きもの物語

講座「上級までの道のり」その14「魅力的な着物まわりの小物で楽しみアップ・扇子や根付など」

スポンサーリンク

講座「上級までの道のり」その14「魅力的な着物まわりの小物で楽しみアップ・扇子や根付など」

着物姿で傘をさす若い女性

講座「上級までの道のり」の14ページめです。

 

ここでは「着物を着るときに使う小物」についてお伝えします。

 

着物でお出かけするにあたって、最低必要なものがそろったとします。

 

その上で、「あるといいな」「身に着けていたいな」と思う小物、「色柄の半衿」「扇子(せんす)」「根付」「帯留め」「手ぬぐい」「かんざし」「懐紙」のお話です。

 

着物に慣れて着こなすことができるようになったら、着物ライフを一層楽しむために利用してくださいね。

 

 

魅力的なきものの小物・グッズ

 

着物を着るときに利用する小物類には、かわいらしくて魅力的なものが沢山あります。

 

和装だからこそしっくりと合う小物類は、きものの楽しみを一層増やしてくれます。

 

これは「洋装ではできない楽しみ」ですから、日本女性の特権とも言えます。

 

 

色半衿・柄半衿

 

半衿は、着物に汚れがつくのを防ぐだけでなく、色柄を着物に合わせて付け替えることによって、おしゃれを楽しむことができます。

 

外出やおしゃれ着で着物を着るときは、白半衿でなく、色柄のついたものをどんどん利用してみましょう。

 

半衿は柄の細かいもので

 

半衿には柄の細かいものが向いています。

 

衿のところで少し見えるだけなので、大きな柄だと絵の一部しか見えず、着物とのバランスがとりにくいからです。

 

刺繍のはいったものは、色無地・つけ下げ・訪問着などに合わせます。

 

ビーズやラメをあしらった半衿もあります。

 

夏はすき間(絽目)のはいったものや、麻素材を利用します。

 

市販品でなくても、自分で好きな布を半衿としてとりつけてもいいものです。

 

レースや洋服のはぎれを使っても、着物に合っていればOKです。

 

お顔のすぐしたの位置にある半衿は、よく目につくところですので、組み合わせさえよければとっても印象的な着物姿になります。

 

 

扇子(せんす)

 

扇子は、帯にさしていると「この人は着物通だわ」と感じさせるものがあります。

 

扇子は、左の胸に下前の衿に平行になるように帯にはさみます。

 

暑い初夏から初秋にかけては、扇(あお)いで涼をとる本来の目的で使いますが、季節を問わず飾りとしてそこにあるだけでもサマになります。

 

暑いときに風を吹きかけるにしても、自分の顔にばたばたと風を吹きかけると周囲にまで勢いの余った風がかかって、迷惑になります。

 

あおぐときは、扇子を胸の位置で持って、顔の下からそよそよと扇ぐと周りからも好印象です。

 

また袖口から風を送るようにすると、体が涼しくなります。

 

見せなくても、季節に応じた柄のものをさして、季節感を感じたいですね。

 

 

根付(ねつけ)

 

鈴のついた根付三個

 

根付は、帯揚げやお太鼓枕のひもにかけて、胸元にぶらぶらと下げる飾りもの。

 

身体の動きにつれて揺れ動くので、気にいったものをつけていると楽しめます。

 

根付は昔からあり、男性が凝ったものを使っていた時代もありました。

 

和風のものに限らずあらゆる「もの」が題材にされています。

 

どんなものでも好みで選んでいいですが、季節感は大切にしてください。

 

 

帯留め

 

三分紐と蝶の帯留め

 

帯どめは、通常の帯締めより細い帯締め(三分紐)に通して、帯の中心で飾るおしゃれなアクセサリーです。

 

貝、陶器、ブローチ、ビーズ、トンボ玉、アンティークの細工など、様々な材料の飾りがあります。 

 

礼装用は蒔絵(まきえ)、宝石、べっ甲、象牙、サンゴなど。

 

カジュアルにするなら、ボタンや箸置き、毛糸のモチーフなど、自分で作って帯留めにしてもよいですし、個性が発揮できます。

 

 

手ぬぐい

 

手ぬぐいは、約34×約90センチの薄い木綿かガーゼの布です。

 

近年の和のブームで、沢山のカラフルな柄、斬新なデザインのものが登場しています。

 

手ぬぐいは直接着物につけるものではありませんが、外出の際にはあるととても便利です。

 

食事の際にひざにかけて汚れ防止にしたり、ハンカチの代わりに手拭き汗拭きにしたり、軽くて面積が大きいので持っていると便利です。

 

柄が適せば、半衿として利用することもできます。

 

 

かんざし

 

髪をアップにするときに髪留めとしたり、飾りとする髪飾りです。

 

和装のときにかんざしをすると、女性らしさが引き立ちます。

 

近年は和のデザインや形にこだわらず、様々なかんざしがあります。

 

 

懐紙

 

「懐紙」は茶道のとき使う、四角い白い紙です。

 

これも着物を着たときに持っていると素敵に見えます。

 

ちょっと口の動作を隠すとき、飲食後口の端をふくとき、お皿の汚れを隠すときなど、使い道はあります。

 

きもののときにあるといいなと思う小物についてお伝えしました。

 

和の小物を取り入れて、着物ライフをさらに充実させてくださいね。

 

さて次回は最終回です⇒講座「上級までの道のり」その15「着物姿を美しく写真に残す」「衿合わせ上級編」


スポンサーリンク










二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

関連ページ

講座「着物着付け上級までの道のり」その1「着物のメリット・利点はこんなにあった!」
講座「上級までの道のり」その2「着物のデメリット・弱点・悪いところ」
講座「上級までの道のり」その3「長じゅばんと半衿・ばち衿と広衿に半衿をつける方法」
講座「上級までの道のり」その4「長じゅばんをすっきりと着る・長じゅばん基礎知識と仕立て方も」
講座「上級までの道のり」その5「足袋の形状・はき方・洗い方」
講座「上級までの道のり」その6「草履と下駄・はじめての草履・歩き方・雨用」
講座「上級までの道のり」その7「半幅帯結び・文庫・貝ノ口・リボン返し」と「発展形を結ぶ」
講座「上級までの道のり」その8「名古屋帯の形状・名称・種類・お太鼓の結び方」
講座「上級までの道のり」その9「帯締め帯揚げの知識と結び方」「似合うお太鼓の形」
講座「上級までの道のり」その10「普段着(おしゃれ着)着物の着方とチェックポイント」
講座「上級までの道のり」その11「着物を着たときの所作・立ち居振る舞いについて」
講座「上級までの道のり」その12「着物・長じゅばん・帯のたたみ方(名古屋帯・半幅帯・袋帯)」
講座「上級までの道のり」その13「柔らか着物の種類と特徴・着付けのコツ」
講座「上級までの道のり」その15「着物姿を美しく写真に残す」「衿合わせ上級編」
講座「上級までの道のり」補足・着つけのときの体型補正と着姿が映える補正について

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方