講座◆「おしゃれ着きもので着物生活」4帯の格・格安帯のポイントと長じゅばん

アンティーク帯 つばきの刺繍は?

講座「おしゃれ着きもので着物生活」の4回目(最終回)です。

着物を洋服感覚のお値段で手に入れて、着物のある生活を楽しもう!という内容の講座です。

今回は「帯と長じゅばん」についてお伝えします。

  • 帯の種類
  • 格安で帯を買うためのポイント
  • 長じゅばんと半じゅばんの特徴
  • 「つけかえ袖」について

スポンサーリンク


着物姿になくてはならない帯のこと

着物には必ず帯が必要ですね。

まず「帯」の種類について、大まかに説明します。

女性の使う帯の種類は、以下の5種類です。

  • 丸帯
  • 袋帯
  • 名古屋帯
  • 半幅帯
  • 兵児帯

おしゃれ着・街着として着物を着るとき、一番利用頻度の高い帯が「名古屋帯」

次によく利用するのが「半幅帯」です。

帯の格について

着物と同じく帯にも「格」があり、以下のようになります。

※最も格上の「丸帯」は現代はほぼ使いませんのではぶきます。

◆種類では、袋帯>名古屋帯>半幅帯>兵児帯

◆織りか染めかというと、織り帯>染め帯

◆名古屋帯を仕立て方から分類すると、名古屋帯>開き仕立ての名古屋帯>袋名古屋帯

という順になります。

洋服感覚でおしゃれにな帯を使うには

袋名古屋帯

◆袋名古屋帯

私たちは、気軽に着物を着るスタンスです。

そこで一番利用頻度が高くなるのが名古屋帯、中でも「袋名古屋帯」と呼ばれるものです。

そして「半幅帯」もカジュアルな場面でよく利用します。

格安の帯はどこにある?

着物を気軽に着ようとリサイクルショップなどを紹介しましたね⇒講座◆「おしゃれ着きもので着物生活」2「格安で着物を入手する方法と選び方のポイント」

帯も気軽にと思えば、やはり中古・リサイクルのお店で購入、譲ってもらう、洗える帯を買うという同じ方法になります。

リサイクルの帯を購入する際のポイント

さてここからが本題ですね。

リサイクルの帯を購入するポイントをお話します。

  • 帯を結んで見える部分にシミや汚れがないか
  • 折りじわ、胴の前部分の折り線がゆがんでいないか
  • 短くないか

時代の古いものには短いものもあります。

短いものだと、お太鼓結びで柄がでない、良い形にできないという不満につながります。

なお帯は、あまり柔らかいものは扱いにくいです。

見た目の柄や色だけでなく、その点もチェックされるといいですよ。

着物の下に着る襦袢(じゅばん)のこと

広衿の絹の長じゅばん

◆広衿の絹の長じゅばん

次に「襦袢(じゅばん)」についてお話します。

着物の下に着るものなので、いわゆる下着です。

ただ、襦袢の衿には半衿をかけて、衿元に見えるようにして用います

じゅばんの種類

じゅばんには二種類あります。

  • 「長じゅばん」
  • 「半じゅばん」

長じゅばんの特徴

長じゅばんの衿は二種類あります。

  • 礼装に向く「広衿」
  • 普段用に向く「ばち衿」

現代では「ばち衿」で仕立てることが多くなっています。

長じゅばんは絹製品が主流でしたが、現代ではポリエステル素材・洗える絹・麻などあります。

色は白以外にも、薄い色合いのものから、カラフルなおしゃれ用の長じゅばんもあります。

半じゅばんの特徴

半じゅばんは、裾(すそ)よけとセットで着用します。

(裾よけというのは、巻きスカート状になった腰巻です。)

半じゅばんは、汗を吸収しやすくするため、身頃(みごろ)を綿素材にしてあるものが多いです。

そのため普段~街着として着物を楽しむには、洗いやすく使いやすいと思います。

半じゅばんは上下に分かれているので、着くずれがやや少ないように思います。

また半じゅばんは、身頃が綿素材であれば和装ブラの上にすぐに着ることもでき、肌着として兼用もできます

そのため春秋の気温が高いときには重宝します。

着物を着る頻度で襦袢を選択

襦袢は汗や衿の汚れがつきやすいので、着物を頻繁に着るかどうかでえらんでください。

半じゅばんなら洗いが簡単ですし、長じゅばんよりも気楽に扱えます。

時々しか着物を着ないなら、長じゅばんだけでもよいでしょう。

長じゅばんは格安に入手できるの?

スマホを持った若い女性、長じゅばんも格安で入手できる?

格安で着物や帯を手にいれるとして、長じゅばんも同じようにお値打ちに買えるのでしょうか?

長じゅばんも本来は「あつらえる」ものではあります。

下着であってもあつらえるとなると、それなりの費用がかかります。

ですから「格安品を探したい」ですね。

見つけやすいのは、リサイクルショップの実店舗です。

インターネットのお店は、扱っていないこともあります。

骨董市で古着を扱っているお店も、たいてい販売しています。

近くにリサイクルショップがないという方は、着物店(呉服や)で半襦袢を購入するのが現実的でしょう。

他に洗える着物を販売しているお店で、洗える長じゅばんが購入できます。

袖の丈が違う着物には「付け替え袖」

譲りうけた着物やアンティーク着物は、袖の丈に違いがあります。

着物に合わせた長じゅばんを、全部用意するのは大変。

そんなときは半襦袢にして、「つけかえ袖」を取り付けましょう

これは袖だけ付け替えるもので、襦袢をたくさんもっているように見せかけることができます。

袖口やふりから襦袢の袖が少し見えるので、着物とのコーディネートを考えて付け替えを楽しめます

付け替え袖については作り方をこちらで説明しています。⇒「付け替え袖(うそつき袖)の作り方と取り付け方・誰でもできる写真手順付き

講座◆「おしゃれ着きもので着物生活」4帯の格・格安帯のポイントと長じゅばん・まとめ

帯も着物同様、リサイクルショップ等でお値打ちに購入することができます。

帯の選び方のポイントは、シミや汚れがないこと、自分にとって短くないことを確認してください。

半じゅばんを利用して袖を付け替えると、いろいろな袖丈の着物に対応できますよ。

頻繁に着物を着るなら、半じゅばんが便利です。

名古屋帯について詳しいことはこちらを参考にしてくださいね⇒「名古屋帯の構造・各部の名称や扱い方を解説しています

講座「おしゃれ着きもので着物生活」をお読みくださってありがとうございました。

どんどん着物をお召しになって、楽しみなお出かけを増やしてくださいね。

着物をワードローブのひとつとして気軽に選んで、豊かな毎日をお送りください。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました