浴衣を反物から仕立てるメリットや費用のこと

浴衣を反物から仕立てるメリットや費用のこと

スポンサーリンク

浴衣を反物から仕立てるメリットや費用のこと

浴衣を反物から仕立てるメリットや費用のこと

浴衣売り場に行くと、仕立てあがりの浴衣がたくさん並んでいます。

 

出来上がっているので、買ってすぐに着用できる点、お手頃価格で入手できる点、出来上がりがわかっている点などよいことは沢山あります。

 

でもいまだに自分用に誂える人も、浴衣好きの人には多いです。

 

自分の体にぴったりの浴衣は着心地のよい点では、仕立て上がりとは比べるまでもありません。

 

でも時間もかかりそうだし、どこに頼んだらいいのかもわかりませんね。

 

そもそも浴衣を仕立てる、誂えるということさえ、知らないかもしれません。

 

一度浴衣を自分用に仕立ててもらうことについて、考えてみませんか?

スポンサーリンク


 

 

浴衣を仕立てる(誂える)費用

 

浴衣を仕立ててもらおうとすると、まず一番に気になるのはお値段でしょうか?

 

昔は着物も浴衣も、自分用に仕立てるまたは誂えるといって、浴衣なら主婦が縫うのもごく当たり前でした。

 

現代では浴衣を縫う技術(和裁)は学校では教えてもらえないので、できる人は少なく、和裁士や和裁の上手な人に縫ってもらうのが当たり前になりました。

 

そのため仕立てる手間賃(仕立て代)が当然かかります。

 

浴衣の仕立ての費用は、手縫いと半手縫いがあって、手縫いは全部手で縫うことで費用は1万5千円程度から。

 

半手縫いは、直線などミシンで代用できるところはミシンで縫うことで、費用は1万2千円程度からです。

 

それでも上限は2万円ちょっとにおさまるかと思います。

 

(半手縫いはハイテク仕立てとか他の名称になっていることもあります)

 

「いしきあて」というお尻の生地の傷み防止につける布を、つける場合はあと1,000円ほどあがるはずです。

 

そして浴衣の反物の代金は、1万円前後から2万円くらいが主流です。

 

手のこんだものになると5〜6万円するものも中にはありますが、一般的な価格で考えると、合計で2.5〜3.5万円くらいでしょう。

 

この費用が高いかどうかは、人によって感じ方は違いますが、洋服を仕立てる場合はもっと高額になりますよね。

 

 

浴衣の仕立て方

 

では仕立て代が高いかどうか・・・仕立ての方法を見てみることにしましょう。

 

浴衣は木綿か、麻、絹の混紡もありますが、水洗いに堪える仕立てにしなくてはなりません。

 

浴衣を反物から仕立てるメリットや費用のこと

反物の浴衣生地には、糊がつけてあってハリを持たせています。

 

そのため一度水に通して縮ませてから、仕立てをします。

 

そして布目を整えるために、アイロンを全体にあてます。

 

そうした下ごしらえをしたうえで、着る人の身長などに合わせて、反物に寸法を記していきます。

 

和裁用のヘラをつかって、印をつけていきますが、時には切りじつけをしていくこともあります。

 

反物を袖、身頃、衿、おくみと分けて切断したあとは、印に合わせて縫っていきます。

 

熟練された人なら印つけから縫い終わりまで、1日もかからないでできるかと思います。

 

浴衣は裏地がないので、早くできそうな気がしますが、身頃を合わせた縫い代を倒したあとも、縫いとめていかねばならず、案外時間がかかるものなのです。(裏地のついた着物の半分の時間というわけにはいきません)

 

そのうえ「柄合わせ」をあらかじめすることになると、ここに時間がかかります。

 

素人は「柄合わせ」を考えることはないのですが、いかに浴衣の柄のよいところを見栄えよくもってくるかということを考えて、生地を並べ代えます。

 

生地を切ったあとではできないので、あれこれ反物を動かして、背中や上前などの人から見えやすいところを考慮して柄の場所を考えます。

 

こうした仕立ての裏事情で、仕立てに1日としても下ごしらえにも時間がかかります。

 

ですから、先の仕立て代は、まあそれくらいかかるかもともいえるのです。

 

直接和裁士さんに頼めば、最小限の費用でやってもらえますが、呉服屋さんを通してということになると、もう少し価格があがると思われます。

 

 

反物選び

浴衣を反物から仕立てるメリットや費用のこと

浴衣の生地は、反物として販売されています。

 

反物は幅が38センチほどで11〜12メートルくらいの長さがあります。

 

現代は体格がよくなったことから、反物サイズはさらに大きく長くなっているものもあります。

 

