きもの物語

講座「上級までの道のり」その10「普段着(おしゃれ着)着物の着方とチェックポイント」

スポンサーリンク

講座「上級までの道のり」その10「普段着(おしゃれ着)着物の着方とチェックポイント」

普段着物(おしゃれ着物)着方

講座「上級までの道のり」の10ページ目です。

 

お待たせしました、「着物の着方」の練習をします。

 

お太鼓結びをするための小物のお話も済みましたから、着付けの練習にはいります。

 

練習用の着物は、「ウール」「木綿」「つむぎ」のいずれかが滑りにくくて扱いやすいです。

 

それでは始めます。

 

 

普段用着物で練習開始

 

下着、足袋をつけたら、ウエストの細い方はタオルなどで補正をしてください。

 

長じゅばんにを体にぴっちりと張り付くように着ます。

 

そして着物がそのまま長じゅばんの上に重なるように着つけます。

 

えもんの抜き具合も衿合わせも、長じゅばんの段階で決めてから着物をのせます。

 

長じゅばんの衿が緩んでいたり、中心がずれていたりすると、着物を上手くその上にのせることはできません。

 

着物が着崩れるは原因は、長じゅばんにある場合も多いので、慣れるまでは長じゅばんにも手を抜かないようにしてください。

 

 

長じゅばんの着付けを忘れた方は確認しておいてください⇒「講座「上級までの道のり」その4「長じゅばんをすっきりと着る・長じゅばん基礎知識と仕立て方も」

 

 

普段用(おしゃれ着用)着物の着方

 

礼装でない着物、普段用(おしゃれ着用)の着物の着方を説明します。

 

長じゅばんに半衿がついていて、衿芯が入れてありますね。

 

下半身を整える

 

着物の最初は下半身を整えることからです。

 

・着物を羽織り、長じゅばんのたもとをもって、着物の袖に腕を通します。

 

・掛け衿のところを合わせて、左右対称に着ていることを確認します。

 

・衿の先から20センチくらいのところをもって、左手で持っている上前から位置を決めます。(上前は右のももが前から見えないくらいの位置)

 

・いったん上前をはずして、下前を左脇にもっていき先を10センチほどあげて手をはなします。

 

・上前を決めた位置にもっていき、先を数センチあげます。

 

・腰骨の数センチ上で腰ひもをぎゅっと締めます。

 

・背中の腰ひもの下のシワを左右によせてとります。

 

 

上半身を整える

 

次に上半身を整えます。

 

・袖の下の空いているところ(身八つ口)から手を入れて、手刀にしておはしょりをまっすぐにします。

 

・掛け衿の位置を合わせて、下前の衿のおはしょりのところを三角に折りあげます。

 

・長じゅばんの衿が1.5センチほど見えるように上前の衿を決めます(首の横は長じゅばんの衿と着物の衿が同じ高さです)。

 

・腰と胸の間で、腰紐をしめます(このとき締める紐を胸紐とよびます)。

 

・背中のシワを脇の方によせ、胸のシワは胸紐の下に引いて、上半身を整えます。

 

・おはしょりの底が腰骨のあたりになるように平行にして、だて締めをその上に締めます。

 

・伊達締めは二度掛けして、クロスし、端は挟み込みます。

 

 

以上で女性の着物姿の完成です。

 

背の方のおはしょりは、お太鼓結びをすると隠れるので、あまりきちんと整えなくてもかまいません。

 

 

着物着付けのチェックポイント、気をつけたいこと

 

着物を着る際に、一番気をつけたいのは衿合わせです。

 

正面から見て、半衿が左右同じ寸法で見えるように、鏡を見ながら衿の前を合わせます。

 

上半身のゆるみやシワはできる限りとっておきます。

 

着物のすその位置は、くるぶしが隠れる程度にしあげます。

 

 

出来上がり鏡を見ながらのチェックポイント

 

1)えもんの抜き具合は、指3・4本分くらい。

 

2)半衿が左右同じ幅で見えていること。

 

3)すそ線が真っ直ぐであること。

 

4)つま先が少し上がっていること(下前が出ていないこと)

 

5)腰から下にゆがみやだぶつきがないこと。

 

これらのチェックを毎回行っていくうちに、だんだんと着物が身体に馴染んでくるはずです。

 

そして、お太鼓を結んでみて、こちらも上手くできるようになったら、てどんどん外に出て行くようにするといいですね。

 

実際に着て過ごすことで、腰ひもを締める強さや、衣紋がつまってこないかどうかなどが確認できます。

 

 

着付け練習の頻度と上達

 

練習は継続する方が身につきます。

 

毎日1〜2回ずつ続ければ、すぐにも上達するでしょう。

 

一週間に1回だけでは、体が覚えにくいでしょう。

 

できれば一日か二日おきには練習をしてみてください。

 

そうすれば3〜4回で、外出してみようかなと思えるようになるでしょう。

 

手順がわかって覚えてくれば、スピードは上がっていきます。

 

鏡の前で、着物姿ができあがっていくのを楽しんでください。

 

 

では次の所作・立ち居振る舞いの講座へどうぞ⇒講座「上級までの道のり」その11「着物を着たときの所作・立ち居振る舞いについて」




スポンサーリンク








二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

関連ページ

講座「着物着付け上級までの道のり」その1「着物のメリット・利点はこんなにあった!」
講座「上級までの道のり」その2「着物のデメリット・弱点・悪いところ」
講座「上級までの道のり」その3「長じゅばんと半衿・ばち衿と広衿に半衿をつける方法」
講座「上級までの道のり」その4「長じゅばんをすっきりと着る・長じゅばん基礎知識と仕立て方も」
講座「上級までの道のり」その5「足袋の形状・はき方・洗い方」
講座「上級までの道のり」その6「草履と下駄・はじめての草履・歩き方・雨用」
講座「上級までの道のり」その7「半幅帯結び・文庫・貝ノ口・リボン返し」と「発展形を結ぶ」
講座「上級までの道のり」その8「名古屋帯の形状・名称・種類・お太鼓の結び方」
講座「上級までの道のり」その9「帯締め帯揚げの知識と結び方」「似合うお太鼓の形」
講座「上級までの道のり」その11「着物を着たときの所作・立ち居振る舞いについて」
講座「上級までの道のり」その12「着物・長じゅばん・帯のたたみ方(名古屋帯・半幅帯・袋帯)」
講座「上級までの道のり」その13「柔らか着物の種類と特徴・着付けのコツ」
講座「上級までの道のり」その14「魅力的な着物まわりの小物で楽しみアップ・扇子や根付など」
講座「上級までの道のり」その15「着物姿を美しく写真に残す」「衿合わせ上級編」
講座「上級までの道のり」補足・着つけのときの体型補正と着姿が映える補正について

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方