衣紋抜きの作り方・誰でもできる写真手順付き

衣紋(えもん)抜きの作り方と取り付け方・誰でもできる写真手順付き

スポンサーリンク

衣紋(えもん)抜きの作り方と取り付け方・誰でもできる写真手順付き

衣紋抜き自分で作ってます・作り方解説

「衣紋(えもん)抜き」は、長じゅばんの後ろ衿に取り付けて、衣紋のつまりを予防したり改善したりするものです。

 

着物に慣れていない方や、着ているうちに衣紋のつまりやすい方は、とりつけておくとたいへん便利です。

 

市販のものもありますし、自分でも簡単に作れますのでお試しくださいね。

 

必要になるものは、白い薄手の布と綿テープです。

 

長じゅばんへの取り付け方も説明しています。

 

スポンサーリンク


 

衣紋抜きの作り方

 

<用意するもの>

 

白い木綿の薄手の布を、たて52センチ×横18センチ

 

綿テープを、長さ14センチ 幅2.5センチ 

 

(綿テープがなければ白い布で代用してもOK)

 

手縫いでもできますし、ミシンを使ってもかまいません。

 

 

衣紋抜き・半分幅で縫って裏返しする

 

布を中表にして、たて半分に折って、縫い代1センチで端から端まで縫います

 

(白糸のミシンで縫ってあります。)

 

縫い代を一方に倒してアイロンをあて、表に返して縫い代のある位置を中央にし、アイロンをあてます。

 

 

 

 

衣紋抜き・空いている一方を縫い閉じる

 

あいている端の一方を、1センチ折り込んでとじます

 

ここではわかりやすよう黒い糸ですが、生地の白に合わせ白い糸で。

 

 

 

 

 

 

衣紋抜き・空いている方からはかってテープをつける

 

綿テープは1センチ上下を折りこんで、あいている端の方から17センチ下がったところに、綿テープをとりつけます。

 

(紐を通す位置を確認するため、ゆるくテープを留めて、一度長じゅばんを着て確かめてみると、自分に合った位置に取り付けできます)

 

 

 

 

衣紋抜き・中央と両端を縫い付けます

 

縫い付ける位置は、中央と両端です。

 

しっかりと取り付けます。

 

これで衣紋抜きが完成です。

 

 

 

 

 

 

衣紋抜きの取り付け方

 

衣紋抜き・長じゅばんへの取り付け位置

 

長じゅばんを用意してください。

 

衣紋抜きのあいている端の方を、長じゅばんの衿の中央に、縫い代1センチで縫い付けます。

 

綿のテープを取り付けることによって、腰ひもの通し口ができましたので、ここに腰ひもを通します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

衣紋抜き・半衿はこの上から

 

半衿はこの上から、かけてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

衣紋抜き・こうするとさらに便利

 

衣紋抜きは木綿のものがすべりにくく扱いやすいです。

 

持っている長じゅばんの数だけつくって取り付けておけば、どんな着物のときも衣紋のつまりを解消できます。

 

 

自分用に微調整

 

綿テープの取り付けについては、最初はゆるく取り付けて、実際に長じゅばんを着て腰ひもをしめてみて、適切かどうか確認してから、完全に取り付けると失敗がありません。

 

衣紋抜きの全体の長さは、ご自身でちょうど扱いやすい長さに調整してください。

 

紐を通す位置についても個人差がありますので、ちょうどよい位置がわかれば一か所だけにしてOKです。

 

 

その他、着物の小物を手作りするなら、半襟の作り方はこちら

 

その他の小物の作り方、丸ぐけ帯締めの作り方はこちら

 




スポンサーリンク








二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方