染み抜きが必要になることも

着物を自分サイズに直すとき、裏地を代えたり洗うべき?

着物を自分サイズに直すとき、裏地を代えたり洗うべき?

着物を自分サイズに直すとき、裏地を代えたり洗うべき?

譲ってもらったりリサイクルショップで購入した着物を、自分にあったサイズにお直ししたいときのことです。

 

サイズ直しだけを頼もうとしたのに、意外にも「裏地の取り換え」「染み抜き」が必要ですよと言われてしまった!

 

さあどうしましょう。

 

予期せぬ提案に、サイズ直しを思いとどまるかそれとも提案とともに続行か。

 

「裏地の取り換え」「染み抜き」・・・いったい余分にいくらかかるのかしら?

 

そんな不安を解消するために、あらかじめ知っておいていただきたいことです。

 

スポンサーリンク


 

サイズ直しだけではすなまいなんて

 

いただきものの着物、サイズが合わないなら最低必要なことはサイズ直しですね。

 

その際あわせて不具合を直すことになれば、お直し後の寿命が違ってきます

 

気にいって着られる期間が変わってきます。

 

気になることがサイズだけなら、直すことで満足できるのですが。。。

 

専門家に提案されると、気になりますね。

 

 

専門家のご意見は詳しく聞いてみると

 

お直ししてくださる専門の方のご意見は、詳しく聞いてみるといいですよ。

 

教えてくださるご意見が、着物の寿命をのばすことになるのか

 

教えてくださるご意見が、満足度のアップにつながるのか

 

その視点でのご意見であれば、しっかりと考えてみてください。

 

説明が納得できなければ、断ればよいのです。

 

ほかの方にお直しを依頼してもよいのですから。

 

 

着物のサイズ直しのとき提案されること

 

着物のサイズ直しのとき、合わせて変更した方がいいですよといわれることは、

 

  • 「表生地を洗う」
  • 「表生地のシミをとる」
  • 「白い裏地を新しいものに代える」
  • 「擦り切れそうな八掛」を代える」

 

でしょう。

 

 

今後気持ちよく着られるかが目安

 

サイズ直しとともにこれらを合わせて行うことで、気持ちよく着られるようになるのであれば検討してみましょう。

 

お値段はかさんできますから、それと見合うかどうかももちろん目安です。

 

表生地を洗うことで(洗い張り)、新品同様になったという喜ばしい話題は多いです

 

お値段以上の喜びがあるかもしれません。

 

ただ、時間がかかる作業もあるので、お直しの期間がどれくらいかも確認しましょう。

 

 

着物を自分サイズに直すとき、裏地を代えたり洗うべき?まとめ

 

着物のサイズは直せば自分にぴったり合ったサイズで着ることができます。

 

そのとき、弱ったり傷んだ裏地を代えたり、生地を洗うといいよ、という提案があることも。

 

提案が、着物を長持ちさせるため、あるいは満足感をあげるためであれば、検討した方がよいです。

 

お直し以上の費用がかさむこともあるので、じっくり検討しましょう。

 




スポンサーリンク




「年齢肌」(乾燥・シミ・シワ)。。。今なら本気の美容液を試せます♪リペアジェル♪



皮膚科医



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出しています

着物の高価買取は【ウルトラバイヤープラス】全国無料で気軽に査定!

価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?

買取価格が値上がり中なんですって!







  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方