成人の日の由来・成人式はどんな内容?場所や時間の話
スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

成人の日の由来・成人式はどんな内容?場所や時間の話

成人式の由来・成人の日

成人の日は、国民の祝日として昭和23年に法律で定められました。

 

成人の日の由来や、成人式の内容はどうなのかをお話します。

 

地域の役員の方、または役所から詳しい案内があるのが一般的です。

 

スポンサーリンク

 

成人の日の由来

 

成人式の由来は、男子が成人となった証として行っていた日本古来の儀式である、

 

「元服(げんぷく)」が元になっています。

 

終戦後の1946年11月22日に、埼玉県北足立郡蕨町(現蕨市)で、

 

明るい希望のもてる未来を若者に授けるため、

 

「成年式」という行事がはじめて行なわれ

 

これをきっかけに全国に広まって、成人式の元になっていきました。

 

 

成人の日はいつ?

 

成人の日は国民の祝日です。

 

平成12年からハッピーマンデー制度により、成人の日は1月第2月曜日に変更されました。

 

 

成人式はどんな内容?

 

成人式は、その年度内に成人に達する人を招いてお祝いします。

 

「大人になったことを自覚し、自ら生き抜こうとする青年を祝いはげます」という趣旨で行われます。

 

地方公共団体、地元自治会などが主催して、地域ごとに行われます。

 

式の主な内容は

 

  • 来賓のあいさつ(複数)
  • 講演
  • 新成人の誓い
  • 軽食のパーティー
  • 記念撮影
  • 記念品贈呈

 

という式次第で行われることが多いです。

 

テレビで取り上げられることが多いのは、

 

青年の代表が、誓いの言葉を読上げる場面や、

 

自治体の長の方の記念講演。

 

式の中では、

 

  • 選挙権について
  • 交通ルールの順守

 

といった一市民としての権利義務についても話があります。

 

 

成人式の場所・時間

 

地方により違いはあると思いますが、

 

成人式の場所は、「地元」の小学校や中学校、あるいは公民館です。

 

時間は、午前10時ごろからで1時間から2時間以内です。

 

たいてい午前中に執り行われます。

 

 




スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

  はてなブックマークに登録する