きもの物語

講座「上級までの道のり」その11「着物を着たときの所作・立ち居振る舞いについて」

スポンサーリンク

講座「上級までの道のり」その11「着物を着たときの所作・立ち居振る舞いについて」

着物姿の若い女性と中年の女性

講座「着物着付け上級までの道のり」11ページ目です。

 

ここでは「着物を着たときの所作や立ち居振る舞い」についてお伝えします。

 

着物は洋服とは違って、「たもと」が長い、裾が狭い、帯をしているなどで、いつものような身のこなし方ではうまくいきません。

 

外出先で困らないためにも、着物に合った所作や立ち居振る舞いに気を使いたいものです。

 

着物での所作や行動が自然にできるようになれば、さらにあなたらしさを引き立てることでしょう。

 

 

着物を着たときの身のこなし方・所作・立ち居振る舞い

 

立ち姿を意識する

 

まず「立ち姿」について。

 

着物を着ていると特に目だつのは、その立っている姿です。

 

背中が曲がっていると、とてもみすぼらしく老けて見えます。

 

ただでさえ、実年齢より上に見えやすい着物のときには、ぴしっと背筋を伸ばして立ってください。

 

立ち方の基本姿勢

 

前かがみになったり、また後ろに反り返らないように、下腹に力を入れて背筋を伸ばし、あごは少し引きます

 

肩の力はぬいてください。

 

スポンサーリンク


 

歩く姿を意識する

 

次に歩くときに気をつけていただきたいことです。

 

洋服と違って、大股で歩くことができません。

 

着物の裾は、少々裾をすぼめて着付けたほうがバランスよく、きれいなシルエットになります。

 

そのきれいなシルエットが、歩いたときにもくずれないように保つのが、きれいに見せる歩き方になります。

 

そのため、歩幅はどうしても狭くなります。

 

足を前に押し出すのではなく、裾の幅に合わせてしぜんに足を踏み出します

 

歩くと上前がはらりとひるがえって、裾に動きができます。

 

そして袷(あわせ)の着物なら、裾回し(八掛け)がちらりちらりと、歩みに合わせてリズミカルに見え隠れします。

 

ここは着物のいいところのひとつですね。

 

でも長じゅばんが見えてしまうようで、その良さも半減です。

 

着物の前の合わせが少なくて開きやすい場合には、右手で着物の上前を軽く押さえて歩きます。

 

これで「しとやかそう」な姿で歩くことができます。

 

 

歩き方の基本

 

・普段よりすこし内またぎみに、洋服のときより歩幅は小さめにしましょう。

 

・前合わせが開きやすいので、右手できものの上前を押さえて歩くときれいに見えます。

 

・ 階段では、右手で上前をつまみ持って上がります。

 

・降りるときは、足を少し斜めにして降ります。

 

・振袖では袖を踏まないように、左右のたもとを重ね左手で下から支えるように持ちます。

 

 

いすに座るときの所作

 

しわがよらないように、ヒップからひざにかけてきものの後ろ側をなでるようにして着席します。

 

帯をつぶさないように、背もたれには寄りかからないで浅めに座ります。

 

背筋をのばして両ひざをつけ、ぞうりのつま先は内またぎみにして座りましょう。

 

着席・離席は左側からが基本です。

 

長時間いすに座る場合は、こぶし一つ分くらいひざをあけておくと楽です。

 

 

お茶や食事をいただくときの所作

 

着物を着ての失敗談で一番多いかもしれないのが、お茶や食事のときの失敗です。

 

長いたもとでグラスを倒したり、汁物にたもとがぬれてしまったり。

 

そこでお茶や食事をいただくときは、たもとがテーブルの上にのらないよう、片方の手で袖口の下あたりをおさえるようにしましょう。

 

遠いところの料理に手を伸ばすときは、ムリに取ろうとせず、近くまで寄せてもらうことを考えましょう。

 

たもとが邪魔だからといって、ひじまでまくり上げてとか、ひじをはって食事をするなんてことはしないでくださいね。

 

 

車に乗り降りするときの所作

 

着物のおしゃれをしていると、車に乗せてもらうチャンスも多いでしょう。

 

そんな時に頭から乗り込んで、裾がくちゃくちゃになってしまった!ということのないようにしましょうね。

 

車にのるときは、足を残したまま車外からシートに腰かけます。

 

そしてお尻を軸にして、両足をそろえたまま、体をまわして前を向きます。

 

