袋帯の構造・各部の名称や扱い方を解説しています

袋帯の構造・各部の名称や扱い方を解説しています

スポンサーリンク

袋帯の構造・各部の名称や扱い方を解説しています

袋帯の変わり結び

着物に合わせる帯の中では、丸帯に次いで格の高い帯がこの袋帯(ふくろおび)です。

 

丸帯は現代ではほとんど使われることがなく所持している人も非常に少ないため、現代で使われる帯としては最も格が上といってもいいでしょう。

 

主に礼装に使われることが多い帯で、長さも一番長いです。

 

袋帯の全長は4メートル20センチ50センチくらいで、袋状に閉じてある帯です。

 

長いことに加え、刺繍や太い織り糸を使うために重さもあり、芯を入れるかどうかは用途や好みで考えます。

スポンサーリンク


 

 

袋帯の構造・各部の名称

袋帯解説
袋帯は袋状に織られた「本袋」と呼ばれるものと、表と裏の二枚を織って袋状に縫い合わせてある「縫い袋」と呼ばれるものがあります。

 

現代ではほとんどの袋帯が「縫い袋」帯で出回っています。

 

上の写真のものは「縫い袋」と呼ばれる帯です。

 

縫い袋帯がよく利用されるようになったのは、織る面積が少なく簡素であることや、軽量になることなどが理由でしょう。

 

表生地と裏生地の二枚で仕立てられたものは、裏は無地になっています。

 

端から端まで同じ幅で、幅は名古屋帯と同じ30〜31センチです。

 

袋帯解説

 

各部は巻きはじめの方の数十センチを「手」(て・テとかくときもあります)、終わりの方数十センチを「たれ」といいます。

 

巻きはじめとか巻き終わりといってもわかりにくいですよね・・・柄がある場合は上向きの方が手になります。

 

柄が幾何学模様などで全く上下の区別がないときは、どちらを巻きはじめにしてもよいですが、端の近くに模様のような線があるときは、そちらが巻き終わりの「たれ」になります。

 

袋帯解説・かいきり線オランダ線

 

写真でみると、こんな線です。写真左の方(たれ先の方)から8〜10センチあたりにある線があれば、こちらが巻き終わりの方です。

 

この袋帯の場合は、「手」が40センチほど柄がついていて、その続きが無地になって裏地と同じ色になっていますので、巻きはじめであり「手」であることがはっきりわかります。

 

このたれ先の近くにある線を、「オランダ線」または「かいきり線」「織り出し線」「織り上げ線」といいます。名前の数が多いですね^^。

 

本体に続けて余分に織ってあるので「織り出し線」、仕立てるときその部分を織り上げるときは「織り上げ線」と、扱う職人さんによって呼び名が違っているのを、一般の人も使うようになったようです。

 

かいきり線(界切線)は織物の端に、本体とは余分に織り増しておく織留部分であることを示す線です。

 

この線を見えるように仕立てるのか見えないように仕立てるのかで、仕立ての名称が変わります。

 

この線より端を内側に折って見えないようにするのが、「関東仕立て」で、「関西仕立て」は見えるように仕立てます。

 

袋帯かいきり線オランダ線

 

この写真の袋帯は「関西仕立て」ということですね。

 

でも最近はほとんどの袋帯が「関東仕立て」のようで、何も希望しないと、自動的に関東仕立てになるお店が多いようです。

 

「線が見えてしまうのはあまりおしゃれでない」と感じる人は多いと思いますし、変わり結びなどするときに、線が出てしまうのは全体のデザインにマイナスだとも言えます。

 

ただ端の方は擦り切れやすいので、線を残して仕立てておき、端が傷んだら内側に折りこんで線を隠すようにするのもよいかもしれません。

 

振袖用の華やかな帯で、変わり結びが前提になっている袋帯は、この線を最初から織っていないものが主流のようです。

 

※上の写真のように線が二か所あるものは、下をかいきり線、上の二本線をオランダ線と呼ぶのですが、線が一本だけ一か所のもの、線が二本で一か所のもの、二本線があるけど端がそれぞれ欠けているものなどいくつか種類があります。

 

