社交・礼装の着物

社交・礼装の着物

スポンサーリンク

社交・礼装の着物記事一覧

振袖(ふりそで)とその装い方

振袖は袖の丈が長い、豪華な模様を描いた未婚女性の第一礼装の着物です。袖丈(袖を通す方向に垂直方向のたもとの長さ)が長いほど格調が高く、長さによって、大振袖、中振袖、小振袖と呼ばれています。大振袖は、最も袖丈が長いもので袖丈114cm前後、中振袖は袖丈100cm前後、小振袖85cm前後です。大振袖はと...

≫続きを読む

 

留袖(とめそで)

留袖は上半身には模様がなく、腰から下だけに模様を配置した着物で、黒留袖と色留袖があります。黒留袖は五つ紋がついていて、結婚式に出席する新郎新婦の母親や既婚の親族の女性、お仲人の女性が着るもので、既婚女性の一番上の礼装になります。色留袖は、黒留袖の着物の地色を黒以外にしたもので、五つ紋付にすると黒留袖...

≫続きを読む

 

訪問着(ほうもんぎ)

お祝い事の正装として着用する着物で、衿、胸、肩、袖、裾などに模様がつながるように染めた着物のことです。柄は主に古典的な柄が多いですが、個性を発揮したいとき、やや気軽に装いたいときなどはモダンな柄のものが好まれるようです。訪問着の柄は、模様が絵のようにつながっていることで、製作の手間がかかり絵柄も華や...

≫続きを読む

 

付け下げ

柄が肩山、袖山を頂点にして全て上を向くように柄付けがあらかじめされている着物です。第二次世界大戦中、訪問着が華美になり高価になっていく時代に、堅実で質素な柄付けの着物を求める風潮の中で登場した着物です。そのため柄は、左胸、前後の身頃のみか、袖に加わる程度で、幅も大きさも訪問着に比べ小さく質素な印象で...

≫続きを読む

 

江戸小紋

色無地とおなじく一色染めの着物ですが、糊で防染した部分が白く染めぬかれて柄になっているのが江戸小紋です。元は江戸時代の大名が、各藩で定めた柄を裃(かみしも)に用いたことから始まりますが、江戸中期になると遊び感覚の模様が庶民にも広がり、数々の絵柄が受け継がれています。江戸小紋は柄によって格がかわり、フ...

≫続きを読む

 

色無地

色無地は、黒以外の一色で染めた着物で、着物地に文様を織り出したものに染められます。着物地の文様は紋意匠縮緬、紋綸子の素材で、一色で染めることでその地紋の美しさが際立ちます。同色の裾ぼかしのものも、色無地といいます。袋帯を合わせることで、お茶席や記念式典に用いることができ、黒の名古屋帯を合わせると通夜...

≫続きを読む

 

男性用社交・礼装着物

男性の礼装の着物は、紋付羽織袴(もんつきはおりはかま)といわれるように、五つの紋がついた着物と羽織、そして袴を着ます。着物と羽織は黒い羽二重というすべらかな生地で、袴は仙台平(せんだいひら)を合わせます。袴が正装とされたのは、明治維新後に裃(かみしも)が廃止されてからです。現代、黒の紋付羽織袴を着る...

≫続きを読む

 
スポンサーリンク








  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

無料のプレゼント

着付けのおけいこ入門*浴衣で入門

管理人が作った無料プレゼントです。『浴衣入門』 ゆかたでおでかけできるまで

↓↓↓↓↓

無料テキスト『着物を始めたい!着付けのおけいこ入門・浴衣で入門』



不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 無料講座教材 メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方