羽織とコートの着方衿は折る?(着物のときの防寒着)

羽織・コートの着方で衿は折る?折らない?着こなし方と11月の防寒着

スポンサーリンク

羽織・コートの着方で衿は折る?折らない?着こなし方と11月の防寒アイテム

羽織・コートの着方で衿は折る?折らない?着こなし方と11月の防寒着

11月紅葉が色づく頃になると 着物の上に何かを羽織る日が増えてきます。

 

冬の到来を感じ始める頃に羽織るものとしては、「 羽織」「袷のコート」が 一般的です。

 

さてこの羽織とコート、ただ羽織っているという人がありますが、衿だけは気をつけてほしいのです。

 

着こなす上で大切なのは、「衿を折るのか折るらないのか」という点です。

 

まずは「羽織の着こなしについて」次に「コートの着こなし」についてお伝えします。

 

また初冬の季節のきもの小物アイテムもお伝えします。

 

 

羽織の着こなし

 

羽織はカーディガンと同じような扱いの 衣類ですから、室内では脱ぐ 必要はありません

 

椅子でも座布団でも腰かけたときは、羽織の裾を敷かないようにします。

 

羽織の衿は肩から後ろだけ外側へ半分に折って着用します

 

羽織の衿は肩から後ろだけ外側へ半分に折って着用します

 

肩口から下へは自然に衿幅分外へ折ります

 

肩口から下へは自然に衿幅分外へ折ります

 

秋のお出かけに好まれている羽織の柄は、「散り紅葉」や様々な落ち葉や落ち花が地面に吹き寄せられている様子を文様化した「吹寄せ」。

 

王朝文学をイメージした「御所解模様(ごしょどきもよう)」などの風景模様が好まれています。

 

装いの雰囲気に合わせて羽織をコーディネートするのも この時期の楽しみのひとつです。

 

 

羽織紐は帯の上と帯締めの間で

 

羽織紐ついている羽織着物姿前

 

羽織には「羽織紐」をつけますが、付け替えができるようになっています

 

「ひも」もありますしビーズや石の羽織紐もあります。

 

羽織紐の位置には、帯、帯締め、帯揚げが重なるのであまりゴチャゴチャしないようにしたいものです。

 

できれば帯の上端と帯締めの間におさまるようにするとよいです

 

羽織紐ついている羽織着物姿前(羽織紐を変えて)

 

羽織紐を変えてみました。

 

 

コートの着こなし

 

コートの衿は肩から首の後ろだけ半分幅に内側に折る

 

コートの衿は肩から首の後ろだけ半分幅に内側におり 肩からは自然に開きます

 

コートの衿は肩から首の後ろだけ半分幅に内側に折る

 

コートは室内では 脱ぎますので、脱ぎ着する時に見える裏地に凝るのもおしゃれのひとつです。

 

 

冬到来時期の着物着こなしアイテム

 

手袋

 

この時期に合わせる手袋は洋装と兼用で大丈夫です。

 

手袋はあまりカジュアルなものよりは、上質な「革」や「ビロード」のものがおすすめです。

 

手首がすっぽり覆われる長さのものが 防寒に向いています。

 

大判ショール又はポンチョ

 

普段利用には「大判のショール」または「ポンチョ」も利用しやすいです。

 

ポンチョは洋装用のもので、 脱ぎ着のしやすい前で合わせるタイプのものが 便利です。

 

両手が空くので 行動しやすいです。

 

扇子

 

秋冬にも扇子を携帯していると重宝することがあります。

 

室内の暖房がきついことが あるので、 そんな時に秋冬用の扇子を利用します。

 

温かみのあるこっくりとした色合いや柄のものを選びましょう。

 

 

気軽なお出かけには かごバッグOK

 

木綿や紬生地の着物で気軽にお出かけをする場合は、 素朴感のあるかご製のバッグが似合います。

 

かごバッグは年間通じて使うことができます

 

 

羽織・コートの着方で衿は折る?折らない?着こなし方と11月の防寒着・まとめ

 

羽織の衿は肩から後ろだけ外側へ半分に折って着用します。 肩口から下へは自然に衿幅分外へ折ります。

 

コートの衿は肩から首の後ろだけ半分幅に内側に折り、 肩からは自然に開きます。

 

羽織は室内で着たままでよく、コートは脱ぎます。

 

どちらも裏側の生地に凝ったおしゃれを楽しむことが多いです。

 

冬の到来を思わせる時期の防寒アイテムとして、洋装と兼用の手袋、秋冬用の扇子、気軽な外出にポンチョやかご製バッグが似合います。

 

 

紅葉狩りに着物でって、いいですね。

 

でも、足元の整備されていないところもありますから、草履では歩きにくいところも。

 

その点を確認してからおでかけくださいね。




スポンサーリンク








二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方