袋名古屋帯の端のほつれを修理(直し)・自分でできる方法です

袋名古屋帯の端のほつれを修理(直し)・自分でできる方法です

スポンサーリンク

袋名古屋帯の端のほつれを修理(直し)・自分でできる方法です

袋名古屋帯修理(直し)糸が切れたところ

 

気にいった袋名古屋帯、当然出番が多くよく使っています。

 

そのため、端の糸がほつれたり切れたりしやすいんですよね。

 

袋名古屋帯は、お太鼓を袋状にしてある幅(端)の糸に負荷がかかりやすく、糸が切れるのも長く使っていれば仕方ありません。

 

私が頻繁に使っているこの袋名古屋帯は、両端の糸が何ヶ所もほつれてしまいました(すぐに直せばいいのですが・・・)。

 

そこでこれを元通りに修理してみようと思います。

 

やることは簡単ですから、もし袋名古屋帯の帯端の糸が切れることがあれば、ここを参考にしてくださいね。

 

スポンサーリンク


 

袋名古屋帯の帯幅の端のほつれの様子

 

負荷がかかりやすい位置の糸からほつれてきます。

 

こんな風に。すぐに修理(お直し)すれば手を加えるところはごく少なくてすみますので、早めに対処するのがいいですね。

 

袋名古屋帯修理(直し)糸が切れたところ

 

袋名古屋帯修理(直し)糸が切れたところ

 

しかし、私のように放置したまま使い続けると、広範囲にわたってほつれが悪化します。^^; 写真以外のところにも糸のほつれがあります。

 

ここでは写真のお太鼓の上の方、向かって左の端のほつれを修理していきます。

 

 

自分でできる袋名古屋帯の修理(お直し)方法

 

小さい範囲ならそのまま端をかがり縫いしていけばOKです。

 

もし数センチ以上にわたり糸が切れてしまっていたり、何カ所も切れていているなら、しつけ糸をして表生地と裏生地が動かないようにしてから、かがり縫いをしていきます。

 

白い糸で帯地が動かないようにして、ここでは青い刺繍糸でわかりやすいようにかがり縫いをしています。

 

袋名古屋帯修理(直し)の例・青い刺繍糸で

 

「かがり縫い」は帯の地色に近い色糸を使い、細かい針目で糸が目立たないように縫っていきます。

 

糸は端から一ミリ、大きくても二ミリまでがよいです。

 

青い糸に引き続いて、この帯地にあった色糸を使ってかがり縫いしたところです。

 

袋名古屋帯修理(直し)の例・青い刺繍糸に続き帯地色の糸で

 

糸の玉止めは、帯の内側におさめるようにしてくださいね。

 

 

袋名古屋帯の端のほつれの修理(直し)自分でできる方法のまとめ

 

ご覧になってどうでしたか?ごく簡単でしたね。

 

特に表側に出る針目を小さく一定に保つように注意していれば、修理(直し)したことなど全くわかりません。

 

この帯は生地そのものは厚いものなので、生地の傷みはほとんどなく、糸だけが切れてきました。

 

帯の幅の縫い目だけでなく、手先のところの糸も部分的に切れたので解いて直しました。

 

手先20センチをかがり縫いしたところです。写真にしてしまうとほとんど縫っていることはわかりませんね。

 

袋名古屋帯修理(直し)の例・手先20センチまでかがり縫いで直し

 

元通りに直りましたのでまた長く使えます。参考にしてくださいね。

 

その他、ひとえの着物の直しも写真付きで解説していますのでどうぞ。

 

「袖丈直し(ひとえの着物)丸みを変更する方法

 

「肩幅で裄の直し(ひとえの着物)詳細写真付き」


スポンサーリンク










二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方