タンスの肥やしの着物が100万円!いえいえ200円?いったいいくら?

タンスの肥やしの着物が100万円!いえいえ200円?いったいいくら?

スポンサーリンク

タンスの肥やしの着物が100万円!いえいえ200円?いったいいくら?

タンスの肥やしの着物が100万円!いえいえ200円?

昭和の初め頃までのドラマで 見かけますよね、生活費が足りない時に着物を質に入れてお金に変えている場面。

 

やつれた奥さんが人目を忍んで風呂敷包みの中に着物を入れて、質屋さんに向かうあの場面

 

昔は着物ってすごく価値があったようですね。

 

ところで私、タンスの中に着物がいっぱいあるんです。

 

母が私のためにといって残してくれたけど、私は全然着ないしきもののこと全く知らないし。

 

チラッと開けてみたらピンク色とか赤とか、若い人が着るものばっかりみたいだし。。。

 

もしかして質屋さんにもっていけばお金になるのかしら?

 

と調べてみました。

 

 

質屋に電話してみたら

 

質屋さんに電話で問い合わせたところ、「着物は扱っていない」といわれました。

 

扱っていないといわれれば引き下がるしかありません。

 

 

質屋さんが着物を扱わない理由

 

テレビドラマのように、昔は着物がお金に代わったのですが、今はそうでないってどうしてだと思います?

 

いろいろ調べてみたところ、「質屋は着物を預ける、それに対してお金を貸すという仕組み

 

「質屋は利息で儲けているため着物をとりにこなければ別のところに売りさばかないと商売にならない=手間がかかる」からです。

 

着物を買い取ってくれるというわけではないのですね。

 

それにほかの貴金属に比べて着物は保管しておくのがたいへんなので、利益がでにくいからのようです。

 

※少ないですが今でも着物を扱う質屋さんはあります※

 

そんなわけで、今着物を質屋さんで処分するっていうのは現実的ではないわけです。

 

 

タンスの肥やしが100万円になった!

 

そんな折、 タンスの肥やしが100万円になったというテレビの番組がありました。

 

その着物は、「一竹(いっちく)」 という人の落款が入った着物だそうです。

 

落款というのは、 書道などに名前とともに付いてる赤い印鑑ですね。

 

有名な人の作った着物は、 前あわせの見えないところに落款が入っているそうです。

 

「そうなんだ」とばかりにしまってあるタンスの着物のたとうしを 開けてみて落款を探してみました。

 

が、残念ながら私の持っているタンスの中の着物には、落款がついたものが全くありません。

 

ざーんねん。

 

すごくいい着物だと100万円なるということですよ。スゴイ。

 

 

200円の着物もある、200円って安いの?

 

タンスの肥やしの着物が200円って安いの?

 

そして同じ人がそこの横にある着物を取って、「これは200円」と言っていました。

 

全体に模様が入った若い人向けの着物のようです(一瞬だったのでよくわかりませんが)。

 

200円、私はすごく安いと思ったんですけど捨てるんだったら200円の方がいいかもしれないとふと思いました。

 

着物って 100万円になるのか200円になるのか、 そこのところが全くわからないですよね。

 

ただ落款が入った作家さんのものは 万単位の お金になるということは確かのようです。

 

 

価値が分からないのが当たり前

 

タンスの中に着物が眠ってるっていうのは、 着物を全く着ないからですよね。

 

着物着ないってことは着物のことをやっぱり知らないから。

 

そういう人が着物の価値を知ろうとしても、そう簡単にわかりませんよね。

 

元々は高い値段で買って大切に残しておいてくれた母の気持ち。。。。

 

ありがたいとは思うもののこのまま置いておくだけでは、何の意味もありません。

 

かといって捨てる勇気は私にはないのです。

 

たった200円でも売れたらやっぱりうれしいわけなので、母のためにも高く売る方法はないものかしら。

 

100万円のものはもってないけど、200円かそれ以上になるものならタンスにいっぱいあるわけで。

 

いったいいくらになるかをまず知りたいんです。

 

 

タンスの肥やしの着物が100万円!いえいえ200円?いったいいくら?まとめ

 

以上のお話を早苗さんから聞いて、こんなお話をしました。

 

お持ちの着物類が本当に必要ないのかどうかを考えてください。

 

自分が着る気がなくても、和のおけいこを今後する、染め直しなどして娘さんに譲るなども考えてみてくださいと。

 

「今後必要ない」と判断できたら、思い切って売りましょう

 

質屋はNGはやっているメルカリ(フリマのアプリ)は低価格で発送など手間がかかるので早苗さんむきではないと。

 

価値が分からないことには正しい値段がつけにくいのが着物なので、損しないためにも見積もりとるのがよいです

 

そこで引き続きこのお話をしたわけです⇒「着物を高く売るには・絶対損しない着物の買取先を選ぶなら




スポンサーリンク








二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方