着物の洗い張りを知っていますか?

着物の洗い方「洗い張り」の方法と「丸洗い」との違い

スポンサーリンク

着物の洗い方「洗い張り」の方法と「丸洗い」との違い

振袖の女性が正座であいさつしている姿

着物の洗い方には二種類あります。「洗い張り」と「丸洗い」です。

 

「丸洗い」は着物そのままをドライクリーニングするもので、「京洗い」ともいいます

 

有機溶剤で洗う方法で、皮脂やほこりなどの油性の汚れを落とします。

 

「洗い張り」は、着物独特のもので、着物の縫い目をほどいて水と洗剤で洗う方法です。

 

ここではあまり知られていない「着物の洗い張りの方法」についてまとめました。

 

スポンサーリンク


 

着物の洗い張りの方法

 

着物の洗い張りは、着物の縫い目をすべて解いて、細長くなった布の端と端をあらく縫い合わせ、反物の形にもどしてから、たわしを使って水と洗剤で洗います。

 

「洗い張り」をすると水性・油性のどちらの汚れもよく落ちます。

 

そして洗い終わったら、縫い合わせをほどいて乾かします。

 

乾かし方は、長い板に布に張り付けて、立てかけて乾燥させたり、伸子(しんし)と呼ばれる細い竹を布に張って、糊付けしながら乾燥させていきます。

 

(現代は糊付けせずに「湯のし機」という機械で反物を整えるようになっているようです)

 

乾燥したら、元のように着物に仕立てます。

 

生地がとてもさっぱりとして、まるで生地が生き返るような新鮮さになります。

 

洗い張りの良い点

 

洗い張りの良い点は、仕立てをする際、サイズを変えて仕立てることができる点です。

 

体型が変わり幅や裄を変更したいとき、洗い張りをしてからにすると、新品を仕立てたような仕上がりになります。

 

また生地の傷みや色の変化があれば、生地の配置を変えて仕立て直すことができるので、その後も長く着用できるようになります。

 

サイズ変更や再仕立てだけでなく、羽織りやコートに仕立て直すことも可能なので、相談してみましょう。

 

洗い張りの今

 

昭和30年ごろまでは、着物での生活も続いていたので、この「洗い張り」を家庭の主婦が行っていました。

 

家族の衣類の管理は主婦の務めですから、季節の変わりめなどに、家族の着物を洗い張りしていました。

 

着物と同時に、汚れた裏地も洗い張りをします。

 

裏地は薄いため、洗い張り後に使用でないようであれば、新たな裏地をつけて仕立てます。

 

現代では着物を着る機会が減り、家庭で洗い張りをすることはなくなりました。

 

代わって専門店(しっかいやなど)で請け負ってくれます。

 

呉服店を通して依頼するか、インターネットで洗い張りしてくれるお店を見つけます。

 

 

着物の洗い張りの費用

 

着物を洗い張りしてもらうときの費用は、どれくらいかかるでしょう。

 

「着物の解き代+端縫い代+洗い代+仕立て代+必要なら裏生地代」

 

これらをセットで、着物の種類ごとに設定されている場合が多いです。(およそ3万円〜6万円)

 

着物の種類のほか、質によっても価格が違う場合もあります。

 

 

着物が日常着だった昔は、洗い張り をして長期間 利用していました。

 

洗い張りををしても、着物や長襦袢では使えなくなったら、「繰り回し」といって、今で言うリメイクを盛んに行っていました。

 

布団や子供のはんてん、座布団、巾着袋など様々に作り直していました。

 

それだけ着物の生地は大切に長く活用されて、生地の一生を終えていました。




スポンサーリンク








二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方