扇太鼓(袋帯)の結び方を詳しく解説しました

扇太鼓(袋帯)の結び方を詳しく解説しました

スポンサーリンク

扇太鼓(袋帯)の結び方を詳しく解説しました

扇太鼓を詳しく解説しました

袋帯で結ぶ帯結びで、お祝いの席に向く扇太鼓の結び方です。

 

お太鼓の右上に扇をおいて、おめでたい気持ちを表現した結びです。

 

訪問着や色無地または付け下げに合わせるのに向いています。

 

結婚式に参列するとき、祝賀会などに参加するとき、何かの披露パーティーなど慶びを表現する帯結びです。

 

二重太鼓よりも華やかさがでます。

 

では扇太鼓の結び方を順をおって説明しますね。

スポンサーリンク


 

 

扇太鼓(袋帯)の結び方

胴に二巻きし手先を下にしてひと結び

 

手先を65センチほどとって、胴に二巻きして、しっかりと結びます。

 

そのとき手先は下にして結びます。

 

手先はわになっている方を下にして、胴の前に回して留めておきます。

 

 

 

 

 

 

 

たれの先で扇のひだをとります

 

たれの先で扇にするひだをとります。

 

ひだの形をとめるのにゴムを利用し、ひだの先の方と20センチくらいの位置にゴムでとめます。

 

仮紐で向かって右の背中に扇用のひだをとめます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

扇ひだのアップ

 

扇ひだです。

 

背中に密着するように仮紐でとめます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帯揚げをかけた帯枕をあてる

 

帯揚げをかけた帯枕を、たれ元から20センチくらいのところに置き、枕の紐を前でしっかりと締めます。

 

帯揚げは後で飾るので前に回して軽く結んでおきます。

 

扇ひだをとめた仮紐をとります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お太鼓の形を整えて仮紐で押さえる

 

お太鼓の形を整えて、仮紐でしっかりと押さえます(お太鼓のたれはわになります)。

 

仮紐は前に回して結びます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手先を通し帯締めを締めます

 

手先を後ろに回して、太鼓の内側に通します。

 

帯締めが通した手先の中心を通るようにして、前でしっかりと締めます。

 

 

仮紐を取り、帯揚げを飾って完成です。

 

 

 

 

 

 

 

 

扇太鼓完成写真・真後ろから

 

扇太鼓の完成写真です、真後ろからとりました。

 

扇太鼓の場合は、二重太鼓にはなりません。

 

手先は太鼓の左右1〜2センチ出る程度で、たれは6〜7センチが標準です。

 

 

袋帯がやわらかいときは、たれ元で扇のひだをとるようにすると、扇の形が安定します。

 

 

 

 




スポンサーリンク








  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

無料のプレゼント

着付けのおけいこ入門*浴衣で入門

管理人が作った無料プレゼントです。『浴衣入門』 ゆかたでおでかけできるまで

↓↓↓↓↓

無料テキスト『着物を始めたい!着付けのおけいこ入門・浴衣で入門』



不要になった着物は買い取りに出してます
その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって着物買取のヤマトク

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 無料講座教材 メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方