卒業式の着物・女袴の歴史と旅立ちのロマン

卒業式の着物・女袴の歴史と旅立ちのロマン

スポンサーリンク

卒業式の着物・女袴の歴史と旅立ちのロマン

卒業式の着物・女袴

卒業式に着る着物といえば、女学生の袴姿ですね。

 

近年では、振袖と袴というお嬢さんが多いように見受けますが、どなたも晴れ晴れとした可愛らしさが感じられます。

 

普段は着物を着ないですし、勉学するときに着物に着替えることもありませんが、卒業式にだけは着物を着用するのが定番のようになっているのはなぜでしょう?

 

学業を終える若い女性が、卒業の記念に残しておきたい晴れ姿というのが、着物に袴なのは、「乙女心の憧れ」をいつの時代も持ち続けているからなのかもしれません。

 

女学生と袴のなれそめや、その後の経過などを振り返ってみて、袴が女学生に好まれる訳を探ってみたいと思います。

 

 

現代の卒業式の着物と袴スタイル

 

現代の女学生の卒業式のスタイル、着物と袴。

 

着物は花柄が多い中、無地や矢絣柄の方もあります。

 

袴は無地のもの、前に刺繍のあるもの、ぼかしのあるものなど。

 

足元は足袋と草履の方、ブーツをはく方もあります(ブーツの色は黒が主流)。

 

手には巾着袋、またはビーズのバッグという人も。

 

髪はこんもり洋風、編み込みも人気のようです。

 

そして手のひらほどもある大振りの髪飾りがアクセントになっています。

 

着物は無地や絣柄よりも、花柄を描いた振袖に人気があるようです。

 

つつましやかで清楚という印象ではなく、「華やかに可愛らしく」装うのが現代の女性の好みのようです

 

袴は人生の中で一度しか着る機会はない人がほとんどです。

 

学業を終えた最終学歴の卒業式のみの機会なので、華美に装いたくなるのは乙女心としてやむをえないでしょう。

スポンサーリンク


 

 

女子学生の袴の歴史

 

女子学生が袴を最初にはいたのは、明治の初期のことです。

 

明治5年に日本最初の近代的学校制度を定めた教育法令ができてから、官民の女子学校が設立されていき、女子が学べる場所ができました。

 

当初は日本髪で着物の江戸時代の町娘と同じ姿で学び始めたのですが、椅子と机の様式や、運動技能の習得など、着物姿では何かと不便が生じました。

 

そのため袴を着用するようになったのですが、その袴は男性用のものでした。

 

女性用の袴はなかったのです。

卒業式の着物・女袴

 

それでも着物に袴のスタイルが女子学生の制服になったのですが、男性用の袴を着用することに反発も出ました。

 

というのも、男性が袴を身につけるのは、改まった席に出席する際に身に着けるもの、あるいは権威を主張するための衣装だったからです。

 

女性が男性特有の袴をつけるのは、けしからん!といったところでしょうか。

 

また男性用の袴は「女性が着るには醜く荒々しい」とも評されていたようです。

 

酷評は続き、明治16年には男袴を女学生がはくことは禁止されました。

 

そして再び着物姿での通学となりました。

 

とはいえいわゆる着物だけの姿(着流し)は運動や椅子の学業様式には不向きということで、当時の貴族女学校の先生で、下田歌子先生が、女性用の袴を考案しました。

 

この時考案された袴は、現代の袴とほぼ同じ形でプリーツがいくつも入っていますが、袴の採用に当たっては、説得できる材料が必要でした。

 

下田歌子は、皇后に仕える女官は仕えるとき袴を着用していること、着物と袴という二部形式のものが正式な着装法だと正当性を訴えたそうです。

 

着物では裾がはだけやすく思うように動けませんが、袴をはくことで、体育をしたり実習をしたりしやすくなり、勉学を存分にできるようになります。

 

そのときの袴の色は、宮中の未婚女性が身につける色に近い海老茶にしたそうです

 

当時の女学生の写真を見ると、多くは矢絣の着物に海老茶の袴ばかりです。

 

女学生の象徴である袴は、男性の袴を模して、活動しやすくするために考案された衣装で、職業婦人が現れた当時、働く女性の間でも着用され始めました。

 

仕事をする上では、洋服の方が活動しやすいこともあり、女性の中にも洋装を始める人が出始めたのも明治の中期ごろからです。

 

残っている写真を見ると、女学生が袴を着用する際は、おはしょりを大きくとって着物の裾を短くし、袴も足首がでるほどに短く着ていました。

 

思い切り脚を動かしても、着物の乱れが気にならなかったはずですから、さぞ快適だったのではと思います。

 

明治30年を過ぎるころ、女学生と呼ばれる人は一万人を超しましたが、まだまだごく一部の裕福な家庭の女子だけが学べるだけでした。

 

そのため女性の袴姿そのものが、若い女性の憧れだったようです。

 

当時はまだ14〜15歳くらいでお嫁にいったり働きに出るのが当たり前の時代でした。

 

袴を身に着けることが、新しい時代の幕開けのようでもあり、また新しい時代に飛び込む女性の意気込みのようでもあったといっていいでしょう。

 

そうした憧れや、意気込みを感じさせるのが、着物に袴のスタイルといえます。

 

 

矢絣着物の大流行

 

明治から大正時代にかけて女学生に大流行したのが、矢絣の着物です。

 

矢絣は矢羽をモチーフにしたもので、桃山時代には武士の胴服(武将などが衣服の上にはおった丈の短い上着)にすでに用いられていた柄です。

 

また江戸時代の大奥の女中が好んで身に着けていた柄で、大奥の女中の衣装は、江戸女性の憧れの的、つまり矢羽の着物が憧れそのものだったそうです。

 

