なんちゃって帯・簡易帯

「なんちゃって帯」「簡易帯」締めないのでラク・家庭用として今も利用

スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

「なんちゃって帯」「簡易帯」締めないのでラク・家庭用として今も利用

なんちゃって帯・簡易帯・昭和初期のもの

「なんちゃって帯」は、前から見ると帯をちゃんと締めている姿に見えます

 

「簡易帯」ともよばれます。

 

「なんちゃって帯」の仕組みは、胴に一重巻く帯にで両端に紐が付いています。

 

帯はマジックテープで留めるものもあります。

 

スポンサーリンク


 

昭和の「なんちゃって帯」の例

 

なんちゃって帯・簡易帯・昭和初期のもの

 

私が受け継いだ写真のものは昭和10年代のころのものと思います。

 

染めの帯地で胴に一重巻きつけ、端には短い帯締めが取り付けられています。

 

名古屋帯の帯地のようで、裏側にも模様があるり、芯がはいっています。

 

表側も裏側も出しても使えるようになっています

 

これをつけていると、帯と帯締めをちゃんとしているように前からは見えます(ちゃんとお太鼓結びをしているように見えてしまいます)。

 

 

「なんちゃって帯」後ろ姿は?

 

ばっちり!な前姿ですが、後ろ姿はというと。。。

 

お太鼓がないので背中はぺたんこです

 

ですから外出のときはつけませんし、家の中にいるときだけの「簡易帯」ということですね。

 

外出時でも、羽織やコートを着ていれば、さして違和感はないでしょう

 

(着物姿をよく知る人にとっては、「あれ?お太鼓がない!」っというのが分かりますが。)

 

 

「なんちゃって帯」は今も便利で活躍中

 

この「なんちゃって帯」は、胴に一重巻くだけで締めなくてもいいんです。

 

帯締めも後ろから前にもってきてしばるだけ。

 

ぎゅっと引き締めたりする必要がないので、つける時も簡単で体にとって非常に楽です

 

ですから家で着物を着ているときにうってつけです。

 

外出の際にも羽織を脱がなければわからないので、この姿で出かけると楽に過ごせます。

 

外出時で活躍する場面

 

そのまま外出するとしても、特に車の運転をするときには背中に飾る結びがないの洋服の感覚と一緒です。

 

ちょっとお買い物程度なら、羽織かコートを重ねていれば問題ありません。

 

運転中の足元は下駄、草履はNGです。

 

 

「なんちゃって帯」「簡易帯」の例・現代版

 

なんちゃって帯・簡易帯現代版、緑無地着物に装着

 

現代の「なんちゃって帯・簡易帯」の前姿です。

 

現代版のなんちゃって帯・簡易帯ピンク地に銀の葉

 

とるとこんな帯、前30センチほどに薄い板がいれてあり、両端の金具に帯締めがつけてあります

 

帯締めの色が微妙に違い帯締めをちゃんとしているようにみえます。

 

帯板まで省略できるので、とっても便利です。

 

着物で旅行するのに最適かも

 

締め付けることのない「なんちゃって帯」は、旅行のときにも活躍します。

 

最初は羽織(またはコート)を身に着けて出かけ、電車・飛行機など背もたれ椅子にすわるときは背中に結びがないので楽に座れます。

 

「帯揚げ・帯締め・帯枕、お太鼓部分」をを持っていき、行先ではお太鼓姿になれるようにしておきます

 

このときの帯は、なんちゃって帯とお太鼓部分が同じ帯です。

 

お太鼓とのセットで利用するには、胴帯とお太鼓部分を分割してある「作り帯」を利用します。

 

「作り帯」の場合はたいていは胴に巻く部分が二重巻けるようになっています。

 

作り帯の参考例です⇒「作り帯」「付け帯」の種類・名古屋帯を加工する、自作もできる注意点など

 

 

「なんちゃって帯」「簡易帯」締めないのでラク・家庭用として今も利用・まとめ

 

着物で暮らしていた昭和30年代初頭くらいまでの時代には、かなり頻繁に使われていたと思います。

 

なんちゃって帯は前からみればお太鼓をしている姿に見えます。

 

お太鼓部分がないので、羽織ものをしても違和感はありますから家庭用です。

 

車の運転、旅行などで乗り物に長時間座るときには「なんちゃって帯」を利用すると楽です。

 

お太鼓部分とセットで持っておけば、お出かけや旅行などに便利です。




スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら



  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

関連ページ

袋帯から名古屋帯へ・着物帯の合理化は今も続く
作り帯の仕組み・お太鼓の市販品(固定型)はこうなっています・詳しく紹介
「作り帯」「付け帯」の紹介・名古屋帯を加工する・デメリットは
昼夜帯(くじら帯・腹合わせ帯)の例・特徴を生かして楽しむ
「開き仕立て(鏡仕立て)」と「松葉仕立て」の名古屋帯・形状や利点について
自分に合う名古屋帯の長さ知ってますか?「部分」の長さは重要です
名古屋帯の構造・各部の名称や柄のつき方、利用範囲を解説してます
名古屋帯とは・特徴や種類・由来を解説します
半幅帯(浴衣帯)の構造・各部の名称や扱い方を解説しています
帯の長さが長すぎてうまく結べないあなたへ・名古屋帯でお太鼓結びがうまくできないときの解決策
帯が緩んできて下がる・ずれる・落ちてしまわないための解決策です(着物浴衣とも同じです)
袋帯(ふくろおび)とは・二重太鼓や変わり結びをする帯・詳しく解説しました
袋帯の構造・各部の名称・合わせる着物・袋帯の種類を解説しています
帯のたたみ方(袋帯・名古屋帯・半幅帯・兵児帯)はここを見れば大丈夫です
丸帯とは
半幅帯・浴衣帯・細帯とは・特徴を写真入りで説明しています
着物のときのへこおび(兵児帯)とは男性女性用・子供用の特徴・大人の女性向結び方

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方