羽織

羽織

スポンサーリンク

羽織

羽織

主に防寒用として長着(きもの)の上に重ねて着て、

 

前が開いているつくりになっているもの。

 

衿がすそまでついていて、前は、ひもで結びとめます。

 

首の後ろ部分の衿は、半分に折り曲げて着ます。

 

紅葉が美しくなるころから、

 

桜が咲き始めるころまでが、着用の目安です。

 

コートとは別扱いされていて、室内でも脱ぐ必要はありません。

 

(ただし、フォーマルのときは、羽織っていてはいけません)

スポンサーリンク


 

長さによる区別でみると、

 

茶羽織というのは、おしりが隠れるくらいのもの。

 

普通羽織 約85〜88センチ

 

中羽織 約75〜82センチなどがあります。

 

短い茶羽織は普段用に、

 

長い羽織は暖かで優雅に見えるので、お出かけに最適です。

 

長い羽織は絵羽模様や、背にインパクトのある模様を描いたりと、

 

見せる羽織になっているものが多いです。

 

着物とのバランスを考えて、何を着るかが楽しみで、

 

脱ぎ着がしやすいので、手軽に用いてもらいたいアイテムです。

 

 

男性は、着物や帯の色が、限られていたので、

 

おしゃれな人は、羽織の裏には、特に凝ったそうです。

 

お座敷用に脱いだ時の効果をねらっていたそうです。

 

 

羽織の種類は、

 

あわせ羽織、ひとえ羽織、夏羽織、綿入れ羽織、

 

紋付き羽織、絵羽織があります。

 

羽織のひもは、“ち”という、小さな、ひもの輪に付けます。

 

ひもの取り外しができますので、

 

着物や帯との調和を考えて、付け替えるのも、

 

楽しみのひとつです。

 

羽織りを羽織ることで、帯姿が隠せるので、

 

初心者の方などは、ちょっとした着付けのアラをかくしたりと、

 

何かと好都合な面もあります。




スポンサーリンク





二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出しています

着物の高価買取は【ウルトラバイヤープラス】全国無料で気軽に査定!

価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?

買取価格が値上がり中なんですって!







  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方