夏に着る麻の着物の洗濯方法

夏に着る麻の着物の洗濯方法

スポンサーリンク

夏に着る麻の着物の洗濯方法

麻着物の洗濯方法

蒸し暑い夏には、麻の着物やじゅばんが一番快適に過ごせるので、よく麻の着物を着ています。

 

麻は素材が長くて強い繊維のとれる植物の総称ですが、人類が用いた世界最古の繊維です。

 

麻の茎から繊維を取り出してつなげ、糸にして布を織って衣服としました。最初はエジプトを中心に発達して、ヨーロッパ全土へと広がった歴史があります。

 

現代ではおもに衣料用として用いられ麻は、苧麻(ちょま・ラミー)と亜麻(あま・リネン)です。

 

麻の着物はなぜ夏に気持ちよく着られるのかというと、水分の吸収性がよく発熱性も早いため、涼しく感じられるからです。

 

肌にさらっとした触感なのは、生地の表面にシボと呼ばれる凹凸ができているためです。

 

腰もあって丈夫で長持ちするのも特徴です。

 

水にぬれても全く問題なく使用でき、むしろ強度があがります。

 

ただ欠点として、麻の着物はシワが付きやすいことがあげられます。

 

元に戻ろうとする弾性が乏しいため、絹や木綿よりもシワになりやすい、そのため座る機会があるなら畳ではなく椅子にすわる方が、後でシワが目立ちにくいです。

 

麻の着物は数回着たら丸洗いをして、普段にもどんどん着て涼しくお過ごしください。

スポンサーリンク


 

 

麻の着物の洗濯法

 

まず着物をネットにはいる大きさにたたみます。袖だたみでも本だたみでも。

 

ネットが大きいときは、着物が動かないよう粗く縫いとめておくとよいです。

 

液体の中性洗剤を利用し、洗濯機なら弱流水やおしゃれ着洗いという、弱い水流を選択してください。

 

お湯につけると縮むことがありますから、必ず水を使うようにしてください。

 

最後の脱水時間は1分弱くらいがよく、ハンガーに干したときに水滴がたれるくらいの濡れ具合がシワを作りにくいです。

 

脱水後着物ハンガーに干して、両手でシワのある場所を挟んでパンパンっとたたいてシワを伸ばしておきます。

 

袖や裾をひっぱって形や長さを整えるのもOKです。

 

退色をおさえるため、陰干しがおすすめです。

 

手洗いのときも、押し洗いをするだけにして、もんだりこすったりしないようにします。繊維が毛羽立ちます。

 

袖口など汚れがひどい場所は、繊維の方向に沿って押し出すようにして洗ってください。

 

乾きが早いのが麻の特徴です。夜洗って朝取り込むと陰干しする場所がなくても自宅でお洗濯ができます。

 

(管理人は洗濯機を使用するとき、短時間の洗濯時間をセットします。でもいちいちセットしなければならないので、最近は手洗いすることが多く、最後の脱水のみ洗濯機を使用するようにしています。)

 

 

洗ってこその麻着物

麻着物の洗濯方法

麻はもともと水に強い繊維です。水洗いを繰り返すうち、かたかった生地の風合いが柔らかくなっていきますので、着心地がしなやかになっていきます。

 

そうした変化は、何度も洗うことで感じることができますので、長年着こむほどに身体に寄り添うのがわかってきます。

 

生地には最初からシボと呼ばれる凹凸ができているはずですが、強くアイロンをあてるとシボがとれてしまうかもしれないので、アイロンは強でもかまいませんが、押し付けるような当て方はしないでください。

 

シワをとるためのアイロンの当て方は、霧吹きでかるく水分をかけ、当て布をしてアイロンをあてます。

 

押し付けたりこするような当て方はよくないです。

 

アイロンの熱は飛ばしてから動かす方がよいので、扇風機で飛ばすとよいでしょう。

 

汗がつかなかったくらいの着用でシワがついたときは、着物ハンガーに干してからシワのところに霧吹きで軽く水分をかければ、生地の重みでシワが自然に消えていきます。

 

 

麻の着物の洗濯方法のまとめ

 

麻の着物は表面のシボがあって肌触りに涼しさを感じます。身体の熱を発散させるので蒸し暑い季節に最適の衣料です。

 

水に強い性質があります。繰り返し水洗いすることで、繊維が柔らかくなり風合いが増します。

 

長年にわたり強い腰を維持することができる、自宅でお手入れできるのも夏の着物として適しています。

 

お洗濯には洗濯機も利用できます。弱流水、中性洗剤で脱水は短くしてシワをできるだけ作らないようにします。

 

洗うほどの汚れがないときは、着物ハンガーに干して霧吹きで水分をかけておくとたいてのシワはとれます。




スポンサーリンク








二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方