下駄(げた)の種類と具体的な例を写真で解説しました

下駄(げた)の種類と具体的な例を写真で解説しました

スポンサーリンク

下駄(げた)の種類と具体的な例を写真で解説しました

花見をする着物の若い女性二人

下駄は、着物(和装)用の履物です。

 

昔からあるものは二枚歯のもので、下駄というとこれを指すことも多いです。

 

木製で素足に履くものという印象が強いでですが、草履が主流でなかった時代には、改まった席以外であれば、足袋をはいて下駄をはくのは当たりまえでした。

 

そして今でも同じように、足袋をはいて紬や小紋のお出かけ程度なら、下駄をはいてもかまいません。

 

現代では下駄をはく習慣がなくなりつつありますが、足の指が自由に動き涼しいことから、暑いシーズンには下駄とサンダルの掛け合わせのような履物も人気があるようです。

スポンサーリンク


 

草履・白木の下駄

 

これは桐の白木(しらき)の下駄。木そのままの色です。

 

汗の吸収がよく、足裏が滑らずに履きやすい下駄です。

 

まっすぐな長方形の台に歯が二枚ついています(形からいうと二枚歯の下駄)。

 

昭和中期ごろまでは、この下駄が主流だと思います。

 

 

草履・白木の下駄

 

これも白木の下駄です。

 

鼻緒の結び目が可愛いらしいので、若い女性向き。

 

汗の吸収がよく履き心地がよいのですが、足のあとがつきやすいので、はき終わったら早めに固くしぼった布巾で拭いておくとよいです。

 

 

 

 

 

草履・焼き下駄二種

 

「焼き下駄」と呼ばれる下駄です。

 

木に焼き色をつけた台の下駄です。

 

汚れが目立たないようにと、焼いて色を付けてあります。

 

写真の二足の下駄は、形が上のものとは違い、「右近下駄」と呼ばれる形です。

 

足が安定しやすく、初めて下駄をはくならこちらのタイプが履きやすいと思います。

 

写真のものは裏にゴムがはってあり、滑りにくくしてあります。

 

ただゴムがあることで鼻緒の調整ができないので、購入する際には、足に合うことを確認してください。

 

こちらは主に普段用です。

 

 

 

その他、二枚場の下駄に黒や赤などに色が塗られている下駄もあり、「塗りの下駄」と呼ばれています。

 

塗りの下駄のよさは汚れが目立たないのため気軽にはけることですが、汗をはじくのと、ぶつけたときに塗りがはがれることがあるという短所もあります。

 

その他にも「鎌倉彫の下駄」なども好まれています。

 

これは台の表面に彫刻で絵柄が彫ってあるもので、脱いだときにその絵柄が出てくる楽しみがあり、密なおしゃれ感のある下駄です。

 

「一本歯の下駄」は、台が太目で、太い歯が一本だけついているものです。

 

応援団の方や武道をされる方が履かれるようです。「天狗の下駄」とも言われていますね。

 

バランス感覚を鍛えるのにいいからと、ウォーキングなどでさっそうと一本歯の下駄で歩いている人を見かけたことがあります。

 

女性用もあるみたいですね。




スポンサーリンク








二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方