七五三の着物・おもなセット内容

七歳五歳三歳の祝い着(着物)フルセットの内容と購入レンタル事情

スポンサーリンク

七歳五歳三歳の祝い着(着物)フルセットの内容と購入レンタル事情

七五三参り

男の子はかぞえで五歳に、女の子はかぞえで三歳と七歳に、無事な成長と健康をお祝いします。

 

かぞえの年齢でお祝いするのがならわしですが、現代では満年齢でのお祝いの方が多いようです。

 

五歳の男の子のお祝いには、紋付羽織袴の正装が多いようです。

 

七五三の衣装は、購入することもできますし、レンタルする家庭も増えています。

 

一生に一度しか着る機会がないこと、兄弟が少ないので譲る機会も減っている現代、子供の成長を祝う七五三の在り方も少しづつ変化しています。

 

ここでは七五三の着物衣装を、購入する?レンタルする?のいずれにしても、必要なものを一度にそろえる方法を中心に書いています。

 

順序は五歳の男の子用、三歳の女の子用、七歳の女の子用です。必要なところをお読みください。

 

スポンサーリンク


 

 

五歳の男の子用のお祝い着(着物)の標準セット内容

 

五歳の男の子の標準的な祝い着のセット内容は以下の通りです。

 

羽織 着物 襦袢 袴 羽織紐 角帯   

 

足袋 白地の半襟 腰紐2本 剣 白扇 セッタ 

 

七五三の着物

 

上記のものがあればよいのですが、「フルセット」といっていても、「足袋がない」「腰ひもがない」こともあります(これらは祝い着を着るのに絶対必要です。)

 

ですから、「フルセット」と表示されていても内容は必ず確認してください。

 

また、フルセットの中に、お守りや扇子、保管箱などがセットされている場合もあります。

 

これらは当日絶対必要というわけではありませんが、あってもいいかなというものです。

 

呉服店で仕立てる場合の注意

 

呉服店で仕立てを依頼するのであれば、七五三の日程より3か月ほど前には、注文に出かけた方がよいでしょう。

 

期間が短いと、好みの柄が見つからなかったり、仕立てが立て込んでしまうので余裕をもって依頼してください。

 

家紋を入れるかどうか、紋の種類・一つ紋か三つ紋か五つ紋か、丸は必要かどうかも。

 

撮影などの関係で、出来上がりをいつにするかを確実に決めましょう。

 

 

男の子祝い着(着物)購入、レンタルに共通のこと

 

祝い着を用意するにあたり、身長の高い子、低い子は丈の調整をしなければなりません。

 

また袖の長さ(着物の場合は裄・ゆきといいます)を調整しなければなりません。

 

丈の調整は、着物、長じゅばんともに調整が必要になります。

 

また裄の調整は、着物、長じゅばん、羽織ともに調整が必要になります。

 

これらをお店に頼むことになると、1〜2週間の期間が必要になります。

 

購入(仕立てを含む)とレンタルの価格について

 

五歳男の子の祝い着を購入(仕立てを含む)する場合の価格は、10,000円〜100,000円。

 

レンタルの場合は、5,000円〜20,000円

 

洗える素材では価格が低く、正絹は価格が高いです。

 

七五三参り

 

<5歳男の子の祝い着(着物)の着せ方>

 

下着は普段のものを着て、足袋をはき、白い半襟のついた襦袢を着、腰ひもをします。

 

着物を着て腰ひもをし、角帯を締めます。

 

袴をはいて、羽織紐のついた羽織を羽織ります。

 

セッタをはき、剣をさします。

 

着せ方の写真や解説、DVDがセットされている場合があります。心配なら着せ方のわかるものがセットされているものを選びましょう。

 

 

三歳の女の子のお祝い着(着物)の標準セット内容

 

三歳女の子のお祝い着の標準のセット内容は以下の通りです。

 

着物 長襦袢 被布コート 伊達衿 半衿

 

足袋 巾着 草履 

七五三の着物

 

上記のものが必要ですが、このほか髪飾りやショールなどがセットになっていることもあります

 

祝い着を着たら、髪もかわいらしく結ってあげたいですから、髪飾りは必要ですね。

 

