着物の洗い張りを知っていますか?

着物の洗い方「洗い張り」とは?詳しいやり方、費用は

スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

着物の洗い方「洗い張り」とは?詳しいやり方、費用は

着物の洗い方「洗い張り」とは?詳しいやり方、費用は

着物の洗い方には二種類あります。「洗い張り」と「丸洗い」です。

 

「丸洗い」は着物そのままをドライクリーニングすることです。

 

「洗い張り」は着物独特の洗い方で、縫い目をほどいて水と洗剤で洗う方法です

 

ここでは「着物の洗い張りの方法」についてまとめました。

 

またメリット、費用についてもお伝えします。

 

スポンサーリンク


 

着物の洗い張りの方法

 

「洗い張り」は水と洗剤をもちいて洗うので、水性・油性のどちらの汚れもよく落ちます。

 

そのため洗いあがりは非常にさっぱりとします。

 

 

「洗い張り」の具体的なやり方

 

着物の洗い張りの具体的な方法を紹介します。

 

  • まず着物の縫い目をすべて解きます。
  • 細長くなった布の端と端をあらく縫い合わせ、反物の形にもどします。
  • たわし(はけ)を使って水と洗剤で洗います。
  • 洗い終わったら、縫い合わせをほどきます。
  • 乾かします(伸子(しんし)という細い竹を布に張って、糊付けしながら乾燥。
  • 元のように着物に仕立てます。

 

※現代は糊付けせずに「湯のし機」という機械で反物を整えることもあります

 

 

洗い張りをすると、汚れやくすみがなくなります。

 

さっぱりとしてまるで生地が生き返るような新鮮さになります。

 

 

「洗い張り」の良い点・メリット

 

洗い張りの良い点は、新に仕立てをするわけですが、そのときサイズを変えて仕立てることができる点です。

 

体型が変わり幅や裄のサイズを変更したいときは、洗い張りをしてからにすると新品を仕立てたような仕上がりになります。

 

また生地の傷みや色の変化があれば、生地の配置を変えて仕立て直すことができます

 

そのため、その後も長く着用できるようになります。

 

サイズ変更や再仕立てだけでなく、羽織りやコートに仕立て直すことも可能です。

 

 

「洗い張り」の今

 

昭和30年代ごろまでは、着物での生活も続いていたので、「洗い張り」を家庭の主婦が行っていました。

 

季節の変わりめなどに、家族の着物を洗い張りしていました。

 

着物と同時に、汚れた裏地も洗い張りをします。

 

裏地は薄いため、傷みも早く新たな裏地にかえることもあります。

 

現代では着物を着る機会が減り、家庭で洗い張りをすることはなくなりました。

 

代わって専門店(しっかいやなど)に頼みます。

 

呉服店を通して依頼するか、インターネットで洗い張りしてくれるお店を見つけます。

 

 

着物の「洗い張り」の費用

 

着物を洗い張りしてもらうときの費用は、どれくらいかかるでしょう。

 

 

<洗い張りの費用の積算>

 

  • 着物の解き代
  • 端縫い代
  • 洗い代
  • 仕立て代
  • 必要なら裏生地代

 

これらがセットで、費用は決められます。

 

着物の種類ごとに設定されている場合が多いです。

 

およそ3万円〜6万円程度です。

 

 

着物が日常着だった昔は、洗い張り をして長期間 利用していました。

 

洗い張りををしても着物として使用できなくなると、「繰り回し」といって、今で言うリメイクを盛んに行っていました。

 

布団や子供のはんてん、座布団、巾着袋などに。

 

それだけ着物の生地は大切され、長く活用されていました。

 

 




スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら



  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方