名古屋帯の構造・各部の名称や扱い方を解説しています

名古屋帯の構造・各部の名称や扱い方を解説しています

スポンサーリンク

名古屋帯の構造・各部の名称や扱い方を解説しています

名古屋帯解説

名古屋帯は、着物を着るときに一般的に用いられる、太鼓姿のときの帯です。

 

成人女性がお出かけるときにする帯の結びは、ほとんどが名古屋帯でのお太鼓結びでしょう。

 

ふくよかな方はまれに袋帯(名古屋帯より長い)でお太鼓をされる方もありますが、普通体型の方なら名古屋帯の長さでお太鼓姿になれます。

 

さてこの最もよく用いられる名古屋帯も、着物に慣れない人にとっては扱いにくいもの。

 

まずはどんなものかじっくりと見て、名古屋帯に馴染んでください。お手元にあれば比較しながらお読みくださると、いっそう理解が深まります。

スポンサーリンク


 

 

名古屋帯の構造と名称

 

名古屋帯にも種類があるのですが、ここでは最もポピュラーな名古屋帯の形状のもので説明しますね。

 

長さは全長で3メートル40センチ〜370センチくらい(現代仕立てられているものは360〜380センチのものが多いようです)。

 

幅は、お太鼓の幅が30〜31センチ、手と胴部分はその半分で15〜6センチ。

 

名古屋帯解説

 

手の部分が端で胴の部分につながり、胴の部分の終わりからお太鼓の部分が続きます。

 

名古屋帯の細い方の部分を「手」といいます。「て」と書いたり「テ」と書いたり、手の部分は半分の幅に折られてに縫いとめてあります。

 

手の部分は5〜60センチほどのことをいい、手の端の方を「手先」と言っています。

 

手の部分を除いた手に続く部分は「胴」とか「胴帯」とかと言います。

 

そしてお太鼓の部分は「お太鼓」といい、お太鼓の端の方を「たれ先」と呼んでいます。(手と反対側のことを「たれ」と呼ぶため)

 

マメ知識ですが、名古屋帯は、大正7〜8年ごろにおこった服装改良運動によって登場しました。

 

当時の名古屋女学校の創始者が改良型の帯を考案したことから名古屋帯という名称になって、昭和にはいってから全国各地にひろまったとい経過があります。

 

着物を着た時代が長いのですが、この帯が考案されるまでは帯の幅はすべて一定のものしかなかったので、体に巻き形づけて締めるのに、時間がかかっていたようですよ。

 

そこでこの名古屋帯が登場して、帯を締める時間が短縮され、使う生地も少なくて済むようになり、まさしく服装改良!されたわけです。

 

そしてその後は、女性が学ぶ働くという時代の流れにも重なっていくそうそうですよ。

 

 

名古屋帯の柄

 

名古屋帯の柄は柄のつけ方によって、「全通柄」、「お太鼓柄(ポイント柄)」、「六通柄」と三種類あります。

 

帯全体の表側に柄があるものが全通柄、お太鼓柄(ポイント柄)はお太鼓の部分と胴の前側にくる部分だけに柄のあるもの、六通柄は、胴にひと巻きする部分に柄がなく、他は柄のあるものです。

 

六通柄

 

これは「六通柄」の名古屋帯です。

 

六通柄でも、手先に柄があるものとないものがあって、これは手先に柄がない六通柄の帯です。

 

手先はほんの少し見えるだけなので、柄のないものもけっこうあります。

 

名古屋帯を身につけるとき、胴に二巻きしますが、胴のひと巻き目は二巻き目の内側になって隠れるので柄がなくてもかまわないことから、コスト面で全通柄よりは六通柄の方が出回るようになったかもしれません。

 

柄による帯の呼び名の区別はあっても、全通柄と六通柄はお太鼓になったときには区別は分かりません。

 

お太鼓柄(ポイント柄)は、お太鼓姿になったときに、お太鼓の部分と胴の前のところにポイント的に柄が配置されている名古屋帯で、これは名古屋帯特有の柄のつけ方です。

 

