女性の着物の着方と楽しみ方

女性の着物の着方と楽しみ方

スポンサーリンク

女性の着物の着方と楽しみ方

着物の着方

女性の着物姿は、誰が見てもきっと素敵だと思うのですがいかがでしょう。

 

昔は日常的に着物を着るのが当たり前でしたが、現代では特殊な事情があったり行事の時以外にはなじみがなくなってきました。

 

日常に着物を着る人は少なくなってはいますが、おしゃれ着として衣装の一部として着物を利用している人たちは少なからずいますし、そういう方は着物という衣装を愛し、生活の一部に取りこんで暮らしています。

 

着物をお持ちでない女性も、いつかは着物に囲まれた暮らしがしたいと考えていたり、着物の似合う人になりたいといった憧れを持っている人も多くいます。

 

そのため現代的なモダンな着物や帯のニーズは依然高いといわれています。

 

日本人でありながら着物を着る習慣がなくなって久しいこともあり、着物を着用しようとすると「着付け」というハードルがあるのもまた、着物を遠ざけている理由なのかもしれません。

 

親から子へ自然に伝わった和服も、今や着ることのむつかしさから着物離れがおこっています。

 

もっと当たり前に着物を身につけることができたらいいのにとの想いはつのります。微力ながらこのブログで着物のイロハや楽しみ方を想像していただきたいと思います。

スポンサーリンク


 

 

女性の着物の基礎知識と着方の基本

着物の着方と楽しみ方

 

着物はただキレイな衣装という印象をお持ちであれば、それは冠婚葬祭のときの特別な衣装としてご存知だからなのかもしれません。

 

着物を着る機会は、特別な年中行事や通過儀礼のときに限定されることが多いのですが、普段用の着物、おしゃれ着お出かけ用の着物などもあります。

 

着物は振袖のように豪華なものから、木綿の浴衣のようなものまであります。

 

種類は多くあるように見えても、着物の形はどれも同じです。

 

素材が違っていたり、模様のつけ方が違っているために、数々の種類があるように見えるだけで、実はみんな基本は同じ形をしています。

 

具体的には、着物は真っ直ぐな線で仕立てられています

 

反物という着物用の一定の幅の布を、袖や身頃の長さで裁断して、直線の布をつなぎあわせて着物という形にしています。

 

洋服のようにダーツをとったり、ボタンやファスナーで開いたり調節するようなことはいっさいせず、体の曲線に合わせる縫い方は全くしていません。

 

それが日本人が昔から愛用してきた「和服」です。

 

そのため着物を着るときは、「直線断ちの布を体にまとう」ことになり、現代人の曲線のある体には馴染みにくいともいえます。

 

着物が日常着だったころは、体の曲線美というかオウトツのある女性の美しさはあまり取り上げられませんでしたが、洋服の文化では、バストとヒップが大きくウエストがくびれた体型が美しいとされています。

 

その影響で現代女性の美しさは、西洋と同じ価値観になっていますよね。

 

ウエストのくびれた現代女性が、そのまま着物を着ると、直線断ちの着物は体にフィットしないのは明らかです。

 

そのため、体の凹凸を少しでも減らして着ることで、着物が体にフィットし着たときの着姿が、とても綺麗になります。

 

身体を着物用の身体に調整するというわけです。

 

身体の凹凸を減らすには、くぼんだ部分にタオルなどをあててくぼみを補います。これを「補正」といっています。

 

補正をすることで着物が身体にフィットするだけでなく、着崩れるのも防げるようになります。

 

女性の場合、着物を着るときの基本として、補正をすることは着方の第一歩といってもいいでしょう。

 

 

基本の補正方法

 

身体のくぼみはウエストがもっともくぼんでいますね。

 

下着をつけたあと、ここにタオルを折るなどしてあてて、くぼみをなくすようにします。

 

お尻の上にもくぼみがある方は、そこに小さいタオルをあてるなどしてくぼみをなくします。

 

また肩の下にくぼみがある方ですと、そこにも綿花やタオルをあてた方がいいこともあります。

 

こうして体がなるべくずん胴になるようにします。

 

そのあとで長じゅばんを着て、着物を着ます。

 

 

着物の着方の基本

着物の着方と楽しみ方

 

