三重紐(さんじゅうひも)仮ひもの使い方と帯結び

三重紐(さんじゅうひも)仮ひもの使い方と帯結び

スポンサーリンク

三重紐(さんじゅうひも)仮ひもの使い方と帯結び

三重紐を使った変わり結び

三重紐は袋帯の変わり結びをするときに使われる、ゴムが三本重なったひもです。

 

重なった三本のゴムの両端に、ゴム幅とおなじ幅の紐がついていて、ゴムを背中にあててから体の前にひもを回して結びます。

 

三重ひも、三重仮紐(ひも)、トリプル仮紐、トリプルひも、といった名称で呼ばれていますが、基本の形状や使い方は同じです。

 

ゴム幅や端についている紐の長さは若干違いがありますが、袋帯の帯結びを華やかにまた変化させるのに、とても役立つアイテムとして、着付けをする人に重宝されています。

 

今日はこの三重紐の使い方や、簡単にできる振袖用の変わり結びを紹介します。

 

三重紐をどう扱うかで、お嬢さんの振袖姿はいっそう洗練されて美しく表現できますよ。

スポンサーリンク


 

 

三重紐の使い方

 

三重紐は三本ゴムが重なっていて、その両端にゴム幅と同じ幅の紐がついています。

 

三重紐

 

ゴムの部分を背中にあて、紐を前に回して結び安定させます。結んだ紐は帯の上からしまい込みます。

 

私の利用している三重紐は、背中にあたるところは平で、外側のゴムは少し余裕を持たせてありますので、ひだをとった帯が挟みやすくなっています。

 

三重紐は三本のゴムの間に、帯の羽根で形づくったものを入れてゴムの伸縮で押さえられることで、様々な帯結びの形を作ることができる優れものです。

 

ゴムは三本ですが、一番奥のゴムと背中の間、一番奥のゴムとその手前のゴムの間、手前二本のゴムの間と、三ケ所に帯を挟むことができます。

 

振袖や訪問着の華やかな帯結びに利用されますが、この三重紐が考案されてからは、以前より華やかな結びが簡単にできることから、帯結びがより多く考案されています。

 

振袖のお嬢さんの後ろ姿は、この三重紐によって支えられているといってもいいでしょう。

 

 

三重紐を使った帯結びの例

 

三重紐のを使い方

 

「帯をたたんでからゴムに通す」を4回行うと、こんな帯結びが出来上がります。個人的にはこれが一番簡単な変わり結びではないかと思える結びです。

 

三重紐を使った変わり結び

 

これは「帯をたたんでからゴムに通す」回数が3回です。複雑そうに見えますが三重紐のおかげで変化のある帯結びができました。

 

三重紐を使った変わり結び

 

このように、帯のたたみ方をちょっと変えてみると、随分見た目の印象が変わってきます。

 

 

三重紐がないとき、なかった時代の変わり結びはどうしていたか

 

三重紐がない時代は、腰ひもや髪に使うゴムを使用して飾り結びをしていましたが、いつのころからでしょうか、(10年ちょっと前かもっと前になるのでしょうか?)三重紐が登場してからは、便利だということで変わり結び(飾り結び)に使用されるようになりました。

 

私が習った手結びの教室では、紐とゴム、小さいタオルを利用して変化にとんだ帯結びを覚えましたが、その後三重紐と出会い「これは使いやすい」と実感しました。

 

それでも道具のようなものは極力使いたくないと思っていたのであまり活用しなかったのですが、よくよく考えてみると「三重紐は着付けする人が便利」だというだけだけではありませんでした。

 

帯のひだや形を整えてゴムで縛る方法だと、帯を傷めやすいこと、そして紐でからだに固定する方法だと締められた体にも負担が大きいのです。

 

そのため三重紐を使うことは、帯の傷みを抑えられ、振袖を着る人にとっても楽な便利品なのです

 

これがなくてはダメというわけではないのですが、こうした理由から現代の振袖の着付けの場面では、「なくてはならない必需品」となっています。

 

 

三重紐・四重ひも・脱着タイプの仮紐

 

振袖や訪問着の変わり結びをする際には、三重紐が一般的なのですが、さらに進化した四重ひも登場しています。

 

ゴムが四重に重なっているのです。

 

四重になっていると、三重のゴムよりもさらに一か所、帯を挟むか所が増えますから、もっと複雑な帯結びが可能になるでしょう。

 

