羽織(はおり)とは(羽織もの)・種類や着用時期など(着物用語)
スポンサーリンク

羽織(はおり)とは(羽織もの)・種類や着用時期など(着物用語)

羽織

羽織とは、着物のとき主に防寒用として長着(ながぎ・きもののこと)の上に重ねて着る和服です。

 

衿がすそまでついていて、前はひもで結びとめます。

 

首の後ろ部分の衿は、半分に折り曲げて着ます。

 

スポンサーリンク

Twitter始めました。フォローお願いいたします。

 

羽織の着用時期

 

着用時期の目安は、「紅葉が美しくなるころから桜が咲き始めるころまで」です。

 

 

羽織もの

 

洋装の「羽織もの」ということばがさす、ベストやジャケット、カーディガンといった種類と同じです。

 

寒さを感じ始めたら一枚まとい、さらに寒くなってきたら袖付きにしたり厚い生地にしたり、防寒を強めます。

 

ですから、コートとは別扱いで、室内でも脱ぐ必要はありません

 

ただしフォーマルのときは、羽織りません。

 

 

丈の長さによる区分

 

羽織を竹野長さによって分けると以下の四種類になります。

 

  • 「茶羽織」
  • 「中羽織」
  • 「長羽織」
  • 「本羽織」

 

「茶羽織」

 

茶羽織というのは、おしりが隠れるくらいの丈で、マチがありません。

 

家庭内で、あるいは普段着用の防寒を目的として着用します。

 

 

「中羽織」

 

マチのある中羽織 後ろ姿

◆マチのある中羽織後ろ姿

 

「中羽織」は、膝上までの丈で、袖の部分にマチが縫い付けてあるのが特徴です。

 

羽織の代名詞のようなもので、羽織といえばまず中羽織のことを指します。

 

 

「長羽織」

 

長羽織は、ひざ下までの丈の長い羽織をいいます。

 

現代では、長羽織を仕立てる方が多いようで、

 

絵羽模様や背にインパクトのある模様を描くなど、おしゃれで個性的な装いになります。

 

 

「本羽織」

 

本来は着物の格をあげるために着るもので、

 

  • 黒一色で染めた「黒紋付」
  • 一色で染めた「色無地紋付」
  • 絵羽模様で柄を華やかに施した「本羽織」

 

があります。

 

 

季節による羽織の種類

 

羽織は季節により、着分けます。

 

  • 「あわせ羽織」
  • 「ひとえ羽織」
  • 「夏羽織」
  • 「綿入れ羽織」

 

 

紋と柄つけによる羽織の種類

 

紋と柄のつけ方での呼び方について。

 

  • 紋をつけた羽織は「紋付き羽織」
  • 絵画のような絵羽模様を描いたものは「絵羽織」

 

 

羽織紐を変えるおしゃれ

 

羽織紐三本

◆羽織紐三本

 

礼装用でない限り、羽織紐は付け替えて楽しめます。

 

羽織のひもは「ち」という、小さなひもの輪に付けます

 

着物や帯との調和を考えて、付け替えます。

 

 

男性は羽織の裏地に凝る

 

男性は着物や帯の色が限られていたので、

 

おしゃれな人は羽織の裏地にこだわっていました。

 

お座敷用に脱いだ時の効果をねらっていたそうです。

 


Twitter始めました。フォローお願いいたします。




スポンサーリンク





  はてなブックマークに登録する
Twitter始めました。フォローお願いいたします。