講座「おしゃれ着きもので着物生活」その3「譲られた着物アンティーク着物が小さい・大きい・お直し費用
スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

講座「おしゃれ着きもので着物生活」その3「譲られた着物アンティーク着物が小さい・大きい・お直し費用

譲ってもらった着物アンティーク着物、小さい大きい対処法

講座「おしゃれ着きもので着物生活」3回めです。

 

今回は「譲られた着物やアンティーク着物の着こなし」について。

 

着こなしの中でも、ちょっと小さかったり大きかったりした場合の対処法です。

 

着物は、年代の古いものは比較的小さいものが多く、現代の女性に合わないこともあります。

 

好みのものであれば、そのまま着たいですね。

 

そのためにこんな工夫をしてみましょう

 

もし「お直し」をするとしたら、費用の目安についてもお伝えします。

 

スポンサーリンク

 

譲ってもらった着物が小さい場合の着こなし方

 

「せっかく譲ってくれたのに、随分小さかった」という場合についてまずお話します。

 

そのお着物、具体的にはどこが小さいでしょうか?

 

  1. 「身丈が短い」
  2. 「袖幅が狭い」
  3. 「身幅が狭い」

 

それぞれの対処法、工夫について順に説明しますね、

 

 

1)「身丈が短い」という場合の着こなしの工夫

 

  • 腰ひもの位置を腰骨に近い位置(通常より少し下げる)にして締める
  • おはしょりを帯でかくし対丈(ついたけ)で着る

 

 

2)「身幅が狭い」という場合の着こなしの工夫

 

  • 下前の合わせを少なめにする
  • 広衿ならいつもより胸のところの衿幅を広くとってみる

 

 

3)「袖幅が狭い」という場合の着こなしの工夫

 

  • 広衿なら衿を半分に折らず、浅く折って少しでも身頃にかかるようにする
  • 半衿をたっぷり出す

 

これで2センチほどですが、袖幅が長くなります。

 

また所作で袖幅の短さをカバーすることもできます。

 

  • ひじを軽く曲げるようにすると袖の短かさが目立ちにくくなる
  • 冬なら羽織やコートなどでカバーする

 

 

譲ってもらった着物が大きい場合の着付け着こなしの工夫

 

今度は「譲ってもらったけど、ずいぶん大きかった」という場合の対処法です。

 

  1. 「身丈が長い」
  2. 「身幅が広い」
  3. 「袖幅が長い」

 

あなたの場合はどうでしょうか?

 

 

1)「身丈が長い」場合の着こなしの工夫

 

  • 腰ひもをいつもより高い位置で締め、あまるおはしょりは伊達締めにしまい込みむ

 

 

2)「身幅が広い」という場合の着こなしの工夫

 

  • できあがりの上前の位置は変えず下前を余分があるだけ内側に入れ込む
  • 下前は脇で右方向に折り返す

 

 

3)「袖幅が長い」という場合の着こなしの工夫

 

袖幅が長い場合ですが、短くする工夫は残念ながらありません。

 

 

以上が小さいとき大きいときの着付けの工夫方法です。

 

それでもとても着られそうにないという場合は、「お直し」を考えなければならないですね。

 

 

お直しにかかる費用や考え方

 

着物姿の若い女性・お直しの費用について

 

着物の「お直し」は、呉服店、悉皆(しっかい)や、仕立てやのいずれかでお願いすることになります。

 

「悉皆や」は、着物のよろず相談所みたいなところで、染み抜きや、染め替えや、お直しなどの相談にのってくれるところです。

 

 

着物のお直しにかかる費用の目安

 

お直しは、直す位置によって費用が変わります。

 

 

小さい着物を大きくする場合の費用

 

袖幅を出すときは、袖付けだけか、身ごろとともに出すかによって費用は変わります。

 

約4000~10,000円くらい。

 

着物丈を大きくしたいときは、帯に隠れるところに継ぎ足しします。

 

約1.5万円~2.0万円くらい。

 

身幅を広くするときは、脇から幅をだします。

 

約10,000円くらいから。

 

 

大きい着物を小さくする場合の費用

 

袖の幅を短くする場合は、袖のみの場合と身ごろとともに直すかによって違います。

 

約4000~10,000円

 

着物丈を短くするのは、身幅を狭くするのは、約1.5万円から。

 

 

かかる費用はあくまで目安です。
必ず確認して納得してから依頼してくださいね。

 

 

譲られた着物アンティーク着物が小さい・大きい・お直し費用まとめ

 

ちょっと小さいとき大きいときの着こなしの工夫の仕方を紹介しました。

 

お直し費用は、直す場所によって変わります。

 

生地の変色や質の劣化などの理由でお直しできない場合もあるので、よく相談してください。

 

 

次回の講座は、帯について詳しくお伝えします。

 

格やお値打ちに買うポイントなどです⇒「講座「おしゃれ着きもので着物生活」その4「帯と格・格安帯の購入ポイントと長じゅばん」

 

 

<関連ページの紹介>

 

小さい着物の着方の工夫をさらに細かく説明していますので、参考にしてください⇒「譲ってもらった着物が小さいときの着こなし方・工夫の仕方はここ!

 

大きい着物の着方の工夫をさらに細かく説明していますので、参考にしてください⇒「譲ってもらった着物が大きいときの着こなし方・工夫の仕方はここ!




スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

  はてなブックマークに登録する