着物の洗い張りを知っていますか?

着物の洗い張りを知っていますか?

スポンサーリンク

着物の洗い張りを知っていますか?

イラスト着物イメージ

クリーニング方法の一つである「洗い張り」は、着物独特のものです。

 

着物をぜんぶ解いて、布の端と端をあらく縫い合わせ、反物の形にもどしてから、たわしを使って水と洗剤で洗います。

 

「洗い張り」をすると水性・油性のどちらの汚れもよく落ちます。

 

生地もさっぱりとして、まるで生地が生き返るような新鮮さになります。

スポンサーリンク


 

そして洗い終わったら、端の縫い合わせをほどいて乾かします。

 

乾かし方は、長い板に板に張り付けて、立てかけて乾燥させたり、伸子(しんし)と呼ばれる細い竹布をに張って、糊付けしながら乾燥させていきます。

 

乾いたら仕立てをしますが、このときサイズを変えることができるので、もし体に合わなくなっているようなら、あらかじめサイズを頼んでおいて変更して仕立ててもらいます。

 

昭和30年ごろまでは、この「洗い張り」を家庭の主婦が行っていました。

 

家族の衣類の管理は主婦の務めですから、季節が変わりめなどに、家族の着物を洗い張りしていました。

 

着物と同時に汚れた裏地も洗い張りをします。

 

絹の着物の裏地は、絹が多いですから、裏地もイキイキとよみがえるほどです。

 

絹は洗い張りをすることで元の光沢や張りを取り戻すことができるので、洗い張りに出したあとは、新品同様のすがすがしさです。

 

今では洗い張りをしてくれるところは少なく、その様子を見ることはありませんが、全国どこからでも送れば洗い張りを行ってくれるお店があります。

 

費用は、着物による区別、解き代、仕立て代とかかります。

 

仕立てるとき、生地の場所を入れ替えたり、紬は表裏を入れ替えたりして、長持ちするように仕立てることもできます。

 

また羽織や長じゅばんなど、別の目的のものに仕立てることもできます。

 

着物を長く使う習慣があった昔は、洗い張りをして長期間利用し、布そのものを用途の違う、布団や子供のはんてんなどへと作り替える繰り回し(今でいうリメイク)も当たり前に行われていました。

 

 

 

 

 

 




スポンサーリンク








  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

無料のプレゼント

着付けのおけいこ入門*浴衣で入門

管理人が作った無料プレゼントです。『浴衣入門』 ゆかたでおでかけできるまで

↓↓↓↓↓

無料テキスト『着物を始めたい!着付けのおけいこ入門・浴衣で入門』



不要になった着物は買い取りに出してます
その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって着物買取のヤマトク

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 無料講座教材 メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方