補正がすんだら、長じゅばんを着て腰ひもと伊達締めをします。

 

着物は上前の(できあがりの)位置をいったん合わせてから、裾の位置を決めて体に巻きつけ、腰の上でひもを締めます。

 

次に衿を合わせておはしょりを取り、胸の位置に紐をして、胸と背中のしわをとり、伊達締めを締めます。

 

その後、着物に合う帯を締めて出来上がりです。

 

外出用の姿としては、女性の場合はお太鼓結びにするのが一般的です。

 

自分用に仕立てた(着物の場合は誂えるともいいます)着物なら、着心地が最高ですし、着付けしやすいです。

 

着物の種類によって、若干着付け方が違います。

 

礼装とよばれる着物は、首のうしろを大きく開けて(衣紋を大きく抜く)、帯も大き目に結ぶなどして品のある着方をします。

 

そして裾もかかとが隠れるくらいの長さに着ます。

 

準礼装と呼ばれる着物は、やはり品よく礼装よりはやや控えめな着方をします。

 

小紋や紬のカジュアルな着物は、衣紋は抜き過ぎず、裾が床にすれないように裾を合わせます。

 

 

着物の楽しみ方

着物の着方と楽しみ方

 

着物はそれをまとうことで、洋服のときとは全く違った自分を演出できる面白味があります。

 

活動的な洋服に比べ、着物はややおしとやかな印象になります。

 

活動に制限が出てくるのは、たもとが長い、裾が長いなどの特徴のため、いたしかたのないことです。

 

洋服のときとは違う立ち居振る舞いが必要なことも出てきます。

 

上等な着物で社交の場では、その着物にふさわしい振る舞いをするのは美しい仕草でもありますし、また当然のマナーでもあります。

 

しかしながら、普段着や軽いお出かけ程度で着物を着るのであれば、そこまで改まったものは必要ないでしょう。

 

もっと気楽に、洋服の延長で考えていいと思います。

 

もちろんズボンをはいているときと同じように走ったりはできませんので、行動に一定の制約はでますが、着物だからといって普通に生活する分にできないことはそうそうありません。

 

家事も、育児も、遊ぶのも、着物で暮らしていた時代にはそれでなんでもやっていたのですからね。

 

着物の柄が好きとか色が斬新で好きとか、全体のエレガントさが好きとか、綺麗だから好きとか、着物への愛着や好みはみな違って当然です。

 

必要なのは、どういった場面で着物を着てすごしたいのかでしょう。

 

「普段の洋服姿とは違った自分で、お出かけを楽しみたい」ということであれば、お出かけに適した着物や帯や小物を選択していくのですし、「社交の場で着て楽しみたい」というのであれば、やはりそれに適した着物や帯小物を選び、楽しみを広げていけばいいのです。

 

「日常でも手軽に着物を楽しみたい」のであれば、手作りを含めて経済的に楽しめる方法を選べばいいのです。

 

 

「着物を着なくてはいけない」という縛りがないのであれば、自分の求める着物との付き合い方を見つければいいと思うのです。

 

着物をおしゃれ着として楽しめるようになると、お友達とのお出かけも楽しくなりますし、洋服のコーディネートに迷ったら着物で行くという選択もできます。

 

また着物が好きな仲間と集まって、着物談義ができるのも楽しいですよ。

 

日本の女性にとって着物は、憧れでもありまた同時に、DNAに隠されている自然な愛情のような気もします。

 

もっと自由に着物を選び、着物との付き合いを気軽に深めていけるようになればいいなと思います。

 

 

このブログ「きもの物語」では、きものの着方や楽しみ方を、もっと具体的に綴っていますので、興味のあるところからお読みくださいませ。
 ↓↓
きもの物語のトップページ

 

また、右上の検索窓にキーワードを入れて虫眼鏡のマークを押してみてください。関連のページがでてきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




スポンサーリンク








  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

無料のプレゼント

着付けのおけいこ入門*浴衣で入門

管理人が作った無料プレゼントです。『浴衣入門』 ゆかたでおでかけできるまで

↓↓↓↓↓

無料テキスト『着物を始めたい!着付けのおけいこ入門・浴衣で入門』



不要になった着物は買い取りに出してます
その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって着物買取のヤマトク

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 無料講座教材 メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方