着物小物で必要なグッズ・無駄なくそろえるコツとは

着物小物で必要なグッズ・無駄なくそろえるコツとは

スポンサーリンク

着物小物で必要なグッズ・無駄なくそろえるコツとは

お太鼓姿の着付けに必要なもの

着物を着るときには、小物の用意が必要になってきます。

 

どんな小物が必要か?最初は何を用意したらいいのかよくわかりませんね。

 

伊達締めとか、着物ベルトとか、クリップとかのグッズって何だろう?

 

そんな疑問を解決しながら、着物を始める準備を整えていきましょう!

スポンサーリンク


 

よく聞く着物小物のはてな?

 

伊達締め(伊達巻き)って何?

 

伊達締めは「だてじめ」と読みます。

 

着物を着るときに、紐の上にさらに伊達締めをして、衿元や胴の着物の着くずれを防ぐためのものです。

 

普通の着物の着付けでは、長じゅばんに一本、着物に一本使います。

 

着物の小物としては必須ですね。

 

伊達締め三種類

 

写真のものは、一番上は絹の博多織の伊達締めで、締めやすいので、上質の柔らかい着物に相性がよいです。

 

この中では一番高価ですが、締めるときのシューっという絹鳴り(きぬなり)の音が贅沢です。

 

なるべく洗わない方が形が安定します。

 

 

真ん中の伊達締めは、ポリエステル素材で安価です。

 

締め心地は今一つではありますが、普段使いには問題なく使えます。

 

 

一番下のものは、暑い夏にも適した、メッシュの伊達締めです。

 

マジックベルトなので、まわしてバチっとつけるだけの手軽さ。もちろん冬にも使えます。

 

 

着物ベルトって何?

 

着物ベルトというのは、着物を着るときに使うベルトで(当たり前ですね(^-^;)、最初に締める腰ひもや、次に胸合わせ、衿合わせに使う紐に代わるものです。

 

着物ベルト二種類

 

写真の上のものが、腰ひもの代わりをするもので、長さ調節ができて、それぞれの腰(胴)周りに合わせることができるようになっています。

 

下のものが、衿合わせに使う紐の代わりになるもので、これも長さ調節ができて、それぞれの胸周りに合わせることができるようになっています。

 

自分で使う分には、ちょうどよい長さに決めてしまえば、その後は調節する必要もなく、パチっと留めるだけなので手軽です。

 

着物ベルトというと、上のものだけを指すこともありますし、商品名でコーリンベルトという名が有名なのですが、それだと下のものを指すようです。

 

手軽ではありますが、「腰ひも」と呼ばれる紐があれば、これらのベルトはなくてもかまいません。

 

慣れると腰ひもを締める強さを、手加減で調節できるようになるので、最初からベルトなしで練習するとよいかもしれません。(上級者ほど使用していないのでは?)

 

 

着物クリップって何?

 

着物クリップ2個

 

着物クリップは、着物の着付けをする際に、長じゅばんと着物の衿を動かないようい留めておいたり、帯を結ぶ手順の中で、手先を留めておいたりするものです。

 

洗濯ばさみ程度のものから、その2倍程度の大きさのもので、挟む内側に薄いゴムがはってあって、しっかりと生地を留められるようになっています。

 

着物クリップは絶対に必要というわけではないですが、文具類のクリップと違い、しっかりと挟めることと大きさが手になじみやすいようにできているので、着付けするときの道具として「着物クリップ」があるとやりやすいです。

 

販売単位は3個とか4個のセットが多いです。

 

 

着物グッズというと何?

 

着物を着るときには必要な小物がいろいろあります。

 

いろいろといっても、数種類のことですが、洋服では使わないものばかりなので、戸惑いますね。

 

着物グッズと一言でいうと、着付けに必要な小物の全部を指すと思います。

 

ではどんなものが着物を着るとき必要なのかですが、まず浴衣でみてみます。

 

浴衣着付けに必要なもの

 

浴衣の場合は、写真のように、浴衣、帯のほか、腰ひも3本、伊達締め1本、フェイスタオル3枚、衿芯、下着が必要になります。

 

タオルは胴のくぼみを補うものです。

 

 

 

 

お太鼓姿の着付けに必要なもの

 

お太鼓姿になる一般的な着物の場合は、着物と帯のほか、長じゅばん、腰ひも5本、伊達締め2本、半衿、衿芯、帯枕、帯揚げ、帯締め、帯板、フェイスタオル3枚、足袋、下着が必要になります。

 

 

 

 

 

 

 

浴衣を着たいのか、それとも着物を着たいのかによっても、必要な小物は変わってくるわけです。

 

ただ、着物着付けに必要なものをそろえれば、浴衣のときも利用できるので、着物を着る予定があれば着物用の小物を用意することで、浴衣のときも間に合います。

 

 

じゃあ初心者の私なら最初にどうすればいいの?

 

そこで着物の小物を用意するにあたって、これから浴衣や着物を始めるというときは、セットになっているものを求めるのが一番手軽だと思います。

 

単品で購入すると、高くつくということもありますし、商品の良しあしがわからないので、立派なものを用意しすぎてしまうことがあるからです。(とはいえ、セットも2,000〜10,000円ほどと開きがあります)

 

お店に出向けば、店員さんに教えてもらいながら検討することができるので、近くにお店があるなら利用するとよいですね。

 

ここで、一つ注意したいのは、お店によって「着物小物のセットの中身が違う」ということです。

 

いくつかお店を見て回りましたが、必要のないものまで入っていたり、価格を安くするために、材質の悪いものが入っていたりすることがありますので、できれば着物のことを知っている人と相談しながら、セット商品を決めるようにするのがよいです。

 

そしてセットの中に間違いなく入っているものと、入っていないものがあります。

 

入っていないもの、気になりませんか?

 

初心者の方があれ?なかったっけ?と後で別途購入することになる小物です。

 

それは先に出てきた小物の中にもあって、「着物クリップ」「着物ベルト」なんです。

 

ベルトは一種類入っていることはありますが、二種類のものはなかったですよ。(管理人調査のお店数は5店舗だけなのでもしかするとあるかもですが)

 

伊達締めも、セットのものは写真の真ん中のタイプのもののはずです。

 

その他、小物というと人によって思いつくものが違うようで、足袋も入っていません。

 

足袋はサイズがあるので、別途購入になります。

 

衿に入れる(衿芯)もたぶん入っていない小物でしょう。

 

着付けに衿芯がないと、衿がピシっとしないので、あった方がいい小物です。

 

着物の下着についても、入ってませんので別途購入になります。

 

 

そして最後にセットのものが、バッグに収められていて、着物や帯などもたたんで入れることのできるバッグだったり、バッグ形式になっていないセットもあります。

 

着付けも上達して、着物に慣れてきたら、より結びやすい腰紐や伊達締め、より使いやすい着物クリップなどが欲しくなるので、単品で求めるのはグッズの良しあしがわかってきてからでもよいと思います。


スポンサーリンク










二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方