きもの物語

講座「上級までの道のり」その8「名古屋帯の形状・名称・種類・お太鼓の結び方」

スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

講座「上級までの道のり」その8「名古屋帯の形状・名称・種類・お太鼓の結び方」

袋名古屋帯

講座「着物着付け上級までの道のり」の8ページ目です。

 

ここでは「名古屋帯についての詳しい説明」と、「名古屋帯でお太鼓が結べるようになる」のを目的にお伝えします。

 

  • 名古屋帯の形状
  • 各部位の名称
  • いわれ
  • 種類
  • 柄つけによる呼び方
  • お太鼓の結び方

 

を紹介します。

 

スポンサーリンク


 

名古屋帯の形状・詳細説明

 

着物姿の女性を街で見かけると、たいてい「お太鼓結び」をしています。

 

このお太鼓結びをする帯が、「名古屋帯」です。

 

胴に巻く部分はお太鼓の幅の半分で、約15センチくらいの幅です。

 

胴に2回巻いてから、「太鼓枕(たいこまくら)」と呼ばれる枕でお太鼓の形をつくります。

 

 

名古屋帯の各部位の名称

 

名古屋帯の部位ごとの名称をまず見てみましょう。

 

名古屋帯の各部位の名称

 

名古屋帯の各部位の名称は、

 

  • 巻き始める方を「て先」
  • 背中で柄をみせるところが「お太鼓」
  • お太鼓の先のところを「たれ先」

 

といいます。

 

胴に巻くところを「胴帯」と呼ぶことがあります。

 

 

名古屋帯のいわれ

 

名古屋帯は、名古屋市の女学校の先生が考案したことで「名古屋帯」と名称され、広く全国に広まりました。

 

名古屋帯が考案されるまでは、胴に巻く部分を半分に仕立ててある形の帯はありませんでした。

 

この名古屋帯の形状が考案されたことで、お太鼓結びをする時間が短縮され、従来の帯より生地が少なくて済むようになりました。

 

その斬新さ合理的なことから、名古屋帯の利用が急速に広まっていったそうです。

 

名古屋帯が考案されたのは大正7〜8年ごろのことで、考案者は越原春子さんといいます。

 

帯の形状が合理化されたいきさつなどはこちら⇒「袋帯から名古屋帯へ・帯の合理化は今も続く

 

 

名古屋帯の種類

 

名古屋帯は、お太鼓結びをするとみな同じ形にできあがるのですが、仕立て方はいくつかあります

 

一般的な名古屋帯

 

普通の名古屋帯

 

手先から胴に巻く部分を、お太鼓の半分の幅に仕立て済みのものです。

 

お太鼓に芯がはいっているので、胴に巻きつけやすくお太鼓を形成しやすいです。

 

 

袋名古屋帯

 

袋名古屋帯

 

お太鼓部分が袋状になっているもので、厚手の帯用の生地でできています。

 

カジュアルなおしゃれ用が多いです。

 

 

額縁仕立ての名古屋帯

 

額縁仕立ての名古屋帯

 

手先と胴に巻く部分に、芯か厚手の木綿生地が取り付けてあり、半分の幅にはしてありません。

 

締めるときに折って巻きます。

 

胴の前にくる幅を好みの幅にできるので、背の高い人が幅を出して使うのに適しています。

 

 

新名古屋帯

 

名古屋帯の仲間にはその他に、「新名古屋帯」と呼ばれるものがあります。

 

新名古屋帯は、表裏が別布で帯の長さが名古屋帯と同じです。

 

胴に巻く部分も同じ幅で仕立ててあります

 

新名古屋帯は、「昼夜帯」や「京袋帯」とも呼ばれることがあります

 

現代では利用者は減っているかもしれません。

 

表も裏も両方使えるもの(今でいうリバーシブル)、また表は表、裏は裏として使用するものもあります。

 

新名古屋帯は、やや厚手の生地で芯はなく、普段着〜おしゃれ着として着まわせる色柄の生地が多いです。

 

 

柄の位置による名古屋帯の呼び方

 

お太鼓を結ぶための名古屋帯は、柄のつき方によって呼び分けています。

 

  • 帯全部に柄のあるタイプを、「全通柄の名古屋帯
  •  

  • 六割くらいに柄のあるタイプを「六通柄の名古屋帯」
  •  

  • お太鼓と前の胴帯部分のみに柄のあるのを、「お太鼓柄の名古屋帯」または「ポイント柄の名古屋帯」

 

と呼び分けます。

 

価格的には、柄の多いものの方が比較的高価のようです。

 

 

名古屋帯は利用範囲が広い

 

名古屋帯は、材質・色柄が豊富です。

 

普段着に向く名古屋帯から準礼装に向くものまで、さまざまあります。

 

これから着つけのお稽古用にするなら、「袋名古屋帯」が扱いやすいでしょう。

 

ただし、あまり柔らかいものは結びにくいです。

 

 

名古屋帯でお太鼓を結ぶ・結び方

 

それでは着物を着て、お太鼓を結んでみましょう。

 

お太鼓を結んで着物姿を完成させるには、「帯締め」「帯揚げ」「帯枕」「帯板」が必要です。

 

帯締め・帯揚げ・帯枕・帯板

 

 

結んであげている様子で、写真つきでの解説です⇒「お太鼓(名古屋帯)の結び方を詳しく解説しました

 

そのほか、お太鼓の着物姿になるのに必要なものをすべて並べてみました。

 

どんなものが必要かみておいてくださいね。⇒「着物のとき必要なもの・準備するものを全部紹介します(お太鼓結びの場合)

 

 




スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら



  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

関連ページ

講座「着物着付け上級までの道のり」その1「着物のメリット・利点はこんなにあった!」
講座「上級までの道のり」その2「着物のデメリット・弱点・悪いところ」
講座「上級までの道のり」その3「長じゅばんの役割や種類、半衿のとりつけ方法(ばち衿・広衿)」
講座「上級までの道のり」その4「長じゅばんをすっきりと着る・長じゅばんの仕立て方」
講座「上級までの道のり」その5「足袋の形状・はき方・洗い方」
講座「上級までの道のり」その6「草履と下駄・はじめての草履選び・歩き方・雨用」
講座「上級までの道のり」その7「半幅帯結び・文庫・貝ノ口・リボン返し」半幅帯のチェックポイント
講座「上級までの道のり」その9「帯締め帯揚げの知識と結び方」「似合うお太鼓の形」
講座「上級までの道のり」その10「普段着・おしゃれ着の着物の着方とチェックポイント」
講座「上級までの道のり」その11「着物を着たときの所作・立ち居振る舞いについて」
講座「上級までの道のり」その12「着物・長じゅばん・帯のたたみ方(名古屋帯・半幅帯・袋帯)」
講座「上級までの道のり」その13「柔らか着物の種類と特徴・着付けのコツ」
講座「上級までの道のり」その14「魅力的な着物まわりの小物を活用・扇子根付帯留めなど」
講座「上級までの道のり」その15「着物姿を美しく写真に残す」「衿合わせ上級編」
講座「上級までの道のり」補足・着つけのときの体型補正と着姿が映える補正について

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方