着物のときの補正・なぜするの?どうやるの?

着物のときの補正・なぜするの?どうやるの?

スポンサーリンク

着物のときの補正・なぜするの?どうやるの?

補正の写真

着物を着るとき、洋服のようにそのまま着ると、帯や着物にシワができ、美しい仕上がりになりません。

 

それは着物が洋服のように、体の曲線に添った作りになっておらず、直線のまま仕立てられているからです。

 

着物が日常の服装であった時代は、着物を着るのに適した体つきでよかったのですが、その後洋服を着るようになって、メリハリのある体が美しいとされるようになりました。

 

メリハリのある体は、ウエストがキュッとしまった女性らしい体ですが、洋服を着こなすのには適していても、そのままだと着物姿としては見栄えがよくありません。

スポンサーリンク


 

そこで着物を着るときは、あえてそのメリハリを隠すように、ウエストのくぼんだところにタオルや補正用品をあてて、体を寸胴(ずんどう)にします。

 

ヒップの上にもくぼみがある方は、そこにもタオルや補正用品で、くぼみを解消します。

 

こうすることで、帯にも着物にもシワがよらず、着崩れしにくい着物姿を作ることが出来ます。

 

このようにウエスト周りとヒップの上を補正するのが基本ですが、バストが貧弱な方や鳩胸にして、いっそう着物姿が映えるようにする補正もあります。

 

 

補正の写真

 

着物の場合は帯から下は真っ直ぐなので、どうしても上半身の姿が印象に残ります。

 

バストが貧弱な方はバストにタオルを巻いて、少しボリュームを増すようにすると、着物姿が映えます。

 

また正装や礼装を着るときに、胸が鳩のようにふっくらしていると、堂々とした着物姿になれるので、胸の薄い方は、タオルを巻いたり胸の前にのせるなどして、鳩胸になるような補正をします。

 

とても太った方や全体に大柄な方は、補正が必要ない場合もあります(引き締めのためにさらしを使用することも時にあります)。

 

着物姿が映えるよう補正をするには、タオル類を用いることもありますし、専用の補正用品、補正下着を利用することもあります。

 

またその補正にさらに部分を補うために、脱脂綿を追加することもあります。

 

補正はそれぞれの体の特徴に合わせてするものなので、市販のものだけでなく、タオルを利用して自分で作ってもいいですし、自分の体にあった補正方法を選んで、見栄えのする美しい着物姿を整えてください。

 

女性の補正用具(補正下着)を手作りする場合は、フェイスタオルや腰紐を利用して作れますので、手作り派の方はこちらをご覧ください。
 ↓↓
女性の補正用具・用品を手作りする


スポンサーリンク








  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

無料のプレゼント

着付けのおけいこ入門*浴衣で入門

管理人が作った無料プレゼントです。『浴衣入門』 ゆかたでおでかけできるまで

↓↓↓↓↓

無料テキスト『着物を始めたい!着付けのおけいこ入門・浴衣で入門』



不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 無料講座教材 メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方