着物のときの防寒具

着物のときの防寒具

スポンサーリンク

着物のときの防寒具記事一覧

羽織(はおり)

(女性用・中羽織)羽織は、紅葉の頃から桜が咲くまでの、風の冷たい季節に着用し、秋になって最初に羽織る防寒着です。さらに寒い季節には、羽織の上からコートを着用してもよく、羽織そのものはジャケットやカーディガンのような扱いで、室内でも脱がなくてもよい衣装です。いすに座るときは裾をはねて、お尻にしかないよ...

≫続きを読む

 

コート

(道行衿のコート)着物の上に羽織るコートは、衿以外の形が同じということもあり、衿の形に変化をもたせています。一番多く利用されているのは道行コートの「道行衿(みちゆきえり)」です。四角い額縁のような形をしています。洋服の衿の印象を取り入れた「千代田衿」と「へちま衿」。道行衿の角をとった「都衿」。子供の...

≫続きを読む

 

ショール・ストール

着物の防寒には、昔からショールが使われていました。着物用のショールといえば、一般的に長方形の肩掛けで、留め具などはなく胸の前であわせ、片手で押さえて利用します。素材はベルベットやレウール製のものなどに、すべりのよい裏地を付けます。薄手のものなら羽織やコートの上から掛けて、肩や首周りを防寒するのに重宝...

≫続きを読む

 

冬用の足袋(たび)

(女性用・別珍足袋・赤)寒い季節は、足元がとても冷たくなります。春〜秋にはいていた足袋ではつらいとき使われるのが「別珍の足袋」です。別珍は綿(が中心)で立毛した厚手の素材で、光沢があります。(これにうねのあるのがコーデュロイです)たいていは赤やピンク、紺、グレーなどの色がついていて、裏地にも保温力の...

≫続きを読む

 

男性の防寒具

男性の防寒具は、コートが主に用いられます。男性も羽織を着ますが、防寒用としての用途より、温度変化の調整や装いのアクセントのように羽織を用いることが多いです。男性が外出する際に用いる防寒用コートには、以下のようなものがあります。「インバネス(インバネスコート)」は、ヨーロッパ製の外套で、スコットランド...

≫続きを読む

 
スポンサーリンク










二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方