きもの物語

講座「上級までの道のり」その6「草履と下駄・はじめての草履・歩き方・雨用」

スポンサーリンク

講座「上級までの道のり」その6「草履と下駄・はじめての草履・歩き方・雨用」

畳表の草履と外出用白い草履

講座「着物着付け上級までの道のり」6ページ目です。

 

ここでは着物のときの履物の「草履と下駄」について詳しくお伝えします。

 

女性だけに限っていますが、草履と下駄の利用の割合は、9:1くらいでしょう。

 

外出用としてはほとんどの人が、草履(ぞうり)をはいています。

 

下駄は浴衣のシーズンくらいで、普段着物で暮らしている人がはくはきものです。

 

歩き方・初めての草履の選び方・雨のときの草履や下駄についてもお伝えします。

 

まず草履のことからお話しします。

 

 

着物のときの履物「草履」

 

着物で外出の方がはいているのは、ほとんど「草履」です。

 

現代はおしゃれ着から礼装用まで、ほとんどの人が草履をはいています。

 

草履は、底が平らな履き物で、エナメル、畳表、布、蛇皮など、実にさまざまな素材があります。

 

着る着物との調和を考えながら、選びます。

 

 

礼装着物とそれ以外の時の草履

 

一般に、礼装用にはかかとが高く、牛革、佐賀錦、畳表、エナメルなどで作られています。

 

礼装以外であれば、かかとは低めで、金銀の華やかなものでなければ好みで選べます。

 

 

草履のはき方と歩き方

 

草履のはき方は、はいてかかとが少しはみ出すくらいの大きさのものにします。

 

草履は底が平らなため、何気なく歩くとべたっべたっと音をたてることがあります。

 

そうならないよう、前つぼのところを親指と人差し指に力を入れてはさみ、足裏にぴったりつくように歩きます。

 

すると引きずったり音をたてることなく歩けます。

 

(すべらかに足を着地させるために、かかとがはみ出ていた方がよい)

 

 

雨の日の草履

 

もし雨の日に草履をはかなくてはならない場合は、草履にかぶせるだけの、透明のビニールを利用します。

 

ほんの一時雨の中を歩かなくてはならないような時、あるいは道中雨が降りそうな時の携帯用として、使用します。

 

出かける前から雨の時には、「雨天用草履」をはきます。

 

雨天用草履

 

これは、草履の素材が雨に強く、前方がビニールで被われています。

 

出かける機会が増えてきたら、ひとつ用意しておくといいものです。

 

 

初めての草履選び

 

最初にあまりに個性的な草履を選ぶと、他の着物に対応できなくなります。

 

そこで、今後着物が増えてくるとして、いくつかの着物に合わせやすい草履を選ぶのが賢明です。

 

最初に選ぶにあたっては、やはり無難な色目で形も一般的な小判型のものがよいです。

 

私がおすすめするのは、「かかとが4センチ程度の、茶色 か えんじ色 の草履」です。

 

普段着物からおしゃれ着物まで合わせやすいです。

 

最初は着物を着てのお出かけの用意をするのに、精一杯かもしれません。

 

「出かける前に、疲れた〜〜」ということのないよう、足元は無難なところで手をうっておきましょう。

 

 

着物のときの履物「下駄」

 

二枚歯の下駄

 

下駄は、木製で歯がついていて、着物で暮らしていたころは日常に誰もが用いていた履き物です。

 

下駄といえば2本歯のものでしたが、ゆかたを着る人が増えてからは、歯ではなく草履のような底をしているタイプの下駄も登場しました。

 

下駄に慣れない人が多いので、歩きやすさを優先した形状です。

 

最近では、サンダルのような下駄も若い女性に人気があります。

 

滑り止めのゴムが底に貼ってあるものは、舗装した道でも歩きやすいです。

 

 

下駄は雨天時も同じものを使用できる

 

二枚歯の下駄と爪皮(つまかわ)

 

下駄は木で作られているので、雨の時にも利用します。

 

雨の中を歩くには、下駄の前に「つまかわ(爪皮)」と呼ばれる、ゴムつきのカバーを掛けるだけで雨下駄になります。

 

「つまかわ(爪皮)」はカラフルなものがありますから、足元のおしゃれとして楽しんでください。

 

外出から戻ったら、濡れた下駄と爪皮は滴をふいて、良く乾かしておきます。

 

 

下駄利用の注意点

 

夏浴衣を着るときに下駄をはきますが、白木の下駄にはちょっと注意です。

 

見た目の涼しさから白木の下駄をはきたいですが、足の跡がつきやすいので、その都度汚れをよくふき取るようにしましょう。

 

また二本歯の下駄は慣れないと、とても歩きにくく疲れます。

 

歩く姿もぎこちなかったりします。

 

長時間はくのであれば、初心者は歯のないタイプを選ぶ方が良いと思います。

 

 

自分の足に合わせて鼻緒をすげるがベスト

 

足の形はみなそれぞれ違いがあるので、既製品では合わないこともあります。

 

一番いいのは、昔からそうであるように、台と鼻緒を選んで、自分の足に合うよう調整してすげてもらうのがよいですね。

 

草履も下駄も、鼻緒を取り付けるところは開閉できるので、調整だけ別途頼むこともできます。

 

気をつけなくてはいけないのは、雨天用の草履です。

 

雨が侵入しないようにしてあるので、底に鼻緒を調整できる穴がありません。

 

また安価な草履の中には、調整する穴がないものもありますので、注意してください。

 

 

※下駄や草履のお手入れについてはこちらを参考にしてください⇒「草履・下駄のお手入れ

 

そでれは次回は半幅帯結びについてです⇒講座「上級までの道のり」その7「半幅帯結び・文庫・貝ノ口・リボン返し」と「発展形を結ぶ」




スポンサーリンク








二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

関連ページ

講座「着物着付け上級までの道のり」その1「着物のメリット・利点はこんなにあった!」
講座「上級までの道のり」その2「着物のデメリット・弱点・悪いところ」
講座「上級までの道のり」その3「長じゅばんと半衿・ばち衿と広衿に半衿をつける方法」
講座「上級までの道のり」その4「長じゅばんをすっきりと着る・長じゅばん基礎知識と仕立て方も」
講座「上級までの道のり」その5「足袋の形状・はき方・洗い方」
講座「上級までの道のり」その7「半幅帯結び・文庫・貝ノ口・リボン返し」と「発展形を結ぶ」
講座「上級までの道のり」その8「名古屋帯の形状・名称・種類・お太鼓の結び方」
講座「上級までの道のり」その9「帯締め帯揚げの知識と結び方」「似合うお太鼓の形」
講座「上級までの道のり」その10「普段着(おしゃれ着)着物の着方とチェックポイント」
講座「上級までの道のり」その11「着物を着たときの所作・立ち居振る舞いについて」
講座「上級までの道のり」その12「着物・長じゅばん・帯のたたみ方(名古屋帯・半幅帯・袋帯)」
講座「上級までの道のり」その13「柔らか着物の種類と特徴・着付けのコツ」
講座「上級までの道のり」その14「魅力的な着物まわりの小物で楽しみアップ・扇子や根付など」
講座「上級までの道のり」その15「着物姿を美しく写真に残す」「衿合わせ上級編」
講座「上級までの道のり」補足・着つけのときの体型補正と着姿が映える補正について

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方