また「脱着タイプ」という三重紐や四重ひもがあります。

 

これはゴムの端が脱着できるよう、どちらかの端が引っ掛けられるようになっています。

 

ゴムを一本だけ脱着できるものと、三本とも、四本とも脱着できるものもあるようです。

 

こうしたタイプのものを使うと、さらに複雑な帯結びが可能になるのかもしれません。

 

それに帯をさらに傷めにくくなるかもしれない、そんな三重・四重紐の進化形です。

 

今のところここまでの紐は必要性を感じてませんが、今後は利用者が増えるのでしょうか。

 

 

ピンクや色別のゴムの三重紐も

三重紐を使った変わり結び
(上と同じ帯で三重紐を使った帯結びの例)

 

紹介したのは白い三重紐ですが、全体がピンクのものもよく使われているみたいです。

 

色は何色でもいいのですが、見た目が可愛らしいとやはり女性は気分が上がるかもしれません。

 

ピンクのものは白よりお値段はちょっと高め。

 

また三重紐のゴムを、ブルーとピンクと白の別色にして、帯の通す位置を分かりやすくしたものもあります。

 

ゴムを通す位置というのは間違うとやり直しをしなくてはならず、時間と労力がかかってしまうので、色が分かれているのは間違いが起こりにくいので助かると思います。

 

あまり慣れていないときは、色違いのゴムは重宝するでしょう。

 

色違いのゴムを利用した帯結びは、説明するときや理解するときわかりやすいという利点があります。

 

そのためか色違いの三重紐を利用した帯結び解説の本もありますし、色違いの三重紐で指導している教室もあります。

 

 

三重紐の紐の長さ、ゴムの長さと幅

 

三重紐の構成は最初に書いた通り、「ゴムが三本重なっていて、その左右に紐がついている」わけですが、これがポピュラーな形です。

 

ゴムの伸縮を利用するので、体に負担が少なく結んだ羽根が密着しやすいです。

 

普通のものは紐を前で結ぶようになっていますが、中にはもう少し長い紐で、後ろに回して結ぶようになっているものもあります。

 

このタイプは紐がかかる胸の上部の場所の圧迫感が、さらに少なくなるという意見もありますので、紐が長く後ろで紐を結べるのはよいかもしれません。

 

でもこれだと、ゴムに全部羽根をおさめたあと引き締め直す事がむつかしいなと感じて、以前使ってみましたがやめました。

 

調べてみたら三重紐は紐の端から端までの長さ表示は、120センチから148センチくらいまでありました。

 

ゴムの長さがそのうち20センチほどなので、全長で120センチあればたいていの方に適応すると思いますが、ふくよかな方は結び目が作りにくくなると思うので長めのサイズを利用する方がよいでしょう。

 

またゴムの幅については、多くが2センチ幅のゴムを採用しています。

 

中には3センチの幅のものもありますが、変わり結びを結んだ時に隙間から白いゴムが見える可能性も大きくなるのであまりおすすめではありません。

 

 

白の三重紐を使っての振袖の変わり結びの例その2

 

変わり結びの例をもっと紹介しますね、流れる曲線が沢山あって、お嬢様が喜ばれる帯結びです。

 

これは先のものより三重紐に通す回数が少なく、たった2回ゴムに通してあるだけで出来上がります。

 

三重紐を使った変わり結び

 

 

三重紐(さんじゅうひも)仮ひもの使い方と帯結びのまとめ

 

変わり結びに欠かせない三重紐は、訪問着やお嬢さんの振袖姿の後ろ姿を、華やかに飾る帯結びに使わます。

 

背中にある三重のゴムの伸縮によって、帯の羽根や形を複雑に決めることができ、帯を傷めにくい、また着る人にとって紐だけのときより体への負担が少なくて済みます。

 

三重紐がなかった時代でも、華やかな飾り結びはすでに考案されていましたが、三重紐を用いることで、さらに複雑で細かな帯結びの表現ができるようになりました。

 

四重紐や脱着タイプなど、三重紐はさらに進化して商品化されています。

 

ピンクやブルーの色付きのものも扱いやすいので、帯結びを覚えるときなどに使う価値はあります。

 

通常は白い三重紐で、ゴム幅が2センチのものが使いやすく、これで満足のいく豪華な飾り結びができると思います。

 

(ちなみに三重仮紐と呼ぶ場合でも、取り除くわけではありません。)

 

 

 

 


スポンサーリンク










二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方