小さめの着物の着こなし方・工夫の仕方はここ!

譲ってもらった着物が小さいときの着こなし方・工夫の仕方はここ!

スポンサーリンク

譲ってもらった着物が小さいときの着こなし方・工夫の仕方はここ!

譲ってもらった着物が小さい

譲ってもらった着物のサイズが小さい!となるとちょっと残念ですが、でも工夫次第ではそのままお召しになることもできますよ。

 

あなたが気になる「小さい」ところはどこでしょう?

 

裄でしょうか、着物丈でしょうか、身幅でしょうか?

 

あまりに小さい場合はいけませんが、たとえばこんな風に工夫をしてみてくださいね。

 

袖が短いとき(袖幅が短いとき)

 

現代の着物の着方は、「袖口の位置が手首のあたりが普通」になりつつありますが、それは洋服の袖口と同じくらいの方が違和感がないと思われているからでしょう。

 

昔は袖(袖幅)は手首のくるぶしが出るのが当たり前で、洋服のように手首が隠れるくらいの長さではありませんでした。

 

洋服に慣れていると手首が見えることに抵抗があるかもしれませんが、着物の袖は手首が丸見えでもいいんです。

 

着物の袖が短く、腕をおろしたとき手首の小指側にある骨の突起(手首のぐりぐりとか手のくるぶしとかいいます)まで7〜8センチほどまでの長さしかないとき、これくらいまでは構わず着てしまっていいのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク


 

袖を少しでも長く見せる工夫

 

少しでも袖を長く見せたいときは、広衿なら衿を半分に折ってしまわずに、浅く折って少しでも身頃にかかるようにすれば、1〜2センチ幅を出すことができます。

 

半衿をたっぷり出す着方

 

また衿合わせをゆったりするようにしたり、半衿に色柄ものをもってきて半衿をたっぷり出す着方をしてみてください。

 

それで1〜2センチですが、袖が長くなります。

 

 

 

 

また立ち居振る舞いの際、腕をだらんと伸ばすのでなく、ひじを軽く曲げるようにすると、袖の短かさが目立ちにくくなります。

 

冬なら羽織やコートなどでカバーしたりもできますので、時と場合にもよりますが、普段用〜おしゃれ着としての着物なら、こうした工夫で問題なく着用できるようになります。

 

 

身丈が短いとき(着物の上から下までの丈が短いとき)

 

身丈=着物の長さが短いときは、おはしょりの長さが短くなります。

 

そんなときは、裾をいつもより短く着る、衣紋の抜きを少なくしてみます。

 

また腰ひもの位置を下げ気味に、あるいはおはしょりをなくして着るという工夫をしてみてください。

 

少し詳しくお話します。

 

 

腰ひもの位置を下げる工夫

 

着物丈が短いときの工夫の一つは、腰ひもの位置を腰骨に近い位置に少し下げぎみにして締めてみてください。

 

そうすると少しはおはしょりになる部分が増えます。

 

トイレに行った後など、おはしょりがめくれて腰ひもが見えていないことに気を配ってくださいね。

 

 

対丈(ついたけ)で着るという工夫

 

上記のような工夫をしてもまだおはしょりがとても短いというのであれば、いっそおはしょりを見せないように着付けてはどうでしょう。

 

おはしょりなしの着付け

 

おはしょりがないとどうしてもダメという人は別ですが、若い方やスタイルのいい方なら、おはしょりなしの着付けも悪くないですよ。

 

おはしょりがないと違和感があるかもしれません。おはしょりのある姿に慣れていますからね。

 

でもおはしょりがないと着物を着てはいけないというわけではないので、一度おはしょりなしの着付けをしてみるといいですよ。

 

おはしょりなしの着付けをしてみて、鏡にうつったご自分の姿が、あまりに貧相に見えたり感覚的にダメだというのなら、やめた方がいいとは思います。

 

でもそうでなければ、おはしょりなしの着付けでもたまには良しとしてもいいのでは。

 

おはしょりなしの着付けは「対丈(ついたけ)」で着るといいますが、少ししかでないおはしょり分を帯の中に隠すことになるだけのこと

 

スラリとした方だと下半身がすっきり見えるので、おはしょりがなくてもキレイな印象はあまり変わりません。

 

羽織を着る季節なら、まったくわからないでしょしね。

 

ショールなどを羽織ってもわからないものですから、一度お試しください。

 

ちなみに管理人は、ヒップの大きさとかが気になるので、おはしょりなしで着ることに抵抗があります。(-_-)

 

でもアンティーク着物の着物丈が短いものを直すさずに、羽織を着て知らんふりすることはありますよ。^^

 

 

身幅が狭いとき

 

年代の古い着物や小柄の人から譲ってもらった着物は、身幅が狭いことがあります。

 

そんなときの対処法です。

 

 

身幅が狭いときの工夫

 

譲ってもらった着物の身幅が狭いときは、着付けの工夫としては、下前の合わせを少なめにすることで対処できます

 

ただ前の合わせが浅くなるわけなので、歩くときに裾がひるがえりやすくなり、長じゅばんがのぞいたりしやすくなります。

 

そのため右手で上前を押さえつつ歩くと、ずいぶん裾のひるがえりも解消されます。

 

また歩幅を狭くするのも心がけた方がいいですね。

 

 

上半身の身幅も狭いときの工夫

 

身幅が狭いと、上半身もきつく感じられるかもしれません。

 

そんなときは、広衿ならいつもより胸のところの衿幅を広くとってみてください。

 

そして半衿をたっぷり出ようにもしてみてください。

 

こうすると左右ともに2〜3センチのゆとりが生まれるのではないかと思います。

 

 

譲ってもらった着物が小さいときの着こなし方・工夫の仕方はここ!まとめ

 

袖幅が短い、着物丈が短い、身幅が狭いという場合には、こうした着付けや着こなしの工夫をすることで、充分着られるようになるかもしれませんのでお試しください。

 

着物の場合は自分サイズの着物より、少し小いということがあっても、気にいっているものなら「ぴったりじゃなくてもまあいいか」という気楽さをもってもいいのではないかと思います。

 

ただあまりに着心地が悪いようなら、着続けることはむつかしいので、お直しを考えた方がよさそうです。

 

例えば裄のお直しについては⇒「裄(ゆき)のお直し

 

 

ちょっと小さい着物なら、専門家にお直しに出さなくても、自分でさっと手直しして、普通の着物姿になれる工夫をして、10センチくらいなら、身丈(着物の上から下までの丈が短いとき)の短い着物でも、着られるようにしています。

 

その方法はこちらで⇒お気軽着物の作り方

 

 

では、譲ってもらった着物のサイズがちょっと大きいというとき、そんなときはこんな工夫をすれば着られるようになりますよ。⇒大きめの着物の着こなし方

 


スポンサーリンク










二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方