帯枕とは・帯枕の役割や選び方を知って帯結び上達

帯枕とは・帯枕の役割や選び方を知って帯結び上達

スポンサーリンク

帯枕とは・帯枕の役割や選び方を知って帯結び上達

帯枕とは・帯枕の役割や選び方を知って帯結び上達

帯枕は、着物を着るときに結ぶ帯の形を補助する小物の一つで、背中につける小物です。

 

主に名古屋帯でのお太鼓結び、袋帯での二重太鼓や飾り結びの際に用います。

 

帯枕は、着物姿を飾る帯の形を整えたり、アレンジをするのに必要なものなのですが、扱い方のコツを知っていると、あなたの着物姿はいっそう素敵になりますよ。

 

また帯結びに適した帯枕であれば、お太鼓を作るのもとてもスムーズにいくはずです。

 

若い方と年配の方では、帯枕を変えた方が見栄えが良い場合もありますので、ご自分に適した帯枕を選んでください。

 

上手くお太鼓が出来上がらないと不満の方、解消法のワザも紹介しています。お太鼓上達のヒントにどうぞ。

 

ではこれから詳しく見ていきましょう。

 

スポンサーリンク


 

帯枕の役割

 

帯枕は一般的には「お太鼓」をするときに、お太鼓の上部を形作るための小物です。

 

「お太鼓」というのは、名古屋帯や袋帯で「お太鼓結び」をするときの帯の形をいいます。

 

振袖のお嬢さんや浴衣のとき以外で、着物姿の人を見かけることがありますが、そのときの帯の結び方はたいていが「お太鼓結び」をしています。

 

写真のような結び方ですね。

帯枕とは・帯枕の役割や選び方を知って帯結び上達

 

名古屋帯のときは帯の生地が一重ですが、袋帯のときは帯の生地が二重になっています。

 

この形を形作るために、帯枕が使ってありますが、お太鼓そのものは後ろ姿の顔ともいわれるくらい大事な場所なので、お太鼓の大きさや全体の形で、着物姿の雰囲気も大きく変わってきます。

 

そのため帯枕は見えなくても、お太鼓の形を決めるのに大きな役目を果たしています。

 

具体的に言うと、帯枕でも細いもの、ふっくらしたもの、幅の狭いものや広いものがあります。

 

帯枕の形を利用して、カジュアルなお太鼓姿にしたり、立派なお太鼓姿にしたりと、好みの雰囲気を作ることができるわけです。

 

例えば、細くて厚みの少ない帯枕なら、気軽なお太鼓姿の印象になるので、名古屋帯でもカジュアルに装いたいときに適しているということになります。

 

またふっくらと厚みのある帯枕なら、重厚な印象になるので、礼装や正装をする際の袋帯で二重太鼓にするのに適しているということになります。

 

基本的にはこのようにお太鼓の上部を形づくることと、お太鼓の全体の雰囲気を決めるという役割があります。

 

 

帯枕の種類と適した結び

 

帯枕は上記のようにお太鼓結びをするときには必ず使うものですが、その他、振袖や訪問着に袋帯で華やかな帯結び(飾り結び)をするときにも使われます。

 

飾り結びをするときも、結び方や飾り方によって、帯枕を使い分けます。

 

幅は狭いけれどこんもりと丸みを帯びた帯枕、こちらはお太鼓系や文庫系の帯結びをする際に主に用いられます。

 

帯枕とは・帯枕の役割や選び方を知って帯結び上達

 

写真の帯枕は両方とも厚みが6センチ近くあります。

 

普通のお太鼓結びにも使える、通常のタイプの帯枕は、立て矢系、現代帯結びの様々なバリエーションの帯結びに用いられます。

 

帯枕とは・帯枕の役割や選び方を知って帯結び上達

 

上のものは手作りの帯枕(いただきもの)厚みは4.5センチ、下のものはプラスチック製の昔のもの、厚みは3.5センチと薄い(使っていません)。

 

帯結びの形も新しいものがどんどん考案されていますので、帯枕をどう扱うかは、その都度帯結びの考案者がよりよいものを使って提案していますので、一概に今お話ししただけの用い方ではありませんが。

 

いずれにしても、どの帯枕も帯の後ろ姿を印象づけ、華やかな飾り結びを固定するために用いられます

 

ウエスト位置でなく背中の上の方で帯の形が出来上がっている裏では、帯枕が下支えしているからなのです。

 

 

体型・年齢による帯枕の見栄えと扱い

 

体型や年齢によって、できれば使い分けたいのが帯枕です。

 

カジュアルな装いの名古屋帯でのお太鼓結びの場合ですと、若い女性なら大き目のお太鼓が似合うはずです。

 

大き目のお太鼓なら、帯の柄も目立ちますし、水水しい若さを際立たせることができるはずです。

 

それには、厚みがある程度ある帯枕が適しています。

 

反対に年齢があがっていくと、帯枕の厚さは薄い方がふさわしくなってきます。

 

カジュアルといえども、着物も帯も落ち着いた色めを好むようになれば、帯枕は薄目を、優しい雰囲気になるはずです。

 