降りるときは逆の手順で、まず車外に両足を出してから、体全体を外に出します。

 

※平成20年からは後部座席もシートベルト着用義務となりました。帯の形は降りてから直しましょう。

 

 

手を上げるときの所作

 

電車バスなど乗り物に乗ってつり革につかまるとき、手を上げて二の腕が見えてしまうのは見苦しいものです。

 

つり革につかまらなくてはならないときは、つかまらない方の手で袖口をつまんでひじまでで止めましょう。

 

また待ち合わせで合図するとき、手をふることがありますが、そのときも肘をバストより上に上げないようにするか、片方の手で袖口をおさえましょう。

 

 

トイレに入るときの所作

 

着物を汚さないために、できるだけ広い洋式トイレを利用しましょう。

 

まずは、上前と下前のつま先を持って、すそを後ろ側まで大きくまくります。

 

すそが落ちないように、つま先を帯の上からはさみます。

 

長じゅばん・すそよけも同じ手順です。

 

出るときは、後ろ側のおはしょりと帯のたれが、上にまくれていないか確認しましょう

 

 

座布団に座るときの所作

 

まず、座布団の後ろ端に、両ひざが少し乗るように正座をします。

 

そして座布団の両端に軽く握った四本の指をつき、その指に体重をかけて身体をうかせスッと前へ移動します。

 

または、片ひざずつ身体をにじりよせていく方法もあります。

 

立ったまま座布団の上に乗るのは、マナー違反になるので気をつけましょう。

 

 

着物を着たときの所作ができるだけで着物美人

 

以上の点を意識したり注意しておけば、どこから見てもあなたは「着物に慣れた美人」ということになるでしょう。

 

着物を着ているとそれだけで周囲は注目しますから、事前に練習をしておくといいですね。

 

自信をもって行動できないうちは、街でお手本になるような人を見つけて、観察したりマネしたりしてみてください。

 

一緒にいる人にいやな思いをさせないために、そして自分が感じのよい人だと思ってもらえるために。

 

着物に慣れないうちは、小さなトラブルがあるかもしれませんが、それにめげずに着物でのお出かけを楽しんでくださいね。

 

 

<余談・私の失敗談>

 

はじめのころは、数々の失敗をしました!

 

階段で草履が脱げたり、下がってきた上前を踏んでしまったり、たもとをドアノブに引っ掛けたり(脇が破れてしまいました!ワイングラスを倒してテーブルを汚してしまったり。。。。

 

「せっかちなので」という言い訳もできませんね。。。

 

一度経験すると、失敗しなくなりますけどね。^^

 

きらこ よしえ

 

では次にお進みください⇒講座「上級までの道のり」その12「着物・長じゅばん・帯のたたみ方(名古屋帯・半幅帯・袋帯)」


スポンサーリンク










二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

関連ページ

講座「着物着付け上級までの道のり」その1「着物のメリット・利点はこんなにあった!」
講座「上級までの道のり」その2「着物のデメリット・弱点・悪いところ」
講座「上級までの道のり」その3「長じゅばんと半衿・ばち衿と広衿に半衿をつける方法」
講座「上級までの道のり」その4「長じゅばんをすっきりと着る・長じゅばん基礎知識と仕立て方も」
講座「上級までの道のり」その5「足袋の形状・はき方・洗い方」
講座「上級までの道のり」その6「草履と下駄・はじめての草履・歩き方・雨用」
講座「上級までの道のり」その7「半幅帯結び・文庫・貝ノ口・リボン返し」と「発展形を結ぶ」
講座「上級までの道のり」その8「名古屋帯の形状・名称・種類・お太鼓の結び方」
講座「上級までの道のり」その9「帯締め帯揚げの知識と結び方」「似合うお太鼓の形」
講座「上級までの道のり」その10「普段着(おしゃれ着)着物の着方とチェックポイント」
講座「上級までの道のり」その12「着物・長じゅばん・帯のたたみ方(名古屋帯・半幅帯・袋帯)」
講座「上級までの道のり」その13「柔らか着物の種類と特徴・着付けのコツ」
講座「上級までの道のり」その14「魅力的な着物まわりの小物で楽しみアップ・扇子や根付など」
講座「上級までの道のり」その15「着物姿を美しく写真に残す」「衿合わせ上級編」
講座「上級までの道のり」補足・着つけのときの体型補正と着姿が映える補正について

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方