麻の着物

麻の着物の特徴・真夏に快適

スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

麻の着物の特徴・真夏に快適

麻の着物の一例

 

麻の着物は、植物の麻(苧磨(チョマ)や亜麻(あま))などから作られた、裏地を付けない夏の着物です。

 

麻の着物は、肌触りがさらっとしていて肌にまとわりつきません。

 

そのため、汗ばむ真夏の季節でも、着心地は快適です。

 

ここでは麻の着物の特徴を紹介します。

 

スポンサーリンク


 

麻の着物はおしゃれ着まで

 

麻の着物は、日常からお出かけ程度に向く着物です。

 

社交の場には向きません。

 

今では夏に麻の着物を着る人は少ないですが、着物が日常着の時代は夏に麻の着物は一般的でした。

 

 

夏着物としての着用の仕方

 

夏におしゃれ着として麻の着物を着るときは、できる限り涼しく装いたいですね。

 

そのためには、長じゅばん、帯ともに麻のものにすると、涼しく感じます。

 

麻の着物は普段用なので、帯は半幅帯か名古屋帯です。

 

 

有名高級な麻の着物

 

麻の着物は、「越後上布」や「能登上布」、「宮古上布」、「八重山上布」などが有名です。

 

これらは、素材の麻を刈り入れて、工程をすべて手作業で行っている製品です。

 

すべて手作業で作る麻の着物生地を、麻といわず「上布」と呼ぶことで、その手間と高品質な生地としての誇りがうかがわれます。

 

 

上布の製作過程

 

主な作業は、麻の栽培から始まります。

 

順序として並べてみます。

 

  • 麻の栽培
  • 麻の繊維をよりわけて繊維にする
  • 絣模様をつける
  • 織り上げる
  • 仕上げの手もみや雪さらしをする

 

といった手間をかけて出来上がります。

 

それぞれの上布には、生産地の気温や湿度の違いから、特色のある作業工程を経てできあがります。

 

現代受け継がれている上質の上布は、生産者が減り生産数も減少傾向です。

 

上布を取り扱う呉服店に予約をしておかないと、手にはいりにくい状況です。

 

 

入手しやすい小千谷縮(おぢやちぢみ)

 

麻の着物・小千谷縮の例

 

麻の着物の中でも、比較的入手しやすいのが、新潟県で生産される小千谷縮(おぢやちぢみ)です。

 

小千谷縮は緯糸(よこいと)に強い撚りをかけて織ったあと、洗って糊を落とすことでシボができます。

 

シボのおかげで、肌触りのさらっとした生地になります。

 

緯(よこ)糸に絣模様を染めてから織ることで、やわらかい曲線のような絵柄が織り出されているのが特徴です。

 

 

麻の着物の特徴

 

先に紹介した「上布」をはじめ麻の着物はいずれも、さらっとした着心地でです。

 

しわになりやすいこと、質感がゴワゴワしていることは麻の特徴です。

 

しわになりやすいため、足元がきれいでないと感じる人もあるようです。

 

ただ暑さを一番感じずに済む着物なので、日本の夏には最適です。

 

また、麻の着物の特徴として、家庭で手洗いできる点はよい点です。

 

乾きが早く、木綿とは違う夏の着物の良さを感じられます。

 

 

麻の着物の特徴・真夏に快適のまとめ

 

麻の着物は、植物の麻(苧磨(チョマ)や亜麻(あま))などから作られた、裏地を付けない夏の着物です。

 

普段用〜おしゃれ着までの装いです。

 

表面にシボがあるため、肌にまとわりつかず涼しく感じます。

 

手作業で作られた高級な麻の着物は「上布」と呼びます。

 

手洗いができるので、真夏に持っていたい一枚です。

 

 

<関連ページ紹介>

 

「夏に着る麻の着物の洗濯方法」




スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら



  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方