着物を着るときの小物を手作りする

着物を着るときの小物を手作りする

スポンサーリンク

着物を着るときの小物を手作りする

着物を着るときに必要な小物を、自分で作ってみませんか?

 

普段にもちょっとしたお出かけにも、小物を変えてみると着物の楽しみが広がります。

 

特に半衿(半襟)や帯揚げは、いくつあってもいい小物です。

 

着物の小物はどれもほとんど長方形で出来上がっていますし、難しい作業もないので、ぶきっちょさんにも挑戦しやすいはずですよ。

着物を着るときの小物を手作りする記事一覧

半衿の作り方・誰でもできる写真手順付き

半衿(半襟)はご存知の通り、長じゅばんの衿に取り付けて、衿元を飾る小物です。着物の色柄に合わせて、半衿を付け替えることで、おしゃれ感もグッとアップする小さいけれど、とてっも威力のある小物です。半衿にする布の素材は何でも良いですが、ここではカジュアルで日常でも楽しめる着物に取り付けるためのものにします...

≫続きを読む

 

帯揚げの作り方・誰でもできる写真と手順付き

帯揚げを自分で手作りすれば、カジュアル着物の着こなしがもっと楽しめますよ。帯揚げは帯の上に小さく見えているだけですが、帯枕の紐を隠しつつ帯の上の飾りを兼ねています。また脇のところも帯揚げが見えるので、ここが案外重要なところです。帯の上に出す帯揚げの分量は、若い女性は多く年齢が上がると少めという基本は...

≫続きを読む

 

衣紋(えもん)抜きの作り方と取り付け方・誰でもできる写真手順付き

「衣紋(えもん)抜き」は、長じゅばんの後ろ衿に取り付けて、衣紋のつまりを予防したり改善したりするものです。着物に慣れていない方や、着ているうちに衣紋のつまりやすい方は、とりつけておくとたいへん便利です。市販のものもありますし、自分でも簡単に作れますのでお試しくださいね。必要になるものは、白い薄手の布...

≫続きを読む

 

腰紐(こしひも)の作り方・自分にぴったりサイズで・誰でもできる写真手順付き

「腰ひも」は着物の着付けに欠かせない、大切な小物です。腰ひもには何種類かその素材のものががありますが、一番しまりがよいのはやはりモスリンの腰ひもでしょう。「モスリン」というのは薄手のウールのことです。一般的な「モスリンの腰ひも」といえば、ベージュ色や薄いピンク色です。でも隠れたおしゃれとして、可愛ら...

≫続きを読む

 

伊達衿(だて衿)の作り方・誰でもできる写真手順付き

伊達衿は、付け下げや訪問着、振袖などの、上等なやわらか着物にあわせる衿で、長さが125×11センチくらいの長方形のものです。着用する際には、これを半分の幅に折って使用します。着物の下にもう一枚着物を着ているように見せかける効果があり、胸元が華やかになります。重ね衿ともいいます。着付けの際に、着物の衿...

≫続きを読む

 

丸ぐけ帯締め(丸ぐけひも)の作り方・誰でもできる写真手順付きアレンジも

「丸ぐけ帯締め」というのは、布製の帯締めです。昔は丸ぐけ帯締めというと、中に綿(わた)をつめたものでしたが、現代では詰め物はいろいろとあります。外見が布の筒状であればみな「丸ぐけ帯締め」とか「丸ぐけひも」、または「丸ぐけ」と呼ばれています。丸ぐけ帯締めは、組みひもの帯締めが広まっていない時代、手近な...

≫続きを読む

 

付け替え袖(うそつき袖)の作り方と取り付け方・写真手順付きで解説

「付け替え袖」別名「うそつき袖」をご存知ですか?ご自分用に誂えたきものと違い、譲ってもらった着物やアンティーク着物などでは、袖丈の違いがありますね。着物の袖より短すぎると飛び出てしまったり、長すぎると収まりが悪いです。そこで、この「付け替え袖(うそつき袖)」を利用すれば、どんな袖丈の着物にも対応でき...

≫続きを読む

 
スポンサーリンク










二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方