小学校卒業袴をレンタルする・女子と男子の袴スタイル

小学校卒業袴をレンタルする・女子と男子の袴スタイル

スポンサーリンク

小学校卒業袴をレンタルする・女子と男子の袴スタイル

愛知県「エアポートウォーク名古屋」のアピタのディスプレイ卒業式女子袴スタイル

小学校の卒業式に袴を着る子供たちが増えています。(写真は、「エアポートウォーク名古屋」のアピタのディスプレイの卒業式女子袴スタイル)

 

大学卒業時の女性の袴姿は、これまでもよく見られましたが、女子も男子も服装が自由な小学校の卒業式に、袴を着たいという希望が多くなっているようです。

 

もちろん地域により、また考え方により、子供の袴スタイルについては賛否両論あるうようです

 

「カッコいい」「おしゃれ」「憧れるスタイル」「一生のうちこの機会しかないかも」など、袴姿で記念すべき日を迎えたいという想いも大きいです。

 

卒業式という特別な日に、スーツやワンピースにするか、袴スタイルにするか・・・子供の袴姿については、各ご家庭で決めていただくしかありません。

 

が、もし袴スタイルを選択するとしたら・・・

 

最近ではニーズにこたえて、小学校の卒業に向いた袴スタイルをレンタルできるお店も増えています。

 

買うのは大変なのでレンタルするとしたら、いったい相場がいくらくらいなのか、レンタル一式はそんな内容なのか、あらかじめ知っておいていただくといいかなと思い、以下にまとめてみました。

 

スポンサーリンク


 

小学校の卒業袴・女子の場合のレンタル事情

 

小学校の卒業時は12歳、女の子の袴をレンタルするにあたって、価格の相場やレンタル品に付属するものなどを紹介します。

 

「卒業袴をレンタルする」という内容は、「着物と袴をセットでレンタルする」という内容で、価格設定がされています

 

着物と袴の組み合わせがあらかじめ決まっていて(コーディネート済み)、帯もセットに合う色の帯が選ばれています。

 

ですからまず「着物と袴」のセットを決めます。

 

その際の一番の決め手は、着物の色柄です。

 

好みの着物を選んで、自動的に袴が決まるといった具合です。

 

この「着物と袴」のセットに、価格が設定されています。

 

15,000円ほどから50,000円ほどの価格です。

 

デザイナーズものや特殊なデザインのものは、それ以上の価格で80,000円ほどまでになります。

 

 

小学校の卒業袴・女子のレンタル付属品

 

愛知県「エアポートウォーク名古屋」のアピタのディスプレイ卒業式女子袴スタイル

 

では、「着物と袴のセット」が決まったとします。

 

袴姿になるために、どうしても必要なものがあるので、それらがレンタルの付属品として無料でついてきます。

 

女子が袴になるときの必需品は、

 

・半幅帯
・足袋
・ブーツまたは草履
・腰ひも
・コーリンベルト
・伊達締め
・帯板
・衿芯
・重ね衿

 

これらに、巾着袋がセットになっている場合があります。

 

肌着の希望があれば、購入できる場合もあります。

 

また、足袋については、購入の場合もあります。

 

 

小学校の卒業袴・男子の場合のレンタル事情

 

男子の卒業袴のレンタルにあたっての、価格の相場やレンタル品に付属するものなどを紹介します。

 

男子の場合「卒業袴をレンタルする」という内容は、「着物と羽織と袴をセットでレンタルする」という内容で、価格設定がされています

 

着物と羽織と袴の組み合わせがあらかじめ決まっていて(コーディネート済み)、帯もセットに合う色の帯が選ばれています。

 

ですからまず「着物と羽織と袴」のセットを決めます。

 

その際の一番の決め手は、羽織の色と袴の色の好みだと思います。

 

コーディネート済みなので、全体の雰囲気で選ぶことになると思いますが、基本的には羽織は白、黒、紺、グレーといった正装にふさわしい色目になります。

 

レンタルは「着物と羽織と袴」のセットに、価格が設定されています。

 

20,000円ほどから50,000円ほどの価格です。

 

男子の場合も、デザイナーズものや特殊なデザインのものは、それ以上の価格になっています。

 

 

小学校の卒業袴・男子のレンタル付属品

 

では、「着物と羽織と袴のセット」が決まったとします。

 

袴姿になるために、どうしても必要なものがあるので、それらがレンタルの付属品として無料でついてきます。

 

男子が袴になるときの必需品は、

 

・角帯
・足袋
・雪駄
・羽織ひも
・腰ひも

 

肌着の希望があれば、購入できる場合もあります。

 

また、足袋については、購入の場合もあります。

 

 

小学校の卒業袴レンタルは慌てて頼まない

 

小学校の卒業袴をレンタルするにあたっては、直前に決めるのでなく、12月〜1月中には決めておきたいです。

 

というのも、着物や袴のセットは数に限りがあり、人気のセットは早くに予約がはいります。

 

小学校の卒業式は、自治体によってきめられているので、地域的にほとんど同じ日になります。

 

私立や国立の日程はちがいますが、公立は一斉に行われるはずです。

 

そのため地元のレンタル店で借りるとなると、同じ日に借りる人ばかりなので集中し、早い順から予約がはいります。

 

袴で小学校の卒業式に出ると決まれば、早めに予約しておくのが安心です。

 

全国規模でみれば、ネットで注文できるレンタルショップが多数あるので慌てる必要はないかもしれませんが、それでも気にいったセットがあれば予約は早めがよいでしょう。

 

早くに予約すると、割引になる場合があるかもしれません。

 

 

小学校卒業袴をレンタルするにあたってあらかじめ知っておきたいこと

 

レンタルするお店によって、事情は少々違うものの、おおよそのレンタル事情を知っておいてください。

 

ネットで注文するレンタルの場合です。(電話でも同じと思います)

 

・注文の期限内に注文する(レンタル期間が集中するので、期限を設けている場合があります。例えば1月31日までなど)。

 

・必要サイズデータに間違いがないようにする(身長、現在使用の服のサイズ)。

 

・履物を指定する(ブーツか草履か、現在使用の靴のサイズ)。

 

・キャンセルができるかどうか、返品・交換ができるかどうか

 

・いつまでに出荷されるのか。日にち指定は可能か

 

・返却はいつまでか。返却日を過ぎた場合の延滞金はかかるのか

 

以上のような内容は、店舗に案内があるはずなので、注文の前に確認をしておきましょう。

 

 

小学校卒業袴をレンタルする・女子と男子の袴スタイルのまとめ

 

小学校の卒業式に袴を着るには、学校側の考えや親の考えもあり、地域によって違いがあるのであらかじめ確認してください。

 

レンタルする衣裳店を早めに決め、どれをレンタルするか、卒業式に出る子供さんとよく検討してください。

 

注文は1月いっぱいまでを目途に済ませるといいと思います。

 

出荷日、レンタルできる期間、返却日について確認しておきましょう。

 

では、ご本人が納得できる卒業式を迎えられますように。

 

「エアポートウォーク名古屋」のアピタのディスプレイ卒業式女子袴スタイルのお写真をお借りしました。ありがとうございました。

 

お問い合わせは「レンタルドレス衣舞一宮店」さんまで。


スポンサーリンク










二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方