名古屋帯の構造・各部の名称や扱い方を解説しています

名古屋帯の構造・各部の名称や柄のつき方、利用範囲を解説してます

名古屋帯の構造・各部の名称や柄のつき方、利用範囲を解説してます

名古屋帯の構造・各部の名称や柄のつき方、利用範囲を解説

名古屋帯は、成人女性がお出かけるときにする帯の結びの最もポピュラーな結びで「お太鼓姿のときの帯」です。

 

この最もよく用いられる名古屋帯も、着物に慣れない人にとっては扱いにくいものです。

 

まずはどんな構造になっているのか、よく見てみましょう。

 

名古屋帯の各部の名称をはじめ、柄のつき方利用範囲などもによる違いもお伝えします。

 

お手元の名古屋帯と比べながらご覧いただくと、理解しやすいと思います。

 

スポンサーリンク


 

名古屋帯の構造と名称

 

名古屋帯解説

 

まずは最もポピュラーな名古屋帯で、構造と名称をみてみます。

 

名古屋帯は体に二重まきつけるところが、お太鼓のところの半分の幅になっています。

 

胴に巻き付けるとことの手前に「手」と呼ばれる部分があります。

 

写真でみると手前のところから「手(て)」そして「胴(胴帯)」そして「お太鼓」の部位になっています

 

「手」の部分は5〜60センチほどのところをいい、手の端の方を「手先」といいます。

 

「お太鼓」の端の方を「たれ先」といいます。

 

名古屋帯の長さは、全長で3.4メートル〜3.7メートル

 

幅は、お太鼓の幅が約31センチ、手と胴部分はその半分幅で15〜6センチ

 

  • 名古屋帯は「手」「胴」「お太鼓」の三つの部分からなります。
  • 手の先は「手先」お太鼓の端を「たれ先」といいます。
  • 全長で3.4メートル〜3.7メートル。
  • お太鼓の幅が約31センチ、手と胴部分は15〜6センチ。

 

 

名古屋帯の柄による呼び分け方

 

名古屋帯は、柄のつけ方によって「全通柄」、「お太鼓柄(ポイント柄)」、「六通柄」と三種類の呼び方があります。

 

  • 帯全体の表側に柄があるものが「全通柄」
  • お太鼓の部分と胴の前側にくる部分だけに柄のあるものが「お太鼓柄(ポイント柄)」
  • 胴にひと巻きする部分に柄がなく、他は柄のあるものが「六通柄」

 

名古屋帯「六通柄」の例

 

六通柄

 

これは「六通柄」の名古屋帯です。

 

「六通柄」でも、手先に柄があるものとないものがあって、これは手先に柄がない六通柄の帯です。

 

手先はのところはお太鼓にしたとき、ほんんの少し見えるだけなので柄がないことがあります。

 

柄による帯の呼び名の区別はあっても、全通柄と六通柄はお太鼓姿になったときには区別はつきません。

 

胴のひと巻き目は、二巻き目の内側になって隠れるので柄がなくてもわかりません。

 

名古屋帯「お太鼓柄」の例

 

お太鼓柄(ポイント柄)

 

これはお太鼓柄(ポイント柄)の名古屋帯です。

 

「お太鼓柄(ポイント柄)」は帯を締めたとき、お太鼓の部分と胴の前のところにポイント的に柄が配置されている名古屋帯です。

 

「お太鼓柄(ポイント柄)」の名古屋帯は、着物が総柄のときや無地、とび柄など幅広い着物の柄に対応しやすいと思います。

 

 

名古屋帯の利用範囲

 

名古屋帯は、おしゃれ着(街着)として利用するものが多く、特にお太鼓柄(ポイント柄)は、カジュアルな着物と合わせて街着やお出かけに利用します。

 

全通柄や六通柄の名古屋帯も、ほとんどは街着用ですが、中には模様が正装に向くものもあり、その場合は色無地や付け下げといったやや改まった席に利用します。

 

名古屋帯は太鼓姿になれる帯とはいえ、柄の違いや金銀の装飾があるものなど種類が多く、利用範囲はとても広いです。

 

 

名古屋帯の着物姿の例

 

名古屋帯のお太鼓姿の例・後ろ姿

 

名古屋帯は通常は「お太鼓結び」にします。写真がそうです。

 

名古屋帯のお太鼓姿の例・後ろ姿・紅型の帯

 

が、他の結びができないわけではありません。

 

名古屋帯の角出し結びの例

 

「角出し結び」という結び方もあり、おしゃれ着に結びます。

 

 

お太鼓結びは道具が必要?

 

着付けを習い始めると、「お太鼓結びが難しい」と感じる人も多いです。

 

そのため簡単にできるようにといろいろ「器具」が考案されています。

 

指導する人(学校)によって特有の器具がなければならないとしているところもあります。

 

また一般的な「お太鼓結び」には、手順がいくつも考案されています。

 

器具は使わないくても結べるので、その方法で私はお伝えしています(「手結び」)。

 

お太鼓(名古屋帯)の結び方を詳しく解説しました

 

この解説のところの名古屋帯は、はっきりとわかるポイント柄の帯です。

 

また「角出し」という名古屋帯を利用しての帯結びも説明していますので参考にしてくださいね。

 

「角出し」は粋な感じや、ややぐだけた感じなど、着こなしの幅を広げてくれる帯結びです。

 

角出しA(名古屋帯)の結び方を詳しく解説しました

 

 

名古屋帯の構造・各部の名称や柄のつき方、利用範囲を解説してます・まとめ

 

名古屋帯でのお太鼓姿は、着物姿の最もポピュラーな姿です。

 

名古屋帯の各部の名称を覚えて、帯結びが素早くできるようになれば、着物を着ることが楽しくなるはずです。

 

柄のつき方は三種類、「お太鼓柄(ポイント柄)」「全通」「六通柄」。

 

太鼓結びなら、気楽なお出かけからやや改まった席まで利用できます。

 

お太鼓結びのバリエーションの角出し結びができると、さらに着こなし方の幅がでます。

 

 

「名古屋帯のたたみ方」はこちらです帯のたたみ方(袋帯・名古屋帯・半幅帯・兵児帯)はここを見れば大丈夫です

 

 

名古屋帯の種類や由来をさらに知りたいときは名古屋帯とは・特徴や種類・由来を解説します

 

 

<名古屋帯の長さについての補足です>

 

現代作られている名古屋帯の長さは3.6メートル〜3.8メートルのものが多いです。

 

まだ着物をよく着ていた時代の昭和30年代あたりまでは、3.3メートル前後の名古屋帯をよくみかけます。

 

幅についても30センチに満たないものもありました。

 

それは女性の身長が今より低くかったこと、帯そのものを自分の体型にあった長さに誂えることもあったためです。

 

また現代のような補正はほとんどしないまま着物や帯を身につけていたので、名古屋帯の長さも3メートルちょっとあれば足りていたのではないかと思います。

 

現代でも名古屋帯の長さを、自分の好みの長さにして誂えることはできます。

 

細身のかた、ふくよかな方は、ご自分にあった長さの帯を注文なさってください。




スポンサーリンク




「年齢肌」(乾燥・シミ・シワ)。。。今なら本気の美容液を試せます♪リペアジェル♪



皮膚科医



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出しています

着物の高価買取は【ウルトラバイヤープラス】全国無料で気軽に査定!

価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?

買取価格が値上がり中なんですって!







  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

関連ページ

作り帯の仕組み・お太鼓の市販品(固定型)はこうなっています・詳しく紹介
「作り帯」「付け帯」の紹介・名古屋帯を加工する・デメリットは
昼夜帯(くじら帯・腹合わせ帯)の例・特徴を生かして楽しむ
「開き仕立て(鏡仕立て)」と「松葉仕立て」の名古屋帯・形状や利点について
自分に合う名古屋帯の長さ知ってますか?「部分」の長さは重要です
名古屋帯とは・特徴や種類・由来を解説します
半幅帯(浴衣帯)の構造・各部の名称や扱い方を解説しています
袋帯から名古屋帯へ・帯の合理化は今も続く
帯の長さが長すぎてうまく結べないあなたへ・名古屋帯でお太鼓結びがうまくできないときの解決策
帯が緩んできて下がる・ずれる・落ちてしまわないための解決策です(着物浴衣とも同じです)
袋帯(ふくろおび)とは・二重太鼓や変わり結びをする帯・詳しく解説しました
袋帯の構造・各部の名称・合わせる着物・袋帯の種類を解説しています
帯のたたみ方(袋帯・名古屋帯・半幅帯・兵児帯)はここを見れば大丈夫です
丸帯とは
半幅帯・浴衣帯・細帯とは・特徴を写真入りで説明しています
着物のときのへこおび(兵児帯)とは男性女性用・子供用の特徴・大人の女性向結び方
「なんちゃって帯」「簡易帯」締めないのでラク・家庭用として今も利用

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方