春秋冬の三シーズンに着られる着物や帯で着回し自在

春秋冬の三シーズンに着られる着物や帯で着回し自在

スポンサーリンク

春秋冬の三シーズンに着られる着物や帯で着回し自在

中年の着物姿の女性・季節を問わない着物

着物は季節に応じた着こなしができるところが魅力ですが、特定の季節に1〜2回着るだけでそろえるのは大変なことです。

 

また「きものは季節感のある着こなしをすべき」という思い込みが、もしかしたら着物を難しくしているのかもしれません。

 

そこで袷(あわせ)の季節、秋、冬、春の三シーズンに気兼ねなく着るためには、どんな着物や帯が適しているかを考えてみました。

 

袷の季節は、10月から5月です。

 

この約8か月の期間着まわすことができるとなれば、少ない数の着物と帯でも、コーディネートできるバリエーションが増え、着物の機会が増えますよ。

 

スポンサーリンク


 

三シーズンの着こなしに無地ものを

 

三シーズンの着こなしにまず一番最初にあげたいのが、無地の着物や帯です。

 

無地のもの、つまり一色の色のものですね。

 

淡い色合いで暖色系、黄色、黄緑色は、三シーズン合わせやすいです。

 

寒色系の無地でも悪くはないですが、温かみを感じたいので冬はできるだけ避けた方がよいでしょう。

 

そして着物が無地なら、帯は以下でお話しするような柄をもってくるとよいです。

 

<下の写真は深緑色の無地の着物に唐花をモチーフにした帯で三シーズンに合わせられるコーディネート例>

 

深緑色の無地の着物に唐花をモチーフにした帯で三シーズン合わせられるコーディネート例

 

三シーズンは幾何(きか)文様を活用

 

縞模様、格子模様、そして市松模様は、シンプルな模様ですし季節感がありません。

 

また、和柄の中でも、七宝繋ぎ、青海(せいがい)波、網目、籠目(かごめ)、麻の葉などの幾何文様なら、春秋冬の季節を考えなくても大丈夫です。

 

色数を抑えてあれば、より合わせやすいと思います。

 

<下の写真は麻の葉模様の着物に黄土色のほぼ無地の帯を組み合わせた季節三シーズン向きのコーディネート例>

 

朝のは模様の着物とベージュでシンプルな帯のコーディネート例

 

 

春秋冬に四季のモチーフを

 

四季の草花が描かれている場合は、季節を問わず着用できます。

 

ひとつ二つでなく、数種類かそれ以上の草花が描かれていて、季節を限定していないと思われるモチーフのものです。

 

たとえば、桜の花、藤、桔梗、菊、椿、梅などの花が描かれている場合。

 

草花の場合は、草だけでなく花が合わせて描いてありますから、描かれている花の季節を考えて判断しましょう。

 

 

季節を問わないモチーフをフル活用

 

そのほかにも、和服の柄の中で季節を問わないモチーフ、模様がありますから、大いに活用しましょう。

 

季節を問わないモチーフは、

 

・吉祥文様としてパターン化した柄(吉祥文様は、おめでたい意味のある模様で、鶴・亀・鳳凰・松竹梅・宝尽くしなどをいいます)

 

・実際に存在しない唐花や唐草

 

・源氏香(げんじこう)やかんざし、矢羽などの道具や器物

 

・兎・雀・蝶・千鳥などの動物や昆虫の模様

 

・海外から入ったオリエンタル文様やコプト文様、更紗文様

 

以上のように、季節が限定されない着物や帯はたくさんあります。

 

自分の好きな色、似合う色を使ってみたり、好きな幾何学模様を取り入れてみるなどして、着回ししやすいものを組み合わせてみてください。

 

 

迷ったら無地の着物に好きな模様の帯を合わせる

 

もっともシンプルですが合わせやすいのが、無地の着物でしょう。

 

着物は大きな面積を占めるので、印象を大きく左右します。

 

着物を着ていても、周囲からあまり浮いてしまいたくない、というなら、ベージュやグレーの落ち着いた無地の着物にすると、何種類かの帯が合わせられるはずです。

 

無地に近い着物で、ぽつぽつと少し柄がはいってるだけの着物も、無地同様に帯を合わせやすいです。

 

 


スポンサーリンク










二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

関連ページ

絶対自分で!華やかな訪問着の着付けをマスター・お友達と一緒に
真冬に浴衣のけいこ・その日におさらいで着実に上達のFさん
お茶のお稽古に着物でTさんの二重太鼓の練習風景
お嬢様の成人式に参列・訪問着の自装練習中のSさん
七五三詣り二児のお母様として訪問着の練習中の知世さん
秋の始まりの着物姿・紅葉の柄の帯をいつもの着物に
訪問着に二重太鼓・品のよい色気を考えながら着こなす梨紗さん
芯なし昼夜帯(腹合わせ帯)のアレンジ結び・春秋冬のプライベート着物に
麻着物と絽袋名古屋で装う夏のコーディネート例(40代50代)
おろしたての麻名古屋帯で装う涼やかな夏のお出かけ着の恵さん
他装(浴衣を着せてあげる)の基本をマスター・浴衣姿がお手本になるゆき子さん
一度の練習で浴衣モデルに・祐子さんの選んだコーディネート
入学式(卒業式)のお母様(母親)の着物と準備
教員(先生)の袴姿・送る立場での装い方
絽の紅型着物に麻の帯で誰にも負けない上質なおしゃれのKさん
初夏に楽しみたい縞木綿の着物
季節を問わない着物姿(普段着〜お出かけ着)40代以降
夏のおしゃれ着物コーディネート例(薄物カジュアル)
歌手坂本冬美さんの紅白歌合戦の衣装・着物でブーツ姿がステキでした
着物コーディネート紬・40代以降のおしゃれ着の例
袴姿(女性の卒業袴)と着付け方法

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方