背中が曲がってくるような年齢なら、薄いだけでなく素材が柔らかいものを選ぶと、着心地もラクです。

帯枕とは・帯枕の役割や選び方を知って帯結び上達

 

礼装や正装の際には、若い方〜熟年層まで、厚みがあって横幅も長いものが二重太鼓をより立派に見せることができます。

 

年齢が高く体が小柄な方は、礼装の際でも体型に合うよう普通タイプの帯枕が適しているでしょう。

 

 

お太鼓を作りやすい帯枕とは

 

「帯結びが上手くできない」というお声を聞くことがありますが、(このときの帯結びというのはお太鼓結びのことを言っています)、よくよく聞くと、帯枕が適していないのでは?と思える方もあります。

 

「帯結ぶの下手なの」と思っている人のうち、「出来上がったときになんだかしっくりこない」という人は、帯枕に問題があることもあるのです。

 

例えば、こんな風に帯枕を使っていませんか?

 

⇒買ったままの状態で使っている=帯枕の左右に細い紐がついているまま使っている

 

⇒買ったままの状態で使っている=硬いままの枕を使っている

 

ということだと、いつまでも「お太鼓結びがイマひとつ上手くいかない」と感じてしまうかもしれません。

 

買ったままの帯枕は、それだけでちゃんと用を成すのではありますが、紐の形と全体の硬さで、ちょっと扱いにくいのです。

 

もし買ったままの帯枕を使っているなら、こんな風に少し手を加えてみてください。

 

「ガーゼを紐ごと覆うようにかぶせる」

 

こんな風にです。

 

帯枕とは・帯枕の役割や選び方を知って帯結び上達

 

こうすると、細い紐を引き寄せるよりも、帯枕が背中につきやすくなり、お太鼓の山の形も決まりやすいんです。

 

また帯と枕がすべりにくくなるので、帯が動きにくくもなります。

 

特に背中にあたる平面のところが硬い帯枕は、ガーゼで覆うことで背中につきやすくなります。

 

上の写真の三つは、厚みが4.0〜4.5センチで、長さが17〜20センチのものです。

 

一重太鼓に使うには、これくらいのものが標準で、ほとんどの方に合うサイズです。(これを私は常用しています)

 

 

それでも「まだ上手くお太鼓ができない」というなら、

 

「帯枕の背中にあたる平面のところに、薄いハンカチをたたんで置いてみ」てください。

 

それからガーゼで覆うようにしてください。

 

こうすると、背中へのフィット感が格段に増すはずです。

 

背中にぴったりとついた帯枕なら、お太鼓の上部がずれることなく形が一段と決まりやすくなるはずです。

 

最初から背中にフィットしやすく、しっかり太目の紐がついてればいいのですが・・・(最近ではそうした商品も出ているかもしれませんので、探してみるといいですね)

 

 

それでも適した帯枕がないときの裏ワザ

 

市販の帯枕に上記のようにちょっと手を加えれば、扱いやすい帯枕ができるはずですが、「それでもねぇ」というなら、こんなワザはいかがでしょう。

 

「帯枕そのものを作ってしまう!」

のです。

 

ハンドタオルやタオルハンカチで、自分の好みの長さ、好みの厚みになるようにしてしまうのです。

 

ゼロから作るのはハードルが高いので、薄い小さい帯枕に、タオルを巻いて調整してみるのです。

 

お太鼓の大きさが決まったら、全体をガーゼで覆います。

 

そうすれば自分だけのオリジナル帯枕の完成です。

 

タオルが2〜3層あることで、背中にフィットしやすくなりますよ。

 

こんもりとした形状にするにしても、中央部のタオルを増やしたりしてお好みの大きさにできますしね。

 

また背の高い方なら、お太鼓の下部分に、タオルをたたんで置くことで、枕の高さを高くすることもできます。

 

発泡スチロールなどを利用すれば、もっと高くすることもできるでしょう。

 

以前教室にお越しになった方に、こういったお話をしたところ、「目からウロコ!」と驚かれていました。

 

市販のものはとても便利なものがありますが、自分でも工夫してみると、帯結びも随分楽になるのではないでしょうか。

 

 

帯枕とは・帯枕の役割や選び方を知って帯結び上達のまとめ

 

帯枕には、お太鼓の上部を形づくることと、お太鼓の全体の雰囲気を決めるという役割がある。

 

振袖や訪問着に袋帯で華やかな帯結び(飾り結び)をするときは、厚みがあってこんもりしたタイプの帯枕を使うこともある。

 

カジュアル着物に名古屋帯をするとき、若い方は厚みのある帯枕で若々しさを表現できる。

 

年齢があがってきたら、厚みの薄いもので落ち着きと柔らかさを表現できる。

 

お太鼓を作りやすくするため、買ってきたままでなくガーゼで全体を覆うと、帯と枕が滑らずお太鼓を作りやすくなる。

 

大きさや厚みの調整をタオルで試してみる。

 

最適な帯枕が見つからなければ、自分でオリジナルの帯枕をつくれば、使いやすさはさらにアップするはず。

 

 

 

 




スポンサーリンク








二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方