※最近ではオランダ線という名称を使っていないとも聞きましたので、呼び名にも時代の流れがあるのですね。

 

 

袋帯に合わせる着物

 

袋帯は織りのものが多く、錦織り・唐織り・綴織り・佐賀錦・ビロード織りなどの織りものです。

 

多色で織るだけでなく、金銀糸をふんだんに盛り込んだ帯も含めて、お祝い用の帯として、フォーマルな着物に合わせます。

 

振袖や留袖、訪問着、といった着物ですね。

 

袋帯の中でも、染めの袋帯や現代的な柄のもの、金銀を少ししか使用しない軽い感じのものは、小紋や付け下げ、色無地などに合わせます。

 

「しゃれ袋帯」と呼ばれる、おしゃれ着物用の袋帯では、動植物を描いた遊び心のあるものや、現代風の抽象模様などがあり、紬着物や小紋着物に合わせます。

 

 

柄の付き方による呼び方の違い

 

袋帯の柄のつけ方には、全通柄、六通柄、ポイント柄と三種類あります。

 

「全通柄」というのは、表生地全体に柄があるもので、「六通柄」は全体の6割程度に柄のあるものという意味ですが、手先の数十センチと胴の二巻きめからたれ先までの柄が続いているものです。

 

「ポイント柄」という袋帯もありますが、二重太鼓のときのお太鼓部と前帯に柄が出てくるように配置された柄のことをいいます。

 

そのため変わり結びを想定していない、おしゃれ着用の袋帯として模様も配慮されています。

 

見た目の豪華さでは、振袖用の袋帯や留袖用の袋帯が華やかですが、おしゃれ着用の袋帯は華やかさとはかけ離れているものもあるので、パッと見た目には名古屋帯?と間違うくらいのものもあります。

 

 

袋帯のたたみ方

袋帯たたみ方

 

袋帯をたたむときは、表を外側にして半分にしてから、また半分に、また半分にとしていく方法があります。

 

こうするとたとう紙に入れたとき、丸窓から表生地が見えるので帯が見つけやすい利点があります。

 

もう一つの方法は、たれの先の表側と、手先の表側を合わせてから、手先の方が手前(上)になるようにして右の端に重ねて置き、三分の一で折り返し、また三分の一で折り返す方法です。

 

こうすると、中表に合わさった袋帯が、半分の長さになってその後びょうぶだたみ(扇子のようなたたみ方)をすることによって、長さが最初の六分の一の長さになります。

 

たたんだとき裏の生地が出ているので、表生地を守りやすいという利点があります。

 

この状態で右の下から2枚目(手先)を上に引き出すようにして、一本の状態にし、この幅のままびょうぶだたみをしていきますと、手先を手にとっているので巻きやすいです。

 

このたたみ方はこちらでもう少し詳しく解説しています。⇒帯のたたみ方(袋帯・名古屋帯・半幅帯・兵児帯)はここを見れば大丈夫です

 

私はこの方法が扱いやすいと思っていますが、長期間保管されるならどちらでもかまいません。

 

たたんで収納する際、複数のたとう紙を重ねると重みが増すので、帯に折り目がつくのが気になる方は、折り目のところに柔らかく薄いタオルをはさんでおくと、折り目がつきにくいです。

 

 

袋帯の構造・各部の名称や扱い方のまとめ

 

袋帯は女性の帯の中で、現代では一番格が高く、礼装正装に主に用いられています。

 

振袖用の袋帯は、オランダ線(かいきり線)を織りださないものが主流ですが、二重太鼓をつくる目的の帯はその線があるものが多いです。

 

仕立て方によって、オランダ線(かいきり線)を出すか出さないかを選べますが、何もいわないと出さない仕立て方になるようです。

 

たれと手の区別がつかない袋帯は、柄が上向きの方が手です(たれの方で見るとお太鼓にしたとき柄が上に向くはずです)。

 

現代では、簡素化や軽量化のため全通柄のものより六通柄の袋帯の方がよく利用されているようです。

 

名称がついている上記の袋帯で、振袖用の変わり結びを結んでみました。
袋帯の変わり結び

 




スポンサーリンク








二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方