コート

着物コート・冬の外出・衿丈の違いでおしゃれフォーマル度アップを

着物コート・冬の外出・衿丈の違いでおしゃれフォーマル度アップを

着物コート・冬の外出・衿丈の違いでおしゃれ度でフォーマル度アップを

 

着物の上に羽織る「和装のコート」は、冬には欠かせない防寒着です。

 

以前からある着物コートもよいですし、洋服生地から作る厚手のものやダウン素材のものは保温性が優れていて人気のようです。

 

ここでは以前からある着物用のコートを紹介します。

 

スポンサーリンク


 

着物用コートの種類

 

着物用のコートは羽織と違い、前に打ち合わせる部分があります。

 

ミシンで仕立てるのも特徴です。

 

着物用のコートは衿以外の形がほぼ同じということもあり、衿の形に変化をもたせています。

 

衿の形状がいくつもあり、それによって名称が違います。

 

 

道行コート

 

道行衿の着物用コート

 

着物用コートの中でも一番多く利用されているのが、「道行衿」のコートです。

 

衿が四角い額縁のような形状をしています。

 

打ち合わせのところにポケットがあります。

 

 

道中着

 

道中着の着物用コート

 

着物の衿と同じ形状で、ひもで前を留める「道中衿」コート。

 

これはひもで身幅を調整できるので、体型の変化があっても大丈夫、使いやすいコートです。

 

 

そのほかの着物用コート

 

そのほかにも着物用のコートは、衿の種類によって「千代田衿」「へちま衿」「都衿」「被布衿」「広衿」という種類のコートがあります。

 

珍しいところでは、「大正衿」「扇衿」「木瓜衿」「雲井衿」「三日月衿」というコートもあります。

 

冬は外出にコートが必需品なので、人目につくのはコートですから、衿の違いでおしゃれを楽しんでいたのですね。

 

仕立てるときはお好みの衿を選んでくださいね。

 

 

今人気の着物用コート

 

今は着物のコートといっても、これまでの和装コートだけというわけではありません。

 

昔ながらの着物コートは絹生地で裏地付きでも、薄手のものが主流でした。

 

そのためさらなる防寒をと考えると、洋服生地の厚みのある生地が寒さ対策にはうってつけです。

 

着物の袖がすっぽりとおさまるゆったりした袖で、洋服にも兼用できるコートが人気のようです。

 

 

着物のコートの丈

 

コートの丈は、好みによりますがいろいろとあります。

 

「6分丈コート」

 

一番短いのは「半コート」又は「6分丈コート」と呼ばれる丈で、着丈(長じゅばんの長さ)の6割ほどの長さで仕立てられます。

 

街着用、普段用に用いられ、着物の裾が45〜50センチくらい見える長さです。

 

「7分丈コート」

 

「7分丈コート」は着丈の7割くらいの長さで仕立てられる丈で、礼装用や背の高い方に向く丈です。

 

「6分丈」では短いなと感じるときの防寒用の長さです。

 

膝くらいまでの長さになり、「6分丈」コートより落ち着いた印象になります。

 

「8分丈コート」

 

「8分丈コート」は着丈の8割くらいの長さのコートで、膝頭がかくれるくらいの丈です。

 

礼装用や長コート(着物とおなじくらいの丈のコート)では長すぎるというときの防寒用で、着物の裾が20〜25センチ見える程度の長さになり、フォーマルな印象になるコートです。

 

「9分丈コート」

 

「9分丈コート」は着丈の9割くらいの長さのコートで、ふくらはぎくらいまでの丈です。

 

8分丈コートと同じ目的で、着物の裾が10センチほど見える程度の長さで、フォーマル度の強いコートです。

 

「長コート」=「対丈コート」

 

「長コート」=「対丈コート」は着丈に1〜2センチ足した寸法で仕立てたコートです。

 

 

着物用コートの丈の決め方

 

コートの丈は、自分に最適なコート丈にするため、着物を着て帯を通常通り締めた状態で長さを決めます

 

コートから着物の裾がはみ出さず、引きずらない最適な丈となるようにするため、必ずそうします。

 

 

コートの裏地に凝ることも

 

道行衿のコートの裏地凝ったかわいらしい生地

 

羽織ほどではないですが、シンプルになりがちなコートには、裏地に凝るという人もあります。

 

 

雨コートとの兼用もあります

 

防寒用のコートとして着物コートを紹介していますが、素材によっては雨降り用と兼用できるものもあります。

 

すべりのよい紬は防水加工をして雨コートと兼用するのに適しています。

 

 

着物コート・冬の外出・衿丈の違いでおしゃれフォーマル度アップを・まとめ

 

着物で冬に外出するときは、着物用のコートを着るのでコートにも気を配りたいです。

 

昔からある着物用コートは、衿の形が様々で衿のおしゃれを楽しんでいました。

 

ボタンで留めるタイプよりも前で打ち合わせるタイプは、体型の 変化に対応しやすいです。

 

着物コートの丈を決めるときは、必ず帯をいつものように締めた姿で測りましょう。

 

着物コートの丈は、防寒やフォーマル度 によって 決めましょう。

 

現在は洋服と兼用できる分厚い素材のコートに、人気があるようです。




スポンサーリンク




「年齢肌」(乾燥・シミ・シワ)。。。今なら本気の美容液を試せます♪リペアジェル♪



皮膚科医



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出しています

着物の高価買取は【ウルトラバイヤープラス】全国無料で気軽に査定!

価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?

買取価格が値上がり中なんですって!







  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方