「開き仕立て(鏡仕立て)」と「松葉仕立て」の名古屋帯の仕立て方

「開き仕立て(鏡仕立て)」と「松葉仕立て」の名古屋帯の仕立て方

スポンサーリンク

「開き仕立て(鏡仕立て)」と「松葉仕立て」の名古屋帯の仕立て方

開き仕立ての名古屋帯(鏡仕立ての名古屋帯)

名古屋帯は結んでしまえばどれもお太鼓ができる帯ですが、仕立て方によって「開き仕立て(鏡仕立て)の名古屋帯」と「松葉仕立て名古屋帯」があります。

 

最も一般的な名古屋帯は別にありますが、この二つの仕立て方も、着物好きの方にとっては当たり前の仕立て方です。

 

一般的な名古屋帯は、「手」と「胴」の部分をお太鼓の幅の半分の幅の出来上がりにしたもので、最初はこれが一番扱いやすいです。

 

名古屋帯には他に、「京袋帯」と呼ばれる帯があり、袋帯と同じ形状で長さが一重太鼓ができる3メートル60〜70センチほどのものがあります。

 

ここでは「開き仕立て(鏡仕立て)」の名古屋帯と「松葉仕立て」の名古屋帯についてどんなものか見てみましょう。

 

スポンサーリンク


 

開き仕立ての名古屋帯の仕立ての仕組み

 

開き仕立てというのは「鏡仕立て」とも言われています。

 

胴に巻く部分を開いて仕立ててあります。

 

「開き仕立ての名古屋帯」なので⇒「開き名古屋」と呼んでいます。

 

開いている部分は帯の芯がそのまま見えていますが、帯の芯を隠すため薄い別布をつけることもあります。

 

まずは形状をみていただくと分かりやすいですね、これが手先の裏側です。

 

開き仕立ての名古屋帯(鏡仕立ての名古屋帯)

 

これがお太鼓の始まるところまで続いています。

 

そして、太鼓の部分のはじまりです。

 

開き仕立ての名古屋帯(鏡仕立ての名古屋帯)

 

左の赤い生地が、太鼓部分の裏生地です。

 

 

「開き仕立ての名古屋帯」のよいところ

 

「開き仕立ての名古屋」のよいところとしては、胴に巻く部分の幅を自分の好みで調整できるところです。

 

太鼓の半分の幅ではちょっと狭いという人にとっては、幅をもう少し広くすることができるので、帯を結んだときの前姿のバランスがよくなるという利点があります。

 

身長が高いと太鼓の幅の半分の15センチでは狭く感じるものです。

 

現代は身長の高い女性も多いので、胴の帯幅が17センチほど欲しいという人は、この「開き仕立ての名古屋帯」にするとバランスがよくなります。

 

一般的な名古屋帯では、胴に巻く部分の幅がすでに仕立て上がっているので変更ができません。

 

一般的な名古屋帯の胴の幅は、15センチから16センチ弱ですので、身長の高い方はちょっと物足りないかもしれませんから。

 

 

「開き仕立ての名古屋帯」もう一つの利点

 

他の名古屋帯に比べるとということですが、開き仕立ての名古屋帯にはもうひとつ利点があります。

 

それは通常の長さでは帯が短いとき、足し布を足しやすいということです。

 

「通常の長さでは帯が短い」というのは、端的にいえば「ふくよかな人」ということです。

 

ふくよかな人の場合、体に二重巻いて思うような形にお太鼓が出来上がらないということがありますから、そんなときに布を足すわけです。

 

帯に布を足すのに「開き仕立ての名古屋帯」なら、太鼓と胴帯の間、または胴に巻き始める位置に布を足しやすいのです。

 

布を足しやすいということは、仕立て直しの費用も抑えられるということです(場合によっては自分で足すこともできるかもしれませんね)。

 

 

松葉仕立ての名古屋帯とは

 

では次に「松葉仕立ての名古屋帯」について見ていきましょう。

 

「松葉仕立て」というのは、開き仕立ての名古屋帯の手先の先の方だけを、閉じる仕立て方です。

 

手先を半分幅に綴じた(とじた)だけです。(写真の帯は綴じていないのですが、綴じるとしたらクリップのあるあたりまでで、約15センチほどです)

 

開き仕立ての名古屋帯(鏡仕立ての名古屋帯)

 

なぜそれだけ?と疑問に思いますね。それだけ綴じただけでもお太鼓の手先の処理がしやすいからです。

 

手先はお太鼓にしたとき、1〜2センチ見えるだけ(角出し・銀座結びの場合は5〜6センチ)ですが、きちんと半分幅になっていないと、裏生地が見えたりしてキッチリ感が減少してしまいます。

 

そこで手先の幅を少しだけ綴じておけば、乱れることなく安心です。

 

 

名古屋帯の「開き仕立て」「松葉仕立て」仕立て方まとめ

 

長さは3メートル60〜70センチほどの名古屋帯は一重太鼓にできる長さですが、仕立て方は好みで選べます。

 

一般的な名古屋帯は、胴帯の幅が半分幅に仕立ててあるので、誰にでも結びやすくよく使われます。

 

「開き仕立ての名古屋帯」は手先と胴の部分に薄い芯をつけて仕立てるもので、綴じてありません。

 

手先と胴を綴じないことで、胴部分の幅を広くすることができ、着物通や背の高い人が好んでいます。

 

ふくよかな人が帯の長さを増すときに足し布しやすいのも、「開き仕立ての名古屋帯」の特徴です。

 

松葉仕立ての名古屋帯というのは、開き仕立ての名古屋帯の手先を15センチほど綴じたもので、手先の扱いが楽です。

 

以上のことから、開き仕立ての名古屋帯は、身長の高い人、ふくよかで通常の長さの帯では足りない人には好都合な帯です。

 

 

個人的な感想としては

 

「開き仕立ての名古屋帯」はたたむときに簡単だし、軽い芯を使えばつけ心地も楽な気がします。

 

それから二重目に巻く胴帯を、一重目より少しだけ幅広にして使えば、一重目が上端や下端にのぞくこともなく気が楽です。

 

そんな理由もあって身長に関わらず扱いやすいと感じますから、個人的には「開き仕立ての名古屋帯」が好きです。

 


スポンサーリンク










二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方