きもの物語

講座「上級までの道のり」その4「長じゅばんをすっきりと着る・長じゅばんの仕立て方」

スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

講座「上級までの道のり」その4「長じゅばんをすっきりと着る・長じゅばんの仕立て方」

ピンクの長じゅばんに白半衿

講座「着物着付け上級までの道のり」の4ページ目です。

 

ここではだぶつかない長じゅばんの着方と仕立て方をお伝えします

 

長じゅばんがきちんと着られると、着物がとても着付けやすくなります

 

見えないところだからと手を抜くと、残念な着物姿になりがちなんです。

 

まずは長じゅばんの着方から。

 

スポンサーリンク


 

長じゅばんはだぶつかせずすっきり着る

 

長じゅばんを着るまえに、下着と足袋をつけます

 

肩より長い髪は、アップにしておくと練習しやすいです。

 

目指すは、だぶつきのない、体にぴったりと添った着方です。

 

長じゅばんの着方

 

長じゅばんはこの手順で着ていきます。

 

  • 長じゅばんの袖に手を通し、一方の手で衿の先を左右揃えて前にひきます。(長じゅばんの背中を身体にぴったり合わせます)
  •  

  • もう一方の手で背中の中心を持って下に引き、えもんを抜きます。(衿の後ろが首から5〜6センチ離れるようにします)
  •  

  • 左右の手でそれぞれの衿を持ち、右手の衿から先にあわせます。
  •  

  • のどのくぼみより1センチくらい下を目安に、衿をあわせます。
  •  

  • 腰と胸の間で、紐の中心を体の前にあててしめます。
  •  

  • ひもを締める位置は、中心より少し脇のところ、二度掛けして交差し端は挟み込みます。
  •  

  • 前身ごろと後ろ身ごろのしわをとります。(左右の脇に引き寄せたり紐の下に引くようにします)
  •  

  • 長じゅばんが身体にぴったりとフィットしているのを確認して、だて締めをその上に締めます。(ひもとおなじ締め方)

 

黄色い色をぬったところが特に大事です。

 

しわをとるために引っ張りすぎると、えもんがつまったり、衿の合わせがずれますので注意してください。

 

 

ウエストの細い方は補正を

 

ウエストの細い方は、伊達締めの代わりに「補正用胴帯」(タオルと腰ひもで作成)を利用してもOKです。

 

補正用胴帯は、長じゅばんの滑りをなくし、さらに補正も兼ねますので便利です。

 

補正用胴帯については、ここを参照してください⇒「補正用タオル胴帯の作り方詳細解説です

 

 

長じゅばんの着付けに慣れたら紐を減らす

 

夏ピンクの麻の長じゅばんに白半衿

 

長じゅばんを着るにあたって、腰ひも一本と伊達締め一本を締めるのが一般的です。

 

ですが慣れてきたら、腰ひもを使わず伊達締めだけにしてもよいです。

 

 

長じゅばんの仕立て方

 

長じゅばんは、二種類の仕立て方があります。

 

個人的には、打ち合わせが多い方が着心地がいいと思います

 

裏地をつけない仕立てが増えていますが、寒がりの人は裏地をつけた方が良いかもしれません。

 

袖は、「ひとえ」「無双」という仕立て方があります。

 

長じゅばんの衿は「ばち衿」が主流ですが、「広衿」にもできます。

 

上等な着物には、できるだけ裾が着物の裾線に近くなるように長じゅばんを仕立てて、着物の裾を守りましょう。

 

座る動作の多いひとは、「いしきあて」を付けてもらうのもよいでしょう。

 

長じゅばんの袖の幅は、着物より0.5〜1センチ短め、また袖の長さは同寸か1センチ長めがよいです。

 

※仕立て方については、必ず説明を聞いて判断してくださいね

 

 

カジュアル着物なら半じゅばんでも

 

前回の講座で、長じゅばんには、「半じゅばん」と「裾除け」の組み合わせもあるといいました。

 

「半じゅばん」と「裾除け」のセットは、既製品もあり洗いやすいのも特徴です。

 

カジュアルに、おしゃれ着として着物を着るなら、このタイプでもOKです。

 

 

では、次回の講座は「足袋・たび」についてです。

 

 

※ウエストの細い方は、長じゅばんを着る前にウエストにタオルを巻くか、「補正用胴帯」をつけてください。⇒「補正用タオル胴帯の作り方詳細解説です

 

または、市販の補正下着をつけてください。




スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら



  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

関連ページ

講座「着物着付け上級までの道のり」その1「着物のメリット・利点はこんなにあった!」
講座「上級までの道のり」その2「着物のデメリット・弱点・悪いところ」
講座「上級までの道のり」その3「長じゅばんの役割や種類、半衿のとりつけ方法(ばち衿・広衿)」
講座「上級までの道のり」その5「足袋の形状・はき方・洗い方」
講座「上級までの道のり」その6「草履と下駄・はじめての草履選び・歩き方・雨用」
講座「上級までの道のり」その7「半幅帯結び・文庫・貝ノ口・リボン返し」半幅帯のチェックポイント
講座「上級までの道のり」その8「名古屋帯の形状・名称・種類・お太鼓の結び方」
講座「上級までの道のり」その9「帯締め帯揚げの知識と結び方」「似合うお太鼓の形」
講座「上級までの道のり」その10「普段着・おしゃれ着の着物の着方とチェックポイント」
講座「上級までの道のり」その11「着物を着たときの所作・立ち居振る舞いについて」
講座「上級までの道のり」その12「着物・長じゅばん・帯のたたみ方(名古屋帯・半幅帯・袋帯)」
講座「上級までの道のり」その13「柔らか着物の種類と特徴・着付けのコツ」
講座「上級までの道のり」その14「魅力的な着物まわりの小物を活用・扇子根付帯留めなど」
講座「上級までの道のり」その15「着物姿を美しく写真に残す」「衿合わせ上級編」
講座「上級までの道のり」補足・着つけのときの体型補正と着姿が映える補正について

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方