女性の着物の着方(着付け方)

女性の着物の着方(着付け方)

スポンサーリンク

女性の着物の着方(着付け方)

着付けイメージ

女性の最も一般的な着物姿の着方の説明です。

 

着物を着あがった姿は同じでも、その着方の途中にはさまざまな方法があって、指導する人によって若干の違いがあります。

 

ここでは、きらこよしえが着付け教室で指導している方法で、入門者に向けた着付け方を説明します。

 

下着をつけた姿に、足袋をはきます。

スポンサーリンク


 

下着は、背が大きく開いたものなら、なんでもかまいません。

 

バストが大きい方は、和装ブラまたは胸の高さを抑えられるスポーツブラをおつけください。

 

足袋は、むくように開いて、指先をきっちり先につけてはきます。

 

胴の細い方は、フェイスタオルを幅半分に折って、半分に切った腰ひもをとりつけた(補正用胴帯)をウエストの窪みにまきます(フェイスタオルを巻いてから腰紐でとめてもよい)。

 

お尻の上にくぼみのある方は、フェイスタオルを六分の一に折ってのせ、くぼみを解消します。

 

半衿のついた長じゅばんに袖を通します。半衿には、はめ込み芯をいれておきます。

 

衿は、のどのくぼみか1センチくらい下で合わせ、首の後ろ側は、指3〜4本くらいあけて着ます。

 

腰と胸の間で、胃をさけてその左右どちらかで、腰紐をしめます(このとき締める紐を胸紐とよびます)。

 

背中と胸のシワをとって、だて締めをその上に締めます。

 

伊達締めは二度掛けして、クロスし、端は挟み込みます。

 

次に着物に袖を通します。

 

袖の山を指先でつまんで、左右にひっぱり、背中心を合わせます。

 

衿先から20センチ位のところを持って、上前の位置を決めます。

 

下前を右の腰にあて、つま先が床から20センチになるくらいにあげます。

 

上前を決めた位置に戻して、つま先位置を15センチほどに決めます。

 

腰から下にたるみが出ないように、腰ひも締めます。

 

裾線がまっすぐで、つま先が上がっているのを、確認してください。

 

おはしょりを整えるため、左右の身八ツ口から手を入れて、手刀で、とんとんと前後のゆるみを直します。

 

前衿を半衿が1・5から2センチのぞくように、きっちり合わせます。

 

そのとき下前の衿の底を内側に三角におりあげてから、上前の衿を合わせ、腰と胸の間で、腰ひもをしめます(このときは胸紐を締めるといいます)。

 

ひもの締める位置は、胃をさけてその左右どちらかで締めます。(二度掛けしてクロスしてから挟み込む)

 

背中のシワを左右に引っ張ってとり、胸や脇のたるみがあれば、胸紐の下に引っ張ってとります。

 

おはしょりの底を前と左右まっすぐに決めて、だて締めをその上に締めます。二度掛けしてクロスし、端は挟み込みます。

 

女性の着物姿の完成です。

 

背の方のおはしょりは、お太鼓結びをすると隠れるので、あまりきちんと整えなくてもかまいません。

 

 

和装下着については別項目にてご説明しています(⇒現在製作中)。が、和装下着でないといけないというわけではありません。

 

このあと帯を結びます。お太鼓結びについてはこちらをご覧ください⇒お太鼓(名古屋帯)の結び方

 

その他の名古屋帯の結び方も紹介していますよ。


スポンサーリンク










二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方