着物のいいところ(長所メリット)と悪いところ(短所デメリット)どちらとも言えないところ

着物のいいところ(長所メリット)と悪いところ(短所デメリット)どちらとも言えないところ

スポンサーリンク

着物のいいところ(長所メリット)と悪いところ(短所デメリット)どちらとも言えないところ

着物のいいところ悪いところ

着物のいいところ(長所メリット)と悪いところ(短所デメリット)を長年の経験を踏まえてまとめました。

 

たぶん8割くらいの人がそう思うだろうという目安で、いいところ(メリット)と悪いところ(デメリット)を並べています。

 

いいとも悪いとも言いにくいところは、「どちらとも言えない」という分類にしました。

 

これは私個人の考えなので、自分はそう思わないという相違点があって当たり前ですし、着物とどんな風に現在付き合っているかでも違ってきます。

 

これから着物(和装)を始めたいという人に参考になればと思いまとめたものです。

 

着物を好きになる人が増えるといいなという願いを込めて書いていますので、きものをひいき目に見ているところがあると思いますが、その点ご了承ください。

スポンサーリンク


 

 

きもののいいところ(長所メリット)

着物のいいところ悪いところ

◆綺麗な人だと思われる。

 

◆露出度が低いので年齢にかかわらず好感度が高め。

 

◆丁寧な対応をしてもらえる(ような気がする)。

 

◆社交の場では華やぐので喜ばれる。

 

◆隣にいるパートナーから優しくしてもらえる。

 

◆自分で着られるのがわかると一目置かれる。

 

◆夏は見た目の涼しさを演出できる(爽やかな白や青の色目と夏用の素材を活用)。

 

◆冬寒い季節には、下着を重ね着するなどすれば、着こんでいるのがわからない。

 

◆肩こり予防になる(肩の部分は、縫い目や布の継ぎ目がなく生地のみなので、肩が軽く動きやすいため)。

 

◆帯をすることで腰(骨盤)が安定するので腰痛が改善することがある。

 

◆帯をすることで背筋がのび、姿勢よく見られる。

 

◆胴回りが特に温かいので、お腹や背中お尻などの冷え対策になる。

 

◆天然素材の絹やウール・木綿は皮膚の呼吸を助けるので、着心地が快適。特に絹の着物は吸湿性・保温性に富んでいる。

 

◆洋服とは違う着物独特の色や模様を楽しめる。

 

◆木綿や化繊のものは、洋服同様の手入れでよいので、手間も費用もかからない。

 

◆体型が少々変わっても、体重が多少変動しても、サイズ変更せずにそのまま着用できる。

 

◆流行はないので、何年でも着用できる。

 

◆手持ちがある程度まとまれば、コーディネートにあまり悩むことがない。

 

◆体型に自信がなくても気にしないで済む。

 

◆平面で仕立てられているので、たためばかさばらない。そのため収納にあまり場所をとらない。

 

◆着物が傷んできたら長じゅばんや座布団、小物入れなどに形を変えて利用しやすい(すべて直線で断っているので、再利用しやすい)。

 

◆紬生地は表裏が同じなので、裏返したり生地の位置を変えたりして長く着られる。

 

◆上質の着物は染め替えたり加飾するなどすると、雰囲気を変えることができるので長期間利用できる。

 

◆派手になったり身幅が狭くなって着られなくなっても人様に譲ることができる。

 

◆洋服を全く着ないのなら、経済的。

 

◆着方によって、楽に着たりきちんと着たり、社交の場では相手に気持ちを表すために模様を選んで着るなどの着方ができる。

 

◆身長が違っても着方で調整できるので、母娘や姉妹で貸し借りしあうことができる(あまり身長差が激しいとダメですが)。

 

◆色柄の選び方によって、10年20年という単位で着続けられるものがある。

 

◆立ち居振る舞いや所作が身に付く(優雅またはしとやかになる)。

 

◆ハンカチやスマホ程度の大きさのものまでなら、たもとや帯に入れることができるので便利。

 

 

きものの悪いところ(短所デメリット)

着物のいいところ悪いところ

◆着ている人が少ないので、じろじろ見られる。

 

◆なぜ着物を着ているのかと聞かれる(和のどんな仕事をしているのかと興味を持たれる)。

 

◆活動的ではない(運動や自転車乗りなどには向かない)。

 

◆裾を踏んでつまづきやすい(所作に気をつければ大丈夫)。

 

◆気温の変化による着脱がしにくい。

 

◆着るのに洋服より時間がかかる。

 

◆着るときの小物の数が多い。

 

◆大股では歩きにくいので、歩く速度は遅い。

 

◆階段を駆け上ったり駆け降りるのは困難。

 

◆自転車に乗りにくい。車の運転には靴が必要、帯結びが邪魔なことも。

 

◆正絹の着物は手入れや保存に手間がかかる、また費用もそれなりにかかる。

 

◆冬は首、手首、足が寒い(ショール、手袋、足袋の重ねばきや防寒草履などがあるので対策はたてられる)。

 

 

いいとも悪いともどちらとも言えない

 

◆お金持ちそうだと思われる。

 

◆太って見える。

 

◆帯を締めることで背筋がのび姿勢がよくなると、長時間の作業で疲れにくくなる。

 

 

着物のいいところ(長所メリット)と悪いところ(短所デメリット)どちらとも言えないところ・まとめ

着物のいいところ悪いところ

以上のように、個人的にはいいところの方が多く思いついてしまいます。

 

そうかといって、着物が制服でない限り、仕事で着物を着ることがないのは、やはり活動的ではないからでしょう。

 

洋服の時代が長くなりましたので、現代では着物がなくて困ることはまずありません。

 

これまでの慣習が重んじられる場では、礼装である留袖や振袖、訪問着が利用されていきますが、それはごく一部の場に限られてきます。

 

通過儀礼や社交の場などでは、着物の方が喜ばれたり感謝されることもあります。

 

これからは日本人として振る舞うとき、正装したきちんとしたシーンに出席するときなどで、大いに着物は利用されるようになると思います。

 

またおしゃれを楽しむひとつとして、大いに着物が利用されると思います。

 

着物が特別な衣装だという印象は多くの方がもっていると思いますが、礼装や正装の着物以外は、普段にも着て構いません。

 

普段に着ていい着物がどんなものかわかれば、外出着のひとつとして、ワードローブに加えることも難しくないはずです。

 

素材は絹でお誂えするのか、化繊のプレタの着物にするのかで費用は変わってきますから、素材とお手入れの兼ね合いなども考慮する必要があります。

 

ご自分のライフスタイルや好みに応じて、ご自分のきもの物語をこれから作っていってください。




スポンサーリンク








  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

無料のプレゼント

着付けのおけいこ入門*浴衣で入門

管理人が作った無料プレゼントです。『浴衣入門』 ゆかたでおでかけできるまで

↓↓↓↓↓

無料テキスト『着物を始めたい!着付けのおけいこ入門・浴衣で入門』



不要になった着物は買い取りに出してます
その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって着物買取のヤマトク

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 無料講座教材 メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方