タンスの肥やしの着物が100万円!いえいえ200円?いったいいくら?

タンスの肥やしの着物が100万円!いえいえ200円?いったいいくら?

スポンサーリンク

56才 あきらめかけていた頬のシミに、いいもの見つけた! リペアジェル

タンスの肥やしの着物が100万円!いえいえ200円?いったいいくら?

タンスの肥やしの着物が100万円!いえいえ200円?

タンスの肥やしの着物が100万円になったという話と、200円だったという話を同時にききました。

 

これは極端な例だとは思いますが、いらなくなった着物を買い取ってもらうときの話です。

 

着物って、昔はすごく価値がありました

 

質屋さんにもっていってお金に代えてもらうことができましたし。

 

今はどうなんでしょう?

 

 

質屋さんに電話してみたら

 

大手で名の通っている市内の質屋さんに、電話で問い合わせしてみました。

 

すると「着物は扱っていない」といわれました。

 

扱っていないといわれれば引き下がるしかありません。

 

 

質屋さんが着物を扱わない理由

 

昔は着物がお金に代わったのですが、今はそうでない。。。

 

ってどうしてだと思います?

 

いろいろ調べてみたところ、「質屋に着物を預ける、それに対してお金を貸すという仕組み

 

借りたお金に利息をつけて返すことで、着物が戻ってくるというわけです。

 

着物を買い取ってくれるというわけではないのですね。

 

着物は保管しておくのがたいへんなので、利益がでにくいようなのです。

 

それで質屋さんは、着物を扱わないようになってきています。

 

 

タンスの肥やしが100万円になった!

 

つい先日、 タンスの肥やしが100万円になったというテレビの番組がありました。

 

100万円の着物を手にとって、見せていました。

 

その着物は、「一竹(いっちく)」 という人の落款が入った着物でした。

 

落款というのは、 書道などに名前とともに付いてる赤い印鑑ですね。

 

有名な人の作った着物は、 前あわせの見えないところに落款が入っています

 

箪笥の中の着物、そもそものお値段が高そうなのかどうかは、「落款」を探すといいですね。

 

すごくいい着物だと、100万円なるということです!

 

 

200円の着物もある、200円って安いの?

 

タンスの肥やしの着物が200円って安いの?

 

そして同じ人がそこの横にある着物を手にして、「これは200円」と言っていました。

 

全体に模様が入った若い人向けの着物のようです(一瞬だったのでよくわかりませんが)。

 

「200円、それは安すぎでしょ」

 

「でも、捨てるんだったら200円の方がいいかもしれない。。。」とふと思いました。

 

着物って いいものは100万円になることもあるし、200円にしかならないものもある。

 

それは一般人では、ちょっとわからないですね。

 

ただ落款が入った作家さんのものは 万単位の お金になるということは確かのようです。

 

 

価値が分からないのが当たり前

 

タンスの中に着物が眠ってるっていうのは、 着物を全く着ないからですよね。

 

着物着ないってことは、着物が必要でないからですよね。

 

そういう人が着物の価値を知ろうとしても、そう簡単にはわかりません。

 

元々は高い値段で買っったんだろうな、と予想はできるものの。

 

たんすに置いておくだけ。

 

ゴミ袋に入れて捨てるのも。。。ねえ。

 

 

質屋さんは買ってくれない。

 

価値が分からない。

 

そうかといって高いかもしれない。

 

 

着物を売りに行って損しちゃった!という真知子さんの話⇒「着物を高く売るには・絶対損しない着物の買取先を選ぶなら




スポンサーリンク




56才 あきらめかけていた頬のシミに、いいもの見つけた! リペアジェル



皮膚科医



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら



  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方