一文字結び(半幅帯)の結び方・手順を写真入りで解説しました

一文字結び(半幅帯)の結び方・手順を写真入りで解説しました

スポンサーリンク

一文字結び(半幅帯)の結び方・手順を写真入りで解説しました

一文字結び半幅帯解説

一文字結びは、半幅帯か浴衣帯で結ぶ帯結びです。

 

浴衣のときの軽快な後姿を演出したいとき、粋な踊り用浴衣のときに特によく似合う帯結びです。

 

また普段着用の着物のときにも用います。

 

袴をはくときもこの一文字結びをします。

 

そのときは羽根の幅を20センチまでの小さい羽根で結びます。

 

 

 

スポンサーリンク


 

 

一文字結び(半幅帯)の結び方

一文字結び・手を上に胴に二巻き

 

まず手先を半分の幅にして、55センチほどとって胴に二巻きします。

 

手先が上になるように、しっかりとひと結びします。

 

手先は衿にクリップで留めておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一文字結び・たれ先から羽根の幅をとります

 

たれの先から20〜25センチの幅をとって、たれの先が内側になるようにくるくると巻いていきます。

 

帯の長さが長いほど、羽根が厚くなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一文字結び・羽根に一つ山三枚ひだをとります

 

たれの元をしっかりとひらいて、羽根の中央で一つ山三枚ひだをとります。

 

 

 

 

 

 

 

 

一文字結び・手先をおろし結び目をとおします

 

手先のクリップをはずして、手先をおろし、羽根の中央から結び目へ通して、上にむかって引き締めます。

 

 

 

 

 

 

 

一文字結び・もう一度手先をおろして胴帯の内側へ

 

もう一度手先をおろし、胴帯の内側に下へ通します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一文字結び・出ている手先は巻いて胴帯の内側へ

 

胴帯から下に出ている手先を、外側にくるくると2〜3巻きして、胴帯におさめます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一文字結び・完成

 

一文字結びの完成です。

 

帯の長さが長いときは、手先をもう少し余分にとって、最後にしまいこむ分を多くすると、羽根の形が安定しやすく、また胴帯がゆるみにくくなります。

 

 

 

自分で巻くときは、体の前で形をつくってから、最後の、胴帯から出ている手先を胴帯におさめる動作を、右方向にまわして背中にきてから行います。

 

 

この一文字結びの羽根を大きくしたものが、文庫結びです。

 

羽根の大きさを変えることで、見た目が大きく変わりますのでお試しくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 




スポンサーリンク








  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

無料のプレゼント

着付けのおけいこ入門*浴衣で入門

管理人が作った無料プレゼントです。『浴衣入門』 ゆかたでおでかけできるまで

↓↓↓↓↓

無料テキスト『着物を始めたい!着付けのおけいこ入門・浴衣で入門』



不要になった着物は買い取りに出してます
その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって着物買取のヤマトク

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 無料講座教材 メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方