いしきあて(居敷あて)の取り付け・詳しく解説しました

いしきあて(居敷あて)の取り付け・詳しく解説しました

スポンサーリンク

いしきあて(居敷あて)の取り付け・詳しく解説しました

着物イメージ画像

着物を着る機会が多いと、立ったり座ったりの動作でヒップあたりの着物生地を弱めたり周辺の糸を弱めたりします。

 

そこであらかじめ別の布を裏側に取り付けておき、ヒップにかかる力を弱めようというわけで、そのために取り付けるのがいしきあて(居敷あて)です。

 

そのため頻繁に着ることになりそうな普段用の着物に、あらかじめ取り付けておくと、着物生地や糸の傷み防止に役立ちます。

 

もちろん途中から取り付けてもかまいません。

 

基本的には裏地のない着物に取り付けますが、よく着る長じゅばんに取り付けてもよいです。

 

浴衣の仕立てで、いしきあて(居敷あて)を取り付けるかどうかを選べる場合がありますが、頻繁にその浴衣を着るようであれば、仕立てのときに取り付けておかれるとよいです。

 

居敷あてに使う生地は、木綿の薄手の白生地が用いられることが多いです。

 

色がついているものでも、着用したときに表側への影響がないなら構わないでしょう。

スポンサーリンク


 

いしきあて(居敷あて)用の布の用意

 

新モス・白

 

居敷あてにする布は、着物より薄手の布で柔らかいものが適しています。

 

ここでは「新モス」と呼ばれる綿100%の生地を使用しました。

 

新モスは晒(さらし)より生地の目が細かく薄手の生地です。

 

新モスにはカラーもあります。

 

 

 

新モスのラベルはこんな風でした

 

幅35センチほどで長さが21メートルほどのものです。

 

(2,000円ほどで購入できます。10メートルくらいのものもあります。)

 

 

 

 

 

 

 

 

ここではわかりやすいように、赤い縫い糸を使っていますが、実際には着物の地色と同じ色の縫い糸にしてください。

 

 

居敷あての取り付け方

 

取り付けやすいように、居敷あてを準備します。

 

居敷あての出来上がりは、たて40センチくらい、横33センチくらいを目安にします。

 

上下左右は三つ折りにして、縫っていきますので、縫い代がそれぞれ2センチほど必要になります。

 

新モスを利用するなら、幅をそのまま使うとよいです。

 

 

まず縫い代分の長さを含めて布を断ちます。

 

軽く水洗いして、アイロンを当てておきます。(縮まないようにしておく)

 

布のみみになっているところは1センチ折り曲げ、みみ以外のところは1センチの三つ折りにします。

 

上の左右の角は角を少し折りこみます。

 

下端は三つ折りにして縫いとめておきます。

 

 

次に取り付け位置を確認します。

 

居敷あての上端が腰骨のあたり、そして下端がひざ上10センチほどのところです。

 

目印になるよう糸印をつけるなどしておきます。

 

 

では取り付けします。まず、着物の裏を出します。

 

この例はウールの紫色の着物です。

 

居敷あてを背縫いに取り付けます

 

居敷あての中央を背縫いの1〜2ミリ右にして待ち針で留めます。

 

居敷あての中央を背縫いの1〜2ミリ右(縫い代のところ)を、上から下まで縫っていきます(縫い代と居敷あてを縫いとめます)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

居敷あての下端中央

 

居敷あての下端の中央のところです。

 

 

縫い始めと終わりは、しっかりと取り付けてください。

 

そして周囲を、糸が見えないように、居敷あてと表生地を縫いとめます。

 

表生地には1〜2ミリの針目がでるくらいで、できるだけ小さい針目を出すようにします。

 

 

居敷あて右上の角

 

居敷あての右上の角のところの様子です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

居敷あて右下の角のところ

 

居敷あての右下の角のところの様子です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この方法では縫いにくいということであれば、糸が居敷あて側に出るように縫ってみましょう。

 

これなら縫いやすいと思います。

 

左側をこの簡単な方の縫い方で取り付けてみました。

 

居敷あて左下の角のところ

 

居敷あての左下の角のところの様子、簡単な縫い付け方で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

居敷あて左上の角のところ

 

居敷あての左上の角のところの様子、簡単な縫い付け方で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

居敷あて取り付け完了

 

居敷あての取り付けが終わりました。

 

ヒップのところは体の重みがかかるので、居敷あてをつけておくと、着物生地の傷みが減ります。

 

また背縫いのきせ(布が1〜2ミリかぶせてある状態のこと)も崩れにくくなり、ヒップの生地が出るようなことも防げます。

 

それでも同じ着物を毎日着るのではなく、2〜3日休ませるようにした方が、着物が長持ちします。

 

 

 

ではお試しください!

 




スポンサーリンク








  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

無料のプレゼント

着付けのおけいこ入門*浴衣で入門

管理人が作った無料プレゼントです。『浴衣入門』 ゆかたでおでかけできるまで

↓↓↓↓↓

無料テキスト『着物を始めたい!着付けのおけいこ入門・浴衣で入門』



不要になった着物は買い取りに出してます
その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって着物買取のヤマトク

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 無料講座教材 メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方