体がだるい疲れるを解消!家事する女性におすすめ/指先つま先法!

白いシャツ三枚が風になびいて干してある

体がだるい・疲れる・重い。。。と感じている女性は多いですね。

普段の家事なのに、疲れやすさを感じる人におすすめの方法を紹介します。

これはあるところを意識して家事をするだけ。

結論は「指先やつま先を意識するだけ」。

たえず肩こりやだるさを抱えている人の、疲れ方をぐっと減らせるコツなんです。

スポンサーリンク


家事の疲労度を激減させるワザ

例えば洗濯物を干すとき。

「さっさと干しているつもりでもなんだか疲れる。。。」

そんな人は、意識を「手の指先」に向けてください。

  • カゴから洗濯ものを取るとき⇒ 手の指先から洗濯ものをとる
  • 洗濯ばさみをつまむという作業のとき⇒ 指先のピンチを意識して干す

これだけで、疲れ方が全く違ってきます。

それは合気道の先生が伝授してくださいました。

1週間で疲労度が11歳分減った!

違いは指先を意識したかどうかだけなんですね。

ところが疲労度が何歳相当なのかという実験をしたところ、1週間で43歳の方が、11歳分疲労度が減りました

その方普段から「疲れやすいだるい」と感じることが多かったそうです。

そのときの疲労度が年齢で表すと50歳相当でした。

ところが指先を意識した家事を1週間して測ったところ、疲労度が39歳相当に激減。

50歳相当の疲労度⇒1週間意識して⇒39歳相当の疲労度に

なぜこんなに疲労度が減ったかというと。。。

指先を使う(指先を意識する)ことで、腕だけ使うような作業姿勢だったのが、身体全体を使うようになるので、疲労がたまりにくくなるそうなのです。

合気道の基本動作が疲労を減らす

テーブルを拭くお母さんと女の子

腕を動かす作業の際は、腕だけを使うと肩や腰に負担がかかり、疲れやすくなります。

指先を意識しただけで身体全体を使う動きになるのだそうですよ。

これは合気道の基本の動作(考え方)だそうで、心身統一合気道の先生、合気道の達人藤平信一さんが教えてくださいました(NHKあさイチ20170130放送)

他にテーブルをふくときも、

手を動かすのではなく、「テーブルを指で感じ、指から動かすようにすると最大限の力で拭け、汚れも効率的に落ちます

腕をおさえつけられていても、ふきんの上に置いている手の指先を意識して動かすことで、無駄な力をいれずに動かせるのを再現していました。

その力の入れ方は全く違っていました。

家事で疲れない極意は「指先から動く」こと

足のつま先意識で疲れ知らずの体に

素足、つま先

次に、もうひとつ疲れない体の使い方も教えてくださいました。

買い物などで重い荷物を持つこともありますね。

今までは「重いなあー」「しんどいー」とか感じて負担だった荷物持ち。

それが努力なしに楽々できる方法です。

重い荷物でも軽く持てる極意!

それは「つま先立ちをして、かかとの上げ下げをゆっくり5~6回する」ことなんです。

きいてびっくり「え???」でしたが、実際やってみると、重かった荷物が軽く感じられます!

ひょいっと持てます。

本当にです。

合気道の達人藤平信一さんの説明では「一回つま先立ちをすると、身体が一体化され体を支える姿勢がとれる」のです。

重い荷物がつらくなければ、疲れにくいですよね。

その都度つま先立ちをやってもいいですが、藤平さんのおすすめは「一日に一回1分を目安につま先立ちで歩く」と、疲れにくくなるそうです。

このとき、肩の力を抜き、背筋はまっすぐに。

反り気味にならず、前かがみに感じるくらいがよいそうですよ!

つま先は、身体にとって大切な部分だったのですね。

体がだるい疲れるを解消!家事する女性におすすめ/指先つま先法!まとめ

腕を使う家事を行うときは、手の指先から意識して使うと疲労度が減る。

重いものを持つときは、つま先立ちをしてから行うと身体の負担が減る。

合気道の極意を利用して、疲れにくい体の使い方を。

指先やつま先を意識するだけで、家事の疲労度が激減する話題でした。

20170130NHKあさイチで「ムダな努力よサヨナラ」の要点と感想。

<関連ページ紹介>

下駄ばきで「脚の筋力がつく、体のバランスが感覚が向上する、つまづき防止になる」と足の健康に下駄が見直されています。

下駄で筋力とバランス感覚アップ・足腰が強くなり老化防止に役立つ

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました