着物を着る理由・儀式のきもの・ファッションのキモノを考えてみました

着物を着る理由・儀式のきもの・ファッションのキモノ「現代のきもの事情」

スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

着物を着る理由・儀式のきもの・ファッションのキモノ「現代のきもの事情」

着物を着る理由・儀式のきもの・ファッションのキモノを考える・振袖の女性手をついてあいさつしている

あなたは「着物」と聞いてどんなイメージを思いうかべますか。

 

成人式の振袖姿や花嫁さんを思い浮かべましたか?

 

夏の浴衣姿を思い浮かべましたか?

 

最近ではパンクファッションのようなきもののおしゃれもあり、着物へのイメージもいろいろですね。

 

着物を着る理由は人それぞれ、目的によって変わります。

 

大きくわけると二つに分かれます。

 

ひとつは「儀礼的なもので着るべきだと着ている人」

 

もう一つは「おしゃれや楽しみで着ている人」

 

また見栄で着ている人もあるかもしれませんね。儀式のときなどは。

 

ここでは「現代の着物事情」を考えてみます。

 

スポンサーリンク


 

儀式としての着物・意味や考え方

 

着物を着る理由・ファッション

 

日本では着物の文化が伝わっています。

 

冠婚葬祭をはじめとして、儀式のときに着物を着ることはまだ多く残っています。

 

例えば

 

  • 結婚式のときの新郎新婦の母親や親族が着る黒留袖や色留袖
  • 花嫁の本振袖、白無垢
  • 成人式の振袖、紋付き袴
  • 七五三詣りのお母様の訪問着など

 

儀式にふさわしい衣装で、おごそかに儀式を務めるためのものです。

 

立場によって装う衣装がかわりますが、それは秩序をもってその場に品と落ち着きをもたらします。

 

目立とうとか自分を主張するものではなく、調和を守る要素が和装にはあります。

 

 

儀式・卒業袴の人気・ファッション化

 

着物を着る理由・ファッション

 

儀式のひとつで、卒業式の袴が近年人気です。

 

今では振袖と合わせて、袴の刺繍や色目も一段と華やかになっています。

 

髪型も髪飾りも派手になってきました。

 

女学生の清楚な卒業袴はほぼ見られませんから、すでにファッションとして認められたような感があります

 

女性が若く美しいときに装う機会といえば、成人式、卒業袴、結婚式の三回くらい。

 

現代の女性にとっては、とても魅力的な衣装なのだと思います。

 

 

着物を着なければならない人もいる

着物を着る理由・ファッション

 

儀礼的なことで着物を着る人がいる一方で、「着物を着なくてはならない」立場の人もいます。

 

例えば

 

  • 夜のお仕事で訪問着を着なくてはならない
  • 割烹料理店なので着物で接待しなくてはならない
  • 旅館に勤めるのに着物を着なくてはならない

 

などお仕事でどうしても必要な方たち。

 

また和のおけいこで指導する立場の方も。

 

知る限りでは

 

  • ご主人のお付き合いの関係上、着物を着なくてはならない
  • 海外赴任にあたり、社交パーティーで着物を着なくてはならない
  • 和のおけいこの発表会で着なくてはならない

 

という方もいらっしゃいます。

 

付き合い的に「着なければならない」という方でも、着物がまあまあ好きなら問題はないですよね。

 

 

着物をファッションといて楽しみたい人

 

さて一方で着物を着るのが楽しみな方も大勢います。

 

「変身願望をかなえたい」

 

「日常と離れたおしゃれを楽しみたい」

 

こういう方は純粋に着物を楽しみたいという方ですね。

 

きっと着物を着る機会を積極的に増やしているはずです。

 

例えば

 

  • お友達と美術館やお食事会など特別なお出かけは着物で
  • レセプションやパーティーに着物で出席したい
  • お出かけ全般に着物を利用して楽しみたい

 

細かく考える必要はありません。

 

ファッションとしてなら、自分が楽しめればよいのですから。

 

 

ファッションとして楽しむ着物の種類

 

ファッションとしての着物は、いわゆる「おしゃれ着」といわれるキモノを利用します。

 

例えば

 

  • 浴衣
  • 小紋の着物
  • 紬の着物
  • 木綿の着物
  • ウールの着物
  • 洗える着物

 

プライベートな時間を過ごすためのきものです。

 

ショッピング、ランチ、コンサート、美術館、演芸会、和のおけいこなど。

 

日常にエッセンスを加えるものとして、楽しみの一つとして利用する方たちが増えているように思います。

 

 

レトロなきものをファッションとして

 

着物を着る理由・ファッション

 

コアなキモノファンの中に、レトロなキモノが好きな方たちがあります。

 

大正や昭和の初期に流行っていた、モダンな柄で面白味のあるキモノの人気は衰えません。

 

銘仙(めいせん)や紬(つむぎ)は、入手しやすくなっているので若い方を中心に着られています。

 

柄の半衿をたっぷり出したり、おはしょりをとらない着方なども特徴的です。

 

花柄の足袋やカラーの手袋を合わせるなど、自由さが魅力です。

 

 

パンクファッションとして着物を楽しむ

 

パンクファッションというのが正しい言い方かどうかはわかりません。

 

ですが、キモノをもっとくだけたおしゃれ衣料にしたファッションといえます。

 

例えば

 

  • いつものTシャツとジーンズに、羽織をはおるまたは長じゅばんを羽織る。
  • 洋服の上に長じゅばんやキモノを羽織って、ベルトを締める。
  • キモノに靴を合わせて、マフラーや帽子を合わせる。
  • キモノを膝下あたりの丈で着て、太目のベルト長いブーツを合わせる。

 

など、一般的な着物の着方は無視されています。

 

きものや帯の「柄」「模様」「色」の珍しさを遊ぶという感じです。

 

キモノの楽しみ方のひとつに、斬新なファッションが生まれてくるかもしれません。

 

 

着物ファッションの進化そして多様化

 

着物ファッションの多様化・スマホ電話している着物の女性

 

着物は伝統にのっとった儀礼や冠婚葬祭の場で、今後も着用され残っていきます。

 

プライベートやファッションの場では、どの年代もファッションとして受け入れていけるでしょう。

 

また自己表現のために衣装の一部として利用する人も増えるでしょう。

 

「儀式としての着物」「ファッションとしてのきもの」どちらも日本の文化として、着る人たちが支えています。

 

 

着物を着る理由・儀式のきもの・ファッションのキモノ「現代のきもの事情」・まとめ

 

着物文化は伝統的な行事とともに今後も残っていきます。

 

ファッションとしてのきものを楽しむ文化も、多様化しつつ残っていきます。

 

ただ着物文化を支えるのはあくまで私たち着る人です。

 

きものが「楽しみ」で「豊かな気持ち」になれる、そんな女性が増えていくことを願っています。




スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら



  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方