飾るので前で軽くしばっておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二重になったたれをおろし折りまげて仮紐をする

 

お太鼓の山の形を整えながら、二重になっている底を折りあげて、仮紐でお太鼓の形を整えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手先と帯締めを通して結び完成

 

仮紐は前で結んでおき、胴の前にあずけておいた手先を、折りあげたところに挟むようにお太鼓の内側に通します。

 

帯締めは通した手先の中心を通るようにして、前でしっかりと締めます。

 

仮紐を取り、帯揚げを飾ります。

 

全体のバランスを確認して、完成です。

 

手先がお太鼓の左右に1〜2センチ出ていて、たれは6〜7センチが標準です。

 

手先の下とお太鼓の底がぴったりあっていて、お太鼓にだぶつきがないと出来上がりがきれいです。

 

 

 

 

二重太鼓完成の写真

 

二重太鼓の完成写真です。

 

ここでは一つ紋の色無地に、袋帯で二重太鼓を結びました。

 

 

背の高い人は縦に大きくかっちりとした形にするとよいです。

 

枕は厚めのものが、お太鼓の形を立派にみせます。

 

 

 


スポンサーリンク








  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

無料のプレゼント

着付けのおけいこ入門*浴衣で入門

管理人が作った無料プレゼントです。『浴衣入門』 ゆかたでおでかけできるまで

↓↓↓↓↓

無料テキスト『着物を始めたい!着付けのおけいこ入門・浴衣で入門』



不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 無料講座教材 メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方