成人式・事情により成人の日以外で行われる成人式
スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

成人式・事情により成人の日以外で行われる成人式

成人式の開催日、地方による違い

「成人式」がいつ行われるのは、一般的に法律で定められている「成人の日」(1月の第2月曜日)、

 

2019年1月の場合は、14日の月曜日になります。

 

その前日の第2日曜日に行われるのを合わせると、9割近くになります。

 

地域性により、1月の成人の日以外に行われる地域の成人式について、

 

ここでは、地方による違いや特色についてお伝えします。

 

スポンサーリンク

 

1月以外に行われる成人式

 

人口減少している地域では、大学や就職先が地元にないこともがります。

 

若者が都心に進学したり働きに行かざるをえない地域では、

 

高校卒業後に親元を離れ都心部に行きます。

 

二十歳の成人式はお正月のすぐあと。

 

となると成人式のためだけに戻るのが困難になります。

 

そうした若者への配慮から、成人式の日程を変更しています。

 

  • お盆休み
  • ゴールデンウィーク
  • みどりの日
  • 松の内まで

 

のいずれかに、若者への配慮をして開催しています。

 

 

お盆に成人式を行う地域

 

岐阜県の白川村では、お盆に成人式を行なっています。

 

1月は寒く雪が降りしきる白川村ですが、

 

お盆なら浴衣姿で多くの新成人が参加できます。

 

岡山県久米郡美咲町でも、お盆の間に成人式を行なっています。

 

長野県では過半数の自治体が、成人式をお盆に開いているそうです。

 

お盆に開く理由は、振袖を着る負担を軽減するため。

 

簡素化運動がさかんだった昭和40年代ころから、

 

軽装でもすむ8月にしたところが始まりのようです。

 

 

ゴールデンウイークに成人式を行う地域

成人式

 

新潟県内ではゴールデンウィークの成人式が圧倒的に多いといいます。

 

それは豪雪地帯という気候によって、降雪期の1月は帰省しにくいこと、

 

足元が悪くて晴れ着が着づらい、ということを配慮したもののようです。

 

 

みどりの日に成人式を行う地域

 

お盆の時期は暑いさなかということもあり、軽装すぎる女性も現れてきました。

 

正式の式典にしまりがなくなってきたという話もきかれます。

 

そんないきさつもあって、お盆からみ「どりの日」に変更になった市町村もあります。

 

みどりの日なら気候もよく、緑もきれいな時期です。

 

晴れ着も着やすく、集まりやすいということのようです。

 

 

松の内までに成人式を行う地域

 

他に1月7日ころまでの「松の内」に行なう市区町村もあります。

 

お正月に地元に帰ってきた青年が、成人式に出やすいという配慮です。

 

 

成人式・事情により成人の日以外で行われる成人式・まとめ

 

成人式は、成人の日(月・祝)かその前日(日)に執り行われることが多い。

 

一部の自治体(市区町村)では、若者が集まりやすい気候・シーズンにと配慮して開催されています。

 

特に寒い地方では、ゴールデンウイーク、お盆の時期に変更しています。

 

 




スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

  はてなブックマークに登録する