染み抜きが必要になることも

染み抜きが必要になることも

スポンサーリンク

染み抜きが必要になることも

イラスト着物イメージ

譲ってもらったりリサイクルショップで購入した着物など、自分にぴったりにお直ししたいとき、あらかじめ以下のようなことを了解しておくとスムーズな依頼ができます。

 

着物を自分のサイズにお直しする際には、サイズ直し以外にも「裏地の取替え」や「洗い張り」が必要になることもあります。

 

特にお直し以外はご希望になっていなくても、今後着続けるために、お直しの際に「裏地の取替え」や「洗い張り」を一緒にすると着心地がよくなることがあり、すすめられることがあります。

スポンサーリンク


 

特に白かった胴裏が変色していたり、シミがあったりすると、この際新しいものに取替えてはどうかという話になるかもしれません。

 

そのほか「染み抜き」をしなくてはならなくなることもあります。

 

お直しをされる段になって、専門家にみせて染みに気がつくことがあります。

 

染み抜きを合わせてやってもらえる場合もありますが、染み抜き専門のお店にまわして染み抜きしてから、仕立てなおしをすることもあります。

 

依頼する先が、染み抜き、洗い張り、仕立て直しをすべて行っているお店であれば、話が早いですが、そうでない場合は、それぞれ専門の人のところに順に回っていきますので、時間がかかりますし費用(技術料)もさかむと思われます。

 

染みについては、分かる範囲でいつごろ、どんな状況でついたかを伝えるようにします。

 

 




スポンサーリンク








二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方