浴衣選びはまず反物からですが、浴衣用として売られているものは、普通の体型の方なら一反でできあがります。

 

浴衣の反物を選ぶときは、呉服屋さんや着物専門店に出向いて、実物を見ながらまたはネットで好きなものを見つけてという方法があります。

 

白や紺といった昔ながらの浴衣生地なら、あまりお顔映りを気にすることもないので、柄を主体に好みのものを選べばよいでしょう。

 

(白地の浴衣の方がお顔が明るく感じられます)

 

浴衣の反物も現代向きのモダンなものも出ていますびで、色も柄も斬新なものであれば、実際のお顔映りをみて選ぶとよいと思います。

 

 

採寸と依頼

 

浴衣の生地を決めたら、さっそく採寸をします。

 

すでに着物で寸法がわかっていれば、その寸法を伝えればよいですが、はじめてであればお店で測ってもらいます。

 

体型に特徴がある人は、その点を必ず伝えておいた方がよいでしょう。

 

たとえば胸の幅が厚い、お尻の周りより太ももの周りの方が太い、バストがとても豊か、などです。

 

浴衣は左右対称に作るので、もし腕の長さが違うのが気になっていれば、そうしたことも伝えてみましょう。

 

こうした体のことは、話にくいものですが、自分にぴったりのものを作るためにできるだけ伝えるようにしてください。

 

お店によってはあまり細かく採寸しないところもあるようで、昔ながらの採寸法から割り出した標準の目安で仕立ててしまうと、中肉の方にはちょうどよくても、さきほどのような体型の特徴のある人には、小さくできあがったりしてしまうからです。

 

(2年前ですが、教室の生徒さんで呉服屋さんで採寸してもらったにもかかわらず、身頃の合わせが浅すぎて前がはだけてしまうほどでした、その方ややふくよかな方でした)

 

着物は洋服のように細かには採寸しないのですが、体型にぴったりのものはできますので、そのために仕立てをお願いするわけですから、わからないところ不安な点は、お店(専門家)にちゃんと聞いておきましょう。

 

また生地に余裕があって、残るようなら返してほしいということも、伝えた方がいいでしょう。

 

インターネットで選んだお店の場合は、採寸法なども書かれているはずなので、家族の誰かに測ってもらって、正確な寸法を伝えるようにしてください。

 

出来上がりの日時、費用を再確認して、依頼します。

 

クサイと言われないために、殺菌と制汗方法についてはこちら→クサイなんて言わせない♪『アクアデオ』

 

浴衣を自分のために誂えるメリット

 

浴衣を誂えるなんて贅沢だともいえますが、自分にぴったっりのサイズで、自分の選んだ反物から作る喜びは大きいと思います。

浴衣を反物から仕立てるメリットや費用のこと

 

というのも仕立て上がりの浴衣は、サイズが2種類ほどしかありません。

 

たいていの人に当てはめるために、大きめに作ってあります。

 

そのため着てみると、身幅があまったりおはしょりがだぶついたりという着方をすることになります。

 

確かに大は小を兼ねますが、洋服ならぴったりサイズが選べるのに、浴衣はそうでないため、せっかくの浴衣も着心地はイマイチということになります。

 

また反物から選ぶと、自分の好みから探していけますが、仕立て上がりはそうはいきません。

 

また浴衣生地にも種類はいくつかあるのですが、反物の状態で生地を選ぶ楽しみも味わえます。

 

浴衣の反物には、古典的な柄、高級感のある柄が多く、大量生産の仕立て上がりの浴衣にはない、品のよい品物があることでしょう。

 

自分の体に合わせて作った自分だけの浴衣は、時間はかかったものの、これから永く愛着をもって着ていけるのではないでしょうか。

 

お時間と余裕ができたら、自分のために浴衣を誂える醍醐味を、味わってください。

 

 

デメリットも考えてみると

 

自分のための誂え浴衣のデメリットについても、考えてみます。

 

一度や二度着るだけの浴衣なら、高価すぎる。

 

反物選びに時間がかかりすぎる。

 

仕立て上がるに時間がかかりすぎる。

 

といったところでしょうか。

 

 

浴衣を反物から仕立てるメリットや費用のことをまとめると

 

仕立て上がり浴衣がたくさんある現代で、自分のために仕立てる(誂える)浴衣は贅沢でもあります。

 

誂えた自分の体にぴったり合った浴衣を着ると、着心地も見栄えもよいのは間違いありません。

 

反物から選らんでいった時間も含めて、浴衣に愛着がわくと思います。

 

よいものを永く着続けることができるので、好みが固定してからの人に浴衣誂えは向いているでしょう。

 