矢羽根の絣柄が好まれたのは、はっきりと柄が出ているのでなく、にじんで優しさのある柄だったからといわれています。

 

絣というのは、着物の生地の反物を織るときに、にじみ感を出すのですが、現代のプリント柄のように、きっちりと線描があるのでなく、輪郭がにじんででるのが特徴です。

 

絣の色は、糸を染めるときの糸の括り作業から生まれますが、染色そのものが藍染と草木染の時代には、複雑な織り模様も少なく、矢羽根柄は代表的な織り柄だったはずです。

 

矢羽根は男性の衣装に用いられた武具の矢でありながら、絣柄にするときりりとした羽根にかすれが出て、柔らかさが出ます。

 

そのためきりっとした柄でありながら優しさを感じられる、また社会に出る強い意志のようなものも感じられるということで、女学生に非常に好まれていました。

 

明治〜大正の女学生といえば、矢絣着物にブーツというイメージが定着しているのも、多くの女学生が好んで着ていたからで、「ハイカラさんが通る」という漫画も影響しているでしょう。

 

女学生のイメージは、「ハイカラ」という言葉とともに今に受け継がれているのは、西洋のものだけでなく、昔からある日本のものに対して新しいイメージを吹き込んだものとして注目されて普及していったからでしょう。

 

 

大胆なファッションセンスが今に生きている

卒業式の着物・女袴

現代の卒業式の着物と袴のファッションは、大正浪漫といわれるアンティーク着物も含めた、大胆なファッションが人気を集めています。

 

大正浪漫といわれるのは、大正時代から昭和初期にかけての、自由で闊達そしてロマンティックな時代背景のなかから生まれた、雰囲気や文化です。

 

女子が女学校で学ぶようになって、学ぶ時間の後に放課後という時間が持てるようになったからです。

 

年齢的には今の中学から高校の年代の女子、大きな興味の一つにファッションがありますね。

 

大正時代の末には30万人になっていた女学生が楽しみにしていたのは、少女雑誌です。

 

おしゃれのバイブルとしても人気を集めていた少女雑誌には、彼女たちの夢や希望、あこがれが満載だったことでしょう。

 

特に表紙を飾るファッショナブルな少女たちは、モダンでハイカラなファッションリーダーでした。

 

着物のデザインやコーディネートを、少女雑誌から学んでいたといいます。

 

当時の表紙画は高畠 華宵(たかばたけ かしょう)、蕗谷 虹児(ふきや こうじ)といった画家が活躍します。

 

これからの夢を思い描いて、未来を待ち望んだ少女たちが、日頃のおしゃれにも目覚めファッションをリードしていくようになっていきます。

 

大正浪漫と呼ばれる時代の着物は、大胆な花柄の着物、色鮮やかな半衿、大柄幾何学模様の羽織、込み入った組方の羽織紐、本物以上の美しい刺繍の花の帯など、そうした組み合わせが乙女心をとらえていました。

 

当時の着物や帯は、今の若い女性にも人気が高いようです。

 

アンティーク着物のお店の主催で卒業式の着物と袴のファッションショーが開かれるなど、乙女心を引きつけられるファッションは今でも顕在です。

 

卒業式の袴姿が華美になっていく背景には、大正浪漫のファッションが愛され続けていること、そうした時代を自分の母や祖母が生きてきたことを知ってより身近に感じることができるお年頃になったからかもしれません。

 

乙女心が抱く、ロマンティックな気持ち、未来への憧れは、きっと昔も今も変わっていないのではないでしょうか。

 

卒業式は旅立ちでもあり、自立でもあります。

 

凛々しさ潔さの中にも、おしゃれも楽しみたい、そんな風に現代の女性が考えているのではないでしょうか。

 

卒業という日を、素晴らしい一日にしたい!そんな気持ちをかなえてくれるのが卒業式の袴姿なのだと思います。

 

 

旅立ちのロマン、夢はいつでも持っていたい

卒業式の着物・女袴

女学生の卒業の袴姿は、風物の一つとなっていますが、近年では制服の規定のない小学校の卒業式でも、着用する子供さんがあるようですね。

 

12歳ともなると身体も随分成長しているので、本人が望めば着せたいと思う親御さんも多いでしょう。

 

どこかの地域では、服装が華美になるからと、小学校の卒業式では禁止になったようですが、賛否両論あるようです。

 

制服のない高校では、卒業式に袴を着る生徒さんが増えているようですし、レンタル店も増えているらしいですね。

 

また男子学生でも、大学の卒業式あるいは小学校の卒業式に袴を着用するという人も少しずつ出てきていると知りました。

 

子供さんへの親の想いとも相まって、日本の伝統行事の参加の仕方も変わっていく、今はそんな過渡期にあるのかもしれません。

 

着物や袴が特別な衣装であるなら、そうした特別な時に着用されるようになるのもいいのかなと思えます。

 

日本から消えていきそうな袴姿ですが、旅立ちとロマンを託すのにはふさわしい衣装なのではないかと個人的には考えています。

 

これからも考え方や時代が変化していく中で、袴の利用は変化していくことでしょう。

 

さてどんな風に残っていくのでしょうか。




スポンサーリンク








  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

無料のプレゼント

着付けのおけいこ入門*浴衣で入門

管理人が作った無料プレゼントです。『浴衣入門』 ゆかたでおでかけできるまで

↓↓↓↓↓

無料テキスト『着物を始めたい!着付けのおけいこ入門・浴衣で入門』



不要になった着物は買い取りに出してます
その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって着物買取のヤマトク

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 無料講座教材 メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方