半衿の作り方・誰でもできる写真手順付き

半衿の作り方・誰でもできる写真手順付き

スポンサーリンク

半衿の作り方・誰でもできる写真手順付き

和菓子イメージ画像

半衿(半襟)はご存知の通り、長じゅばんの衿に取り付けて、衿元を飾る小物です。

 

着物の色柄に合わせて、半衿を付け替えることで、おしゃれ感もグッとアップする小さいけれど、とてっも威力のある小物です。

 

半衿にする布の素材は何でも良いですが、ここではカジュアルで日常でも楽しめる着物に取り付けるためのものにしますので、光沢がなく金銀が使われていないものであれば、大体どんな素材でもよいです。

 

夏は涼しげ、冬は温かいものを心がければ、さらにおしゃれ感がアップします。

 

そして着物の色柄と合うかどうかが一番肝心なので、半衿にしてはどうかな?と思われるものがあれば、その布地を着物の衿に当ててみるか、半衿の大きさに開けた定規(これも自作してみて)をその布に当ててみてください。

 

半衿になりそうかどうかが、すぐにわかるはずですよ。

 

では最初は、半衿の作り方です。

スポンサーリンク


 

半衿の作り方

 

長方形の布地、112センチ×16センチを用意します。

 

(長辺の方は100センチくらいでも大丈夫ですが胸紐がかかるようこれくらいあるとよいです)

 

短辺の両方を、裏側に1センチ折りまげて、アイロンをあててから、あらく縫いとめます(ほつれ防止のためです)。

 

これだけです。。。。あまりにもあっけなくってごめんなさい。

 

ピンキングバサミで切断してあれば、ほつれ止めに縫う必要もありませんので、もっと簡単にできますね(ピンキングバサミはジグザグに切断できるハサミです)。

 

適切な布をこの大きさで断つだけです。

 

柄物などで、糸目やちょっとの汚れがわかりにくいものであれば、次の段階までやっておくとさらに半衿つけが楽になります。

 

端辺と長辺の一方を縫いとめる

 

それは、長辺の一方を1センチ(〜1.5センチ)の幅で折り曲げて、あらく縫いとめておくんです。

 

こうしておくと、すぐに長じゅばんに待ち針をうてるというわけです。

 

 

 

 

 

 

 

長辺の一方を縫いとめる

 

こんな風にです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カジュアル着物用の半衿の例

 

日常着やちょっとしたお出かけ程度の着物につける半衿を紹介します。

 

市販のもの二種類

 

市販のものだと、こういったものがあります。

 

これはポリエステルのシャキッとした薄手のものです。

 

柄が細かいですよね。

 

 

 

 

市販のもの単色で柔らかい

 

これも市販品で、端辺はピンキングバサミで断ってあり、長編はミミになってます。

 

ごく柔らかい絹生地です。

 

 

 

 

 

 

 

自分で余り布や端切れを利用するなら、例えばこういったものです。

 

木綿の二種類

 

木綿の生地で、ちょうよいものを見つけたので、半衿サイズに合わせて切断しました。

 

上下とも小桜がいっぱいです。

 

 

 

 

 

 

木綿の二種類・無地

 

これも木綿の生地で、無地のものです。

 

無地のものの方が合わせやすいので、出番が多いです。

 

 

 

 

 

 

紺・蝶柄

 

これは私のお気に入りで、紺の濃淡、蝶の柄です。

 

春から夏によく利用します。

 

これも木綿です。

 

 

 

 

 

麻・雪の結晶模様

 

麻布で、雪の結晶の模様です。

 

この生地で夏の着物を作って、あまり布で半衿にしました(少々長さが足りないですが、なんとかなってます)。

 

四方がほつれてくるので、折り曲げて縫いとめてあります。

 

見本なので、赤い糸です。

 

 

 

 

ということで、細かい柄、単色のものを私はよく利用しています。

 

季節にあった柄だと、さらにいいですよね。

 

夏は他に、レースのものをよく利用しています。

 

冬なら、厚手の毛羽のあるウールや、モコモコしたタイプの生地でもいいですよね。

 

 

半衿に向くかどうかの定規

 

「半衿定規」とでも名付けましょうか。

 

半衿によさそう!と思ったけど、ちょっと自信がないときは、こんな定規を当ててみるとわかりやすいですよ。

 

 

厚紙に、カッターナイフで半衿の見える大きさに切り抜いたものです。

 

素敵な生地をお店で見つけたとか、家にある布地で半衿によさそうとか思えたものに、この定規をあててみるわけです。

 

半衿の見える大きさは、総面積   くらいしかありません。

 

ですから色は単色か、細かい柄のものか、または見えるところだけにポツンポツンとポイントになる柄があるか。

 

これが判断基準になるでしょう。

 

製作中です・・・・・・

 

半衿の取り付け方は、こちらに詳しく説明していますので、参考にしてくださいね!

 

女性のバチ衿の半衿のつけ方

 

女性の広衿の半衿のつけ方




スポンサーリンク








  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

無料のプレゼント

着付けのおけいこ入門*浴衣で入門

管理人が作った無料プレゼントです。『浴衣入門』 ゆかたでおでかけできるまで

↓↓↓↓↓

無料テキスト『着物を始めたい!着付けのおけいこ入門・浴衣で入門』



不要になった着物は買い取りに出してます
その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって着物買取のヤマトク

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 無料講座教材 メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方