反物選び、お店との付き合いが経験でき、自分の着物サイズを知るきっかけにもなります。

 

高級浴衣なら夏着物としても利用できるので、利用範囲は広くむしろお得感もあります。

 




スポンサーリンク




関連ページ

浴衣でデート・お出かけの前の準備はこれで安心・初心者向け
浴衣でお出かけデート・薄化粧・利用したい和の小物などまとめました
浴衣(ゆかた)の前・襟合わせはどっちから?間違わない覚え方
着物と浴衣の違いは何ですか?よくいただく質問です
「浴衣3点・5点セット」などセット販売で気をつけたいことをまとめました
体型をカバーする大人の浴衣と帯結び・40代50代60代
浴衣(ゆかた)のときにする帯締めとそのアレンジおすすめ集
浴衣で犬山・お得がいっぱいのワケ・納涼スィーツだけじゃない!
兵児帯でリュウキン・猫結びアレンジ
京のはんなり浴衣姿・京女に憧れて
浴衣のツンとした臭い(におい)の消し方おすすめ方法・シーズン初めに気をつけて
浴衣(ゆかた)の仕立ては5月に頼むとお得なワケ・仕立てが向く人メリットは
男性浴衣の揚げ(腰あげ)のやり方を説明しています
伊達締め(だてじめ)なしで浴衣を着られる?
下駄の鼻緒ずれの予防や防止対策
浴衣で遊ぶ夏祭りや花火大会、行くとき気をつけることって何?
「京の浴衣(ゆかた)」はんなり大人の最高級浴衣の魅力
子供(女の子)のゆかたと帯結び
子供(男の子女の子)の浴衣のたたみ方
浴衣(ゆかた)最初の一枚の選び方
2015年浴衣トレンドは?新しく買うならどんな柄ゆかた?
粋で上品な大人の浴衣の選び方着方・40代50代60代
京都で磨くゆかた美人「さんずいの涼を楽しむ」第9回(最終回)NHK趣味Do楽
息子浴衣デビューの写真(ビフォー・アフター)
京都で磨くゆかた美人「浴衣に愛を」第8回NHK趣味Do楽
京都で磨くゆかた美人「めざせ!イケメンゆかた」第7回NHK趣味Do楽
京都で磨くゆかた美人「手作り小物で遊ぶ」第6回NHK趣味Do楽
東海エリアの花火大会 2016・長良川・岡崎・豊田・熊野
京都で磨くゆかた美人「自分でできる ゆかたのヘア&メイク」第5回NHK趣味Do楽
京都で磨くゆかた美人「帯結びのアレンジ」第4回NHK趣味Do楽
京都で磨くゆかた美人「TPO別マナー」第3回NHK趣味Do楽
京都で磨くゆかた美人「すっきり見える浴衣の着付け」第2回NHK趣味Do楽
京都で磨くゆかた美人「似合うゆかたはこう選ぶ」第1回NHK趣味Do楽
温泉浴衣の着方(男女)と注意点です・浴衣を寝巻きに
子供の浴衣の腰あげの方法を詳しく解説しています
子供の浴衣の肩あげの方法を詳しく解説しています
子供の浴衣の着せ方と兵児帯の結び方(リボン結び・蝶結び)
プチ兵児帯・ごくごく簡単なアレンジ方法
2014浴衣トレンドはレトロ・古典柄ってどんな柄?
浴衣のときの下着や肌着・何を着るといいか詳しくお話します
浴衣着付けで伊達締めがない!ときの対処法
浴衣のレンタル・借りる前に読んで知っておきたいレンタル事情
浴衣の洗濯・洗い方・自分でできるお手入れ方法
浴衣を通販で買うときの選び方の重要ポイントです
浴衣の着方・簡単な着付けはこの手順で(女性)
浴衣の帯の結び方・簡単結びをマスターしませんか?
男性の浴衣の着方・着付け方・帯結びを写真つきで説明しました
メンズの浴衣帯結びを写真付きで説明しています
浴衣のたたみ方(男女)ならここを見ながらやってください
浴衣の簡単着付け(着方)に必要なもの(超初心者向け)
浴衣のときの名古屋帯と半幅帯・合わせ方も紹介してます





  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

無料のプレゼント

着付けのおけいこ入門*浴衣で入門

管理人が作った無料プレゼントです。『浴衣入門』 ゆかたでおでかけできるまで

↓↓↓↓↓

無料テキスト『着物を始めたい!着付けのおけいこ入門・浴衣で入門』



不要になった着物は買い取りに出してます
その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって着物買取のヤマトク

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 無料講座教材 メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方