お太鼓柄(ポイント柄)

 

これはお太鼓柄(ポイント柄)の名古屋帯です。手先のところや胴の一重目、お太鼓の裏のくるところとかは柄がありません。

 

お太鼓柄をポイント柄と呼ぶのは、お太鼓のところにアクセント的に印象的な模様がポンポンと描かれていたり刺繍されていたりするためで、見える場所だからといってもそのか所全体を埋めるような柄付けでないからです。

 

お太鼓柄(ポイント柄)は、着物が総柄のときや無地、とび柄など幅広い着物の柄に対応しやすいと思います。

 

一方六通柄や全通柄は、お太鼓になった時見える範囲のすべてに柄が出るので、着物が総柄のときには合わせにくいと感じます。

 

 

名古屋帯はどれもがおしゃれ着(街着)として利用する範囲のものが多く、特にお太鼓柄(ポイント柄)は、ほとんどの場合カジュアルな着物と合わせて、街着やお出かけに最適です。

 

ですが、全通柄や六通柄の中には、やや重い印象のものや模様が正装に向くものもあって、そうした名古屋帯は色無地や付け下げといったやや改まった席に向く帯として利用されます。

 

形が同じ名古屋帯とはいえ、利用範囲はとても広いのです。

 

 

名古屋帯の結び方

 

名古屋帯は通常はお太鼓結びにしますが、他の結びができないわけではありません。

 

結べる形の種類は他の帯(半幅帯や袋帯)に比べると少ないといえます。

 

でもお出かけの際には、とても出番の多いのがお太鼓結びであり名古屋帯です。

 

ですから、「着物着たいわ」とお考えの方なら、あなたの想像する着物姿は、きっと名古屋帯でお太鼓結びが上手くできている姿だと思います。

 

これさえできれば百人力ともいえる「お太鼓結び」。

 

その結び方は・・・

 

手先を残して、胴に二巻きし、後ろでねじるか縛ってから、お太鼓の形をつくります。

 

このとき帯枕と帯揚げが必要で、手先を通してお太鼓の形を固定するとき、帯揚げが必要です。

 

いわゆる「手結び」と呼ばれる、器具を用いない結び方と、指導者さんによっては特有の器具を用いてお太鼓を結ぶ方法もあります。

 

今一口にお太鼓結びの方法と言ってしまいましたが、指導する人によって細かいところの違いがあります。

 

たとえばとった手先をどこにあずけるか、後ろでひと結びするのかねじるのか、ねじるときの手の元の処理はどうするのか、仮紐を一本使うのか二本使うのか、など違いはあります。

 

ですが出来栄えはお太鼓、同じですから、本で学ぶなり習いにいくなりするときに、手結びなのか器具を使うのか、自分はどちらで覚えたいのかを知って学んでください。

 

以前器具を使った方法で教えてもらった経験があるものの、久しぶりにお太鼓をしようとしてその器具をうまく扱えなかったので手結びを教えてほしいといわれることがあります。

 

器具はお太鼓結びがやりやすいようにとの思いで作られているはずなので、よさもあるでしょう。

 

でも昔はそうした改良品は使わずに、帯結びが完成したのですし、なくても問題なくお太鼓は結べます。

 

名古屋帯でのお太鼓結びは、概要を詳しくこちらで説明しています。
お太鼓(名古屋帯)の結び方を詳しく解説しました

 

この解説のところの名古屋帯は、はっきりとわかるポイント柄の帯です。

 

また「角出し」という名古屋帯を利用しての帯結びもこちらで説明していますので参考にしてくださいね。

 

角出しは粋な感じや、ややぐだけた感じなど、着こなしの幅を広げてくれる帯結びです。
角出しA(名古屋帯)の結び方を詳しく解説しました

 

 

名古屋帯のたたみ方

 

名古屋帯で一番重要な個所はどこか?と聞かれたら、きっと「お太鼓のところ」といいますよね。

 