三歳の女の子は、帯はまだ締めません。被布コートを羽織ることで可愛らしい着物姿になります。

 

三歳女の子祝い着(着物)購入、レンタルに共通のこと

 

特に身長が高い、または低い場合は、丈の調整をしなければなりません。

 

また袖の長さ(裄・ゆき)の調整が必要になることもあります。

 

あつらえの場合は最初にぴったりサイズに調整を頼めますが、自分でする場合は、調整部分の縫い目をほどいて、子供さんにぴったりに合わせます(丈のサイズ調整は腰上げ、裄のサイズ調整は肩あげといいます)。

 

 

購入(仕立てを含む)とレンタルの価格について

 

三歳女の子の祝い着を購入(仕立てを含む)する場合の価格は、12,000円〜120,000円。

 

レンタルの場合は、6,000円〜15,000円

 

洗える素材では価格が低く、正絹は価格が高いです。

 

<三歳女の子の祝い着(着物)の着せ方>

 

普段の下着をつけ、足袋をはきます。

 

長じゅばんを着、着物を着て、被布コートを着せます。(紐または留め具がついています)

 

草履をはき、巾着を持たせます。

 

着せ方の写真や解説、DVDがセットされている場合があります。心配なら着せ方のわかるものがセットされているものを選びましょう。

 

 

七歳の女の子の着物のお祝い着(着物)の標準セット内容

 

七歳女の子のお祝い着の標準のセット内容は以下の通りです。

 

着物 長襦袢 伊達衿 結び帯 帯揚げ 丸ぐけの帯締め 志古貴(シゴキ)

 

半襟 二部式肌着セット 足袋 腰紐(3本) 帯板

 

箱セコ 草履 バック  寿扇子 懐紙 懐紙飾り

 

七五三参り

 

七歳女の子の場合は、三歳の女の子よりずっとセット内容が豊富になります。

 

大人の女性の支度に近くなります。

 

飾り帯でない場合は、帯枕を利用した帯を結ぶこともあります。

 

また懐紙入れ、お守りなどの小物がセットされている場合もあります。

 

足袋の大きさや、着物の丈は事前に測って、サイズ間違いのないようにしてください。

 

洗えるタイプのものも多く、彩も豊かな祝い着がたくさんありますし、レンタル価格とあまりかわらないくらいのものもあります。

 

お値段の幅が広いのも7歳の女の子の祝い着の特徴です。

 

 

購入(仕立てを含む)とレンタルの価格について

 

七歳女の子の祝い着を購入(仕立てを含む)する場合の価格は、20,000円〜400,000円

 

レンタルの場合は、7,000円〜30,000円

 

洗える素材では価格が低く、正絹は価格が高いです。

 

<七歳女の子の祝い着(着物)の着せ方>

 

二部式の肌着を着せ、足袋をはきます。

 

半襟のついた長じゅばんを着せ、腰ひもします。

 

伊達襟をつけ、着物を着、腰ひもをします。おはしょりをとり腰ひもをします。

 

結び帯をし、帯揚げ、丸ぐけの帯締め、志古貴(シゴキ)を飾ります。

 

箱セコ、寿扇子を身につけ、バックを持ち草履をはきます。

 

着せ方の写真や解説、DVDがセットされている場合があります。心配なら着せ方のわかるものがセットされているものを選びましょう。

 

 

七歳五歳三歳の祝い着(着物)フルセットの内容と購入レンタル事情・まとめ

 

七五三の着物は、レンタル事情がよくなってきたこともあり、購入よりレンタル派の方が多数になってきています。

 

購入・レンタルどちらも、正絹仕立ての祝い着は価格帯が広く、洗えるポリエステルの着物は比較的安価です。

 

小さいお子様用は洗えるタイプのものが安心感があります。

 

女の子は、髪飾りなど小物が多いので付属品の忘れがないようにしてください。

 

レンタルも購入も、直前になると希望のものがなくなっている可能性があります。できるだけ早めに注文しておくとよいでしょう。

 

五歳の男の子の祝いは、「袴着の祝い」でもあるので、紋付羽織袴の姿も多いです。

 

おじいちゃんおばあちゃんの意見も取り入れて、悔いのない七五三のお祝いをしてください。




スポンサーリンク








二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方