二部式着物の通信販売(特徴や価格)

二部式着物の通信販売(特徴や価格)

スポンサーリンク

二部式着物の通信販売(特徴や価格)

二部式着物の特徴

一般的に二部式着物といわれるものは、上着が作務衣(さむえ)風になっていて、下着(スカート部)が巻きスカート状になったものを指します。

 

和食のお店の店員さんや、旅館の仲居さんなどが、着用しているのをみかけます。

 

普通の着物のようにも見えますが、大きな違いは、帯をしていないことです。

 

帯をしないので、上着がゆったりとしていて、軽快な着物または仕事着といた印象を受けます。

 

二部式着物は、呉服店にもありますが数はとても少なく、通信販売の方が好みのものを見つけやすいでしょう。

 

 

二部式着物の特徴

 

二部式着物の素材は、主に洗えるタイプのポリエステルが多いです。

 

二部式着物の利用者は、仕事着として利用する方が多いことと、気軽に着物の雰囲気を味わうことができるので、洗いたいというご希望に沿うものとなっています。

 

洗えるものであっても、質感が絹の風合いにそっくりな繊維を使用している二部式着物もあって、こちらも人気があるようです。

 

洗い方は表示をよく見て行ないますが、たいていは手洗いか、洗濯機での弱洗いでできるようになっています。

 

洗えるタイプのものは、しわになりにくく扱いも簡単です。

 

 

生地が上着とスカート部で同じものを使用している二部式着物が主流ですが、上着とスカート部の生地を別にして、例えば上を小紋柄に下を無地にするなどして、特徴をだしている二部式着物もあります。

 

着物といえば上から裾まで同じ生地、同じ模様という印象ですので、上下がそろっているものの方が着物に近くなりますが、上下別の模様でも、二部式着物の場合は違和感が少なく個性をだせそうです。

 

二部式着物の特徴

 

これはもう好みで選んでいけばいいでしょう。

 

サイズはMとLの二種類くらいが主流です。

 

適応サイズの範囲が広いと説明してあって、誰でも着られそうですが、身長が150センチに満たない方や、170センチをこえる方は、大丈夫かどうかよく確認してください。

 

サイズ展開がどうして少ないかというと、スカート部については長すぎるようならウエストのところで折り曲げてしまうことができ、上着で隠れるため、ずいぶん短くしても大丈夫だからです。

 

確かに上着の方は着るとき短くするわけにはいきませんが、少し長めの上着を着ている状態になって、ヒップのあたりまで隠れるかもしれませんが、ゆとりのある着姿そのものはあまり違和感がありません。

 

身長の高い方でLサイズで間に合うかどうかという方も、スカート部のウエストの位置を低めにして、上着を着たときウエストの紐が見えてしまうといけませんが、二部式着物の上着はかなり長いので、そこまで心配するほど短くて困るということはないでしょう。

 

和食店などの従業員さんのユニフォームとして採用されやすいのは、このように身長の高い人から低い人までを2種類のサイズでカバーできるところも魅力なのではと思います。

 

それなら袖はどうなの?という疑問がでてきますね。

 

二部式着物の袖は、着物のような長い袂(たもと)にはなっていなくて、洋服の袖よりはたっぷりとしていますので、着物のような雰囲気が出ています。

 

それに、袖口までの長さが手首まできっちりなくて、短めに出来上がっていますから、少々腕の短い人も長い人にも対応できるわけです。

 

またどんな方でも着られるように、袖口にゴムがはいっていて袖口が絞られているタイプのものもありますので、このようなものであれば仕事がしやすく、かつ身長の区別なく誰でも着られるという利点があります。

 

 

また作業用、仕事用として二部式着物がよく利用されるのには、特別何も用意しなくても、着用できるからではないでしょうか。

 

着物の時のように、帯を締める用意は必要もなく、下着の長じゅばんも必要ありません。

 

二部式着物だけあれば、どんな下着を着ていようとかまわないのですから。

 

それに細い方でも、ふくよかな方でも、たいていの体型の方が着用できるのも魅力のひとつでしょう。

 

なぜならスカート部を紐で留めますし、上着も紐で留めますから、何十センチもの範囲をカバーできるのが大きな特徴だからです。

 

ただし、スカート部の丈が長く、裾が足首あたりまであるので、ズボンのような歩きやすさにはならないのは「着物」だからこそです。

 

とはいえ通信販売で気軽に選べる二部式着物は、着物らしさを持ちながら、活動的な衣装で仕事や作業に向くものなので、和の雰囲気を出したいお店や、着物をきちんと着るほどでもというときに、とても利用価値のある衣装です。

 

そして、着物に全くなれていない初心者の方が、まず最初に着物の雰囲気に慣れるために試して着てみるのにも、二部式着物は向いていると思います。

 

 

二部式着物の価格

 

さてこのように便利で着用しやすい二部式着物、価格はいったいどれくらいか?ですが、通信販売の二部式の着物は、価格はかなり差があります。

 

一言で洗える着物と称しているものでも、下は4,000円程度から上は2万円くらいまでの開きがあります。

 

大量生産している業務用に用いるようなタイプは、やはり格安で、一番多い価格帯は6,000円くらいでしょう。

 

作業着や仕事着、普段着として着る分には、これで十分です。

 

 

でも、ちゃんとしたお出かけに着たいということであれば、色や柄を伝統的な着物の柄に近づけたもので、おしゃれ感も大きくなるようなものは、2〜4万円くらいになるようです。

 

二部式着物を着物の反物からきちんと作るということもできます。

 

その場合は着物同様の価格帯で、5万〜十数万までくらいの開きがあります。

 

価格の高いものはそれだけ素材のよいものを使っていますし、デザインも洗練されています。

 

帯のない着物姿、でもドレスのようなおしゃれ感を出すことも、高級な二部式着物ならできるでしょう。

 

「帯をして普通の着物と同じ着姿になる二部式着物の着方と作り方」はこちらです。

 

「帯なしの二部式着物の着方と作り方」はこちらです。


スポンサーリンク










二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方