麻の着物

麻の着物

スポンサーリンク

麻の着物

麻の着物の一例
(麻の着物の一例)

 

麻の着物は、植物の麻(苧磨(チョマ)や亜麻(あま))などから作られた、裏地を付けない夏の着物です。

 

麻の着物は、肌触りがさらっとしていて肌にまとわりつくことがないので、同じ夏物の木綿よりも、汗ばむ季節には着心地が快適です。

 

家庭で手洗いもでき、乾きも早いので、夏の着物としてぜひ一枚は欲しいところです。

スポンサーリンク


 

麻の着物は、日常着からお出かけ程度のもので、社交の場には向きません。

 

夏に着物を着るのは敬遠したいかもしれませんが、帯も長じゅばんも麻のものにすると、最も涼しいと感じます。

 

麻の着物の一例
(麻の着物の一例・麻の洋服生地から仕立てた着物)

 

麻の着物には、素材の麻を刈り入れて、工程をすべて手作業で行っている製品として、越後上布や能登上布、宮古上布、八重山上布などが有名です。

 

すべて手作業で作る麻の着物生地を麻といわず「上布」と呼ぶことで、その手間と高品質な生地としての誇りがうかがわれます。

 

 

主な作業は、麻の栽培から始まって、麻の繊維をよりわけて繊維にする、絣模様をつける、織り上げる、仕上げの手もみや雪さらしをする、といった手間をかけて出来上がります。

 

それぞれの上布には、生産地の気温や湿度の違いから、それぞれ特色のある作業工程を経てできあがります。

 

現代受け継がれている上質の上布は、生産者が減り生産数も減少傾向です。

 

上布を取り扱う呉服店に予約をしておかないと、手にはいりにくいとも聞きます。

 

麻の着物の中でも、国産で比較的入手しやすいのが、新潟県で生産される小千谷縮(おぢやちぢみ)です。

 

麻の着物の一例
(小千谷縮)

 

小千谷縮は緯糸(よこいと)に強い撚りをかけて織ったあと、洗って糊を落とすことでシボができ、肌触りのさらっとした生地ができあがります。

 

緯糸に絣模様を染めてから織ることで、やわらかい曲線のような絵柄が織り出されているのが特徴です。

 

麻の着物はいずれも、さらっとした着心地ではありますが、しわになりやすいことや、ごわっとした質感があることなども麻の特徴です。

 

ごわっとした質感で色のうすい生地だと、太って見えやすとか、しわになりやすく足元がきれいでないと感じる人もあるようです。

 

ただ暑さを一番感じずに済む着物なので、日本の夏には最適です。麻の着物がもっともっと出回って着る人が増えて欲しいと思います。

 

 

越後上布や能登上布、宮古上布、八重山上布などについての解説はもうしばらくお待ちください。

スポンサーリンク










二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方