だから名古屋帯をたたむときは、お太鼓の部分が汚れないよう、またシワができたりしないようにたたんで収納します。

 

まずお太鼓の内側を向けて、手や胴の部分をその上にのせていきます。

 

お太鼓のたたみ方

 

こんな風にです。

 

そして手と胴が収まったら、お太鼓とのつながりの三角部分を内側にたおして、それからお太鼓を半分の長さに折ります。

 

するとこんな風に、たたみ終わります。

 

お太鼓のたたみ方

 

こうすると、お太鼓を結んだときに表に出る部分に折り目がでることはありません。

 

たたみ始めるときも、風呂敷や敷き紙などを用いて、お太鼓の表側が汚れないように気をつけて行ってください。

 

「名古屋帯のたたみ方」は別のページでもっと詳しく解説していますので、そちらも参考にしてください。
帯のたたみ方(袋帯・名古屋帯・半幅帯・兵児帯)はここを見れば大丈夫です

 

 

名古屋帯の構造・各部の名称扱い方・まとめ

 

名古屋帯でのお太鼓姿は、着物姿の代表です。

 

お太鼓結びなら、気楽なお出かけからやや改まった席までカバーできます。

 

名古屋帯の名称を覚えて、お太鼓結びが素早くできるようになれば、着物を着ることが楽しくなるはずです。

 

お太鼓柄(ポイント柄)と全通または六通の帯での組み合わせを利用して、幅広いお出かけシーンに対応しましょう。

 

お太鼓結びのバリエーションの角出し結びができると、さらに着こなし方の幅がでます。

 

着物姿を目指すなら、まず名古屋帯でお太鼓が結べるようになってくださいね。

 

 

補足です

 

名古屋帯の長さは、構造と名称のところで、全長3メートル40センチ〜70センチらい、といいましたが、現代作られている名古屋帯の長さは3メートル60センチ〜80センチのものが多いようです)

 

少し前(まだ着物をよく着ていた時代の昭和30年代あたり)までは、もっと短い帯が主流でした。

 

お母様やおばあ様の昭和前期に作られた帯には、全長が3メートル20センチ前後の名古屋帯をよくみかけます。

 

お太鼓の幅も30センチでなく28〜29センチほどのものもあります。

 

それは女性の身長が今より低く小柄だったことや、帯そのものを自分の体型にあった長さに誂えることもあったためです。

 

そして現代のような補正はほとんどしないまま着物や帯を身につけていたので、名古屋帯の長さも3メートルちょっとあれば足りていたのではないかと思います。

 

現代でも名古屋帯の長さを、自分の好みの長さにして誂えることはできますので、帯を注文されるときには、ご自分の最適な長さを注文されるとよいですね。

 

特にほっそりしている方は、長すぎる名古屋帯は扱いにくいはずですからね。

 

逆にふくよかな方は、できるだけ長さを確保してもらえるように注文してみてください。

 

柄の出方などで制約があるとは思いますが、少しは融通できることもあるからです。

 

私は普通サイズのウエストではありますが、補正をするとアンティーク帯など短い名古屋帯だとお太鼓が上手くできあがらないことがあります。そんなときは「お気軽帯」と呼んでいる分割帯にして利用しています。

 

これだと見た目は全く普通にお太鼓を結んでいるように見えますし、帯を身につける時間がとても短縮できるのが気にいっています。
⇒どういったものかは「格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法・お気軽着物の作り方」よしえ流お気軽帯(名古屋帯)の作り方付き を一度ご覧くださいませ。

 

前半は気楽に着られる「お気軽着物」 後半が今の「お気軽帯」の説明になっています。




スポンサーリンク








  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

無料のプレゼント

着付けのおけいこ入門*浴衣で入門

管理人が作った無料プレゼントです。『浴衣入門』 ゆかたでおでかけできるまで

↓↓↓↓↓

無料テキスト『着物を始めたい!着付けのおけいこ入門・浴衣で入門』



不要になった着物は買い取りに出してます
その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって着物買取のヤマトク

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 無料